20代30代で人生やり直したい?可能です|本気で人生やり直す方法10選

20代前半の引きこもり。人生終わった。

 

28歳で恋人どころか友達もいない。人生やり直したい...

 

37歳でフリーター。やり直すにはもう遅いですよね...?

 

SNSや相談サイト、特集記事でこのような悩みをよく見ますが、20代30代の投稿が多いことに驚きます。

 

40代50代、それ以上の世代でも「第二の人生を楽しもう!」と張り切っている人がたくさんいるんですよ?

 

20代30代で人生やり直すには遅いなんてありえません。

 

この記事では、人生をやり直したいと本気で思うあなたのために、人生をやり直す10個の方法を紹介します。

人生やり直したいあなたへ

人生をやり直すことに大きく関わるのが「仕事」「働き方」です。

 

住む場所働く時間やること人間関係収入に関わるので、非常に大きなウエイトを占めるからです。

 

今の仕事は自分には合っていない
だけど、合う仕事がわからない

 

自分の好きや得意を見つけ、何かに没頭し始めるタイミングが人生の転機になる人はめずらしくありません。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

20代30代で人生やり直したい?可能です

あなたは日本人の平均寿命をご存知ですか?

 

WHO加盟国194か国を対象とした、平均寿命の調査データ(2016年時点)によると、日本は1位の84.2歳。最下位のレソトは52.9歳なので、30年以上の差があります。

 

人生100年時代と言われますが、そこに最も近いのは私たち日本人です。20代30代は、まだ人生の半分にすら達していません。

 

やり直す時間は十分あると思いませんか?

 

そもそも今が充実している人はいますが、20代30代ですでに人生の目標を達成して、満足しきっている人はほぼいません。

 

みんなまだまだこれからなので、やり直すという発想自体不要です。

人生やり直したいと思う瞬間

人生やり直したいと思っている人は、いつどこでそのように思ったのでしょうか?

受験や就活に失敗した時

自分の期待が叶わなかったことに加え、親など周囲の期待に応えられず、「人生終わった」とひどく落ち込んでしまう人はめずらしくありません。

 

 

同級生の目を気にする時期でもあるので、自信が打ち砕かれて、引きこもり方向に進んでしまう人もいます。

孤独を感じた時

人見知りで自分から声をかけたり、自分をうまく表現できないために、恋人はおろか友達もできず、社会に適応できていないと自覚した時です。

 

また最近は、コロナの影響で孤独を感じる人も増えました。Kasperskyが日本人500人を対象にした「コロナ禍の孤独感に関する意識調査」では、55.6%の人が孤独を感じていると回答しています。

 

今はSNSでなんでもつながる時代なので、充実した生活を送る人が目に映る度に、今の自分に絶望する人も多くいます。

フラれた時


筆者の友人に2人、同級生にフラれたことが原因で大学に行かなくなった人がいました。

 

フラれたショックは元より、その人との関わりを継続できなくなったことによって、その人を含むグループでの関係にもヒビが入り、交友関係が断絶され、合わせる顔がないとしばらく引きこもっていました。

 

結果、1人は持ち直しましたが、1人は中退しました。

 

1対1の関係ならまだしも、身近な人で共通の知り合いが多い場合は、このような展開になりがちです。職場でもそうですよね。精神的なダメージが大きいことは想像できます。

 

出世コースから外れた時

それまで順当に積み上げてきて出世コースにいたのに、一気に崩れ落ちる瞬間はあります。

  • ここぞという時に成果を出せなかった
  • ミスが続いて上司に愛想を尽かされた
  • クライアントに損失を与えてしまった

 

これまでの人生で失敗が少なかった人ほどダメージは大きいでしょう。

 

リストラされた時

余剰人員の整理対象となったら誰しも落ち込むでしょう。

 

株式会社マクロミルが1都3県の男性会社員1038人を対象にした「リストラに関するアンケート」では、「現在、リストラが進んでいる」と回答した人の割合は31.8%、約1/3の会社でリストラが行われていることが分かりました。

 

仕事に楽しさややりがいを見出せず、仕事と割り切って何十年と働いてきた人であれば、

もっとやりたいことに挑戦しておけばよかった...時間を巻き戻したい

 

そう思う人がいても不思議ではありません。

 

後からチャンスだったと気付いた時

例えば、いち早くYouTubeに気付いていて、YouTuberに可能性を感じていたけど、様子見していたらあっという間に盛り上がり、出遅れて後悔する。

 

といった、あの時こうしておけば良かったと後悔して、それを引きずるパターンもよくあります。

 

こう見ていくと、対人関係や他人への期待(話しかけてほしい、もっと評価してほしいなど)、行動できなかった自分への後悔が、人生をやり直したいと思う原因であることがわかります。

人生をやり直せる人の3つの特徴

人生をやり直せる人の特徴を3つ紹介します。

1.意見やアドバイスを素直に聞ける

自分はこんなはずの人間じゃない、もっと認められるべき
周りでうまくいってる人はたまたま運が良かっただけ
上司がAさんじゃなくてBさんだったらうまくいってた

 

自分を過大評価して、問題はすべて自分の外にあると思っていては、人生変わりません。

 

変わるべきは他人ではなく自分と認識して、人からの意見やアドバイスを真摯に受け止められる人は、いくらでもやり直せるでしょう。

2.理想や目標がある

人生やり直したいと思っていても、どうなりたいのかがわかっていなければ、やり直しようがありません。

 

目的地がわかっていれば少しずつでも前進できますが、目的地がわからないと立ち往生することしかできません。

 

漠然とした目標でも何か描けている人の方が、やり直せる確率は高いでしょう。

 

3.行動できる

言うまでもないですが、理想や目標があっても行動しなければ現実は変わりません。

 

行動する勇気を振り絞ることができる人が、人生をやり直せる人です。

 

本気で人生やり直す方法10選

ここからは、人生やり直す方法を紹介します。

これからの人生どうなりたいかを明確にする

例えば「お金持ちになりたい」とした場合、お金持ちになりたいで終わらせるのではなく、具体的に年収いくらで、その数字の根拠は何かを考えていくイメージです。

 

どこでどのような生活をして、何を趣味にして、休日はどんな過ごし方をして、と考えていくと、具体的にいくら必要なのか、そのためにはどんな仕事をして、どのような働き方をする必要があるのかも見えてきます。

 

人間誰しもチャンスに恵まれる瞬間はあります。ただチャンスは貯蓄できないので、逃したらそれっきり。

 

目指すゴールが決まってないと、目の前にチャンスがきてもチャンスと気付くことすらできません。

 

些細なキッカケが一発逆転になることもありますからね。目指すゴールを具体的に言語化して、認識しましょう。

 

自己投資をする

お金や時間を自己投資に使えるかどうかは、人生やり直す上で大きなポイントになります。

 

  • スキルアップのためにスクールに通う
  • まずは見た目に自信を持つためにパーソナルジムに通う(コレおすすめです
  • オンラインサロンに加入して出会いの場に行く

 

などなど、選択肢はいくらでもあります。

 

エン・ジャパンが運営するミドルの転職が35歳~59歳の256人を対象にした「自己投資についてのアンケート」では、65%の人が、自己投資をしていると回答しています。

 

今の自分に必要だと思えることは、惜しまず自己投資しましょう。

今できる行動をする

人生をやり直すには、今を少しずつ変える必要があります。

  • 30分早起きをする
  • 20分ジョギングをする
  • 10分読書をする

など、行動する習慣をつけましょう。

 

世間一般に良いと言われる行動は、継続するとやはり良い影響をもたらすものが多いです。お金をかけずにできることも多いので、やって損はありません。

 

ブログやYouTubeなど始めたいのであれば、それも良いと思います。顔出しに抵抗があるなら匿名でも良いわけですから、参入のハードルは低いはずです。

 

今でこそ有名な人たちも、みんな0から手探りでスタートしています。行動の差が人生の差です。先延ばしせずに始めましょう。

 

住む場所を変える

引越しで心機一転を図るのは効果的です。

 

こだわりがあるわけではなく、なんとなく地元に住み続けている人には特に効果が期待できるでしょう。

 

地元にこだわりはないけど、地元を離れるのが不安...

という方は、隣の駅でも良いと思います。隣の駅に住むだけでも全然違いますからね。

 

そんな近場に移動して意味ある?

と思う方もいると思いますが、ネガティブな気持ちは場所によってもたらされるものでもあるので、住む場所を変えることでこれまで気にしていたことが気にならなくなる可能性は十分あります。

 

また、引越しという行動を起こせること、勇気を出してひとり暮らしをすること、これらも自分を変えるキッカケになります。

視野を広げる

世の中はあなたの知らないことだらけです。

 

でも日常生活で自然と見えることには限りがあるので、意識的に新しいことを見ようとしなければ、目の前の世界は変わりません。

 

本当はもっと興味を持てることがたくさんあって、チャンスもたくさんあるのに、知らないためにみすみす逃している人も多いでしょう。

 

自分の知らない世界に目を向けてみると、今を変えるキッカケに出会えるかもしれません。

自分のいいところに注目する

あなたは自分のいいところ、長所を聞かれて即答できますか?

 

いいところなんてあるはずがない

悪いところならいくらでもあるけど

 

このように思う人は多いのではないでしょうか。

 

人生やり直したいと感じている時は、どうしても自分をポジティブにとらえることが難しいですが、あなたにもいいところは必ずあります。

 

自分のいいところに気づき、それが自信になった時が転換期になることもめずらしくありません

 

ぜひ1度、自分のいいところを探してみてください。

 

他人との比較をやめる

「比較とは、喜びを盗む泥棒である」

元アメリカ大統領セオドア・ルーズベルト

 

特に不自由なく、むしろ恵まれた環境で生活ができているのが、現代の多くの日本人です。

 

それが比較によって、自分は底辺レベル、惨め、ツイてないといった感情につながります。

 

比較の元は、SNSやヘッドラインニュースで流れるゴシップ情報などが多いでしょう。

 

ついSNSで他人を追いかけ、嫉妬や劣等感を感じてしまう人は、SNSと距離をとることをおすすめします。

 

付き合う人を変える

あなたは「つるみの法則」という言葉を聞いたことはありますか?

 

自分の身近な5人の平均年収が、自分の年収になるという法則です

 

本気で人生をやり直したいのであれば、ラクで居心地のいい関係を離れ、自分の理想の人生を生きる人と行動しましょう。

 

時間の使い方を変える

人生をやり直す上で、時間の使い方を変えるのはとても有効です。

  • 暇ができたらスマホでSNSを見たりゲームをする
  • 家に帰ったら寝るまでYouTubeをひたすら視聴する
  • 休日と言えば競馬かパチンコ

 

これらが悪いわけではありません。息抜きになっていて、リフレッシュできるなら良いと思います。

 

ただ、ほかにやることの選択肢がなくて、時間を持て余してしまうからやっているのであれば話は別です。

 

つまり、意味を持ってやっているか暇つぶしになっているかの違いです。

 

暇つぶしがいつしか習慣化されているだけであれば、時間の使い方を見直しましょう。

 

隙間時間を有効活用すれば仕事もできますからね。副業で新たなことにチャレンジして、新たな方向を模索する方が、人生を変えるチャンスに恵まれます。

 

生活習慣を改善する

私たちの今は、普段の生活習慣が反映された姿です。

  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 適度な睡眠

 

これらができておらず、健康状態が傾いていると、メンタルにも悪影響が出ます。

 

人生やり直したい人に特におすすめしたいのは、筋トレと睡眠です。

 

筋トレをすると見た目に変化が出て自信につながるだけでなく、実はメンタル面にも好影響があるからです。

 

筋トレは正しいやり方で継続すれば必ず目に見えた成果が出ますし、運動神経は関係なく、家でコストをかけずにやることも可能なので非常に手軽。やる価値しかありません。

 

働き方を変える

バランスの取れた食事を作ったり、適度な睡眠や運動をしたり、やりたいことはあるけど時間がないという人もいるでしょう。

通勤時間が長い、残業が多い、休日出勤がある、といった環境では、なかなか自分の時間が確保できませんよね。

 

そんなあなたもフリーランスになり、リモートワークをするようになれば、働く時間や場所にとらわれる生活から解放されます。

 

また、リモートで働けるようになれば、出社できる範囲の仕事に限定されないので、やりたいことができる可能性も増すでしょう。

 

このご時世もあって、今はオフィスを持たない企業も出てきていますからね。自分の働き方改革をする良いタイミングかもしれません。

人生やり直したい人に知ってほしいこと

ここでは、人生をやり直したいと思っている人に知ってほしいことを紹介します。

人生やり直したいと思う瞬間はみんなある

 

人生山あり谷ありと言いますが、今充実している人もどん底まで落ち込み、「人生やり直したい...」と思う瞬間はどこかで必ずあるものです。

 

芸能界で輝かしく活躍する人も、極限まで貧乏生活をしていたとか、イジメられていたような暗い過去を持つ人もたくさんいます。

 

誰しも生きることが辛い時期はあるんです。

物事は捉え方次第で変わる

あなたは「39歳で社長」と聞いたら若いと思いませんか?

 

帝国データバンクが実施した「全国社長年齢分析(2020年)」によると、社長の平均年齢は59.9歳なので、実際かなり若いです。

 

人生やり直せるかどうか、ほとんどの人がいくつになっても年齢ばかり気にしますが、それは捉え方ひとつ。

 

ひとつの側面から物事を捉えるのではなく、多面的に考えるクセをつけて、自分にとって都合の良いポジティブ変換をしましょう。

 

何もない人ほど人生やり直すチャンスはある

「特技や才能はないし、恋人もいない。自分は本当に何もなくて、人生終わってる...」

 

と凹んでいるかもしれませんが、実は何もない人ほどチャンスはあります

 

なぜなら、日本一周の旅に出てみるとか海外生活を始めてみるとか、何もないからこそ大胆な行動をとる選択が容易にできるからです

 

結婚して子どもがいて、家や車を購入したばかりではそうはいきませんよね。

 

何にも縛られていない身軽な今をチャンスと考えられると、人生180度変わるかもしれません。

 

成功し続ける人生はない

ユニクロの柳井正社長の著書「一勝九敗」をご存知でしょうか?

 

タイトルの通り、日本一の大社長でもこれまでにあらゆる失敗をしてきたことが綴られた本です。

 

1度失敗したり、恥ずかしい思いをしたりすると、その後の行動を制限してしまいがちですが、それはとてももったいないことです。

 

失敗を恐れてはいけない。失敗にこそ成功の芽は潜んでいる。

 

人生やり直すには、失敗を恐れずに行動あるのみです。

人は最期に後悔が残る

長年介護の仕事に携わったオーストラリア人女性、ブロニー・ウェアさんは著書「死ぬ瞬間の5つの後悔」で、人は最期に以下の後悔を口にすると紹介しています。

 

  1. 自分に正直な人生を生きればよかった
  2. 働きすぎなければよかった
  3. 思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
  4. 友人と連絡を取り続ければよかった
  5. 幸せを諦めなければよかった

 

今のままだとこうなる気がする、と思われた方もいるのではないでしょうか。

 

 

失敗は後に笑い話や成長の糧になることが多いですが、後悔は後悔のまま残り続けます。

 

失敗しない選択ではなく、後悔しない選択を心がけましょう

 

誰しも何か才能はある

 

人間誰しも何かしら才能はあります。問題はそれを見つけ、磨くことができるかどうかです。

 

自分の才能に気付いておらず、合わないことに注力しているために悩みを抱えている人も多いでしょう。

 

自分らしい人生を生きるには、自分をきちんと理解することが欠かせません。

 

過去と他人は変えられない

  • あの時こうしておけばよかった
  • みんな自分に配慮した対応をしてほしい

 

いくらお祈りしても、過去と他人は変えられません。

 

できることは、今の自分を変えること。それによって未来を変えることです。

 

 

今の自分を変えることはせず、他人を変えようとしたり、社会に変わってほしいと願ったりしがちですが、自分を変えた方が万倍早く、余計なストレスなく事は解決します。

 

人生は自分で変えていくものです

 

思っているより他人は自分に興味がない

例えばYouTuberに挑戦したいと思ったとします。

 

「企画は自信があるけど、自分がYouTuberなんて、きっとバカにされるからやっぱりやめておこう...」

 

このように、他人の視線や評価を気にして挑戦を諦めたことはありませんか?

 

ハッキリ言いますが、あなたのことをいちいち気にしている人はいません。他人の視線や評価など気にして、行動を変える必要はありません。

 

人生やり直した体験談

筆者は人生をガラッと変えようと行動した経験があるので、参考までに紹介します。

 

27歳の時、当時勤めていた企業を退職して、海外生活を始めました。

会社に特別不満があったわけではなく、交友関係にトラブルがあったわけでもなく、何かに触発されたわけでもありません。

 

ただ、このままだと面白味に欠ける人生になるだろうとなんとなく感じていて、まったく違う生活がしたいと思った末に選んだことでした。海外生活への憧れはあったので。

 

1年海外生活をして、帰国してまた就職するかなとなんとなく思って旅立った結果、3年を超える滞在を経て帰国。途中でフリーランスになるなど、人生を変える選択になりました。

 

本当はもっといろんな国に行くつもりでしたが、ご時世的に今は日本にいます。

 

この体験談は以下の記事で詳しく紹介しているので、ここですべては語りませんが、環境を変えることによって、以下2つが身に染みてわかりました。

 

  1. これまでの生活環境がとても恵まれていたこと
  2. 当たり前にあった考え方や常識はほんの一部の価値観だったこと

 

見聞きしてイメージしていたのと、実際に肌で感じるのでは雲泥の差がありました。

 

大きな行動をしたように感じるかもしれませんが、スーツケース1つ持って海外に行っただけで、やろうと思えば誰にでもできることです。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

人生やり直したい時に勇気づけられる名言

最後に人生やり直したい時に勇気づけられる名言を5つ紹介します。

1、「どん底が人生をやり直す強固な基盤となった」

ーJ.K.ローリング(ハリーポッターシリーズ原作者)ー

2、「何かを始めるのは怖いことではない。怖いのはなにも始めないことだ」

ーマイケル・ジョーダンー

3、「心機一転、やり直せば良いのである。長い人生の中で、その為の一年や二年の遅れはモノの数ではない」

ー本田宗一郎(本田技研工業創業者)ー

4、「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、いいじゃないですか」

ーアルベルト・アインシュタインー

5、「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」

ー高橋歩(実業家)ー

人生やり直したいなら行動しよう

人生をやり直すことに大きく関わるのが「仕事」「働き方」です。


【住む場所、働く時間、やること、人間関係、収入】
に関わるので、非常に大きなウエイトを占めるからです。

今の仕事は自分には合っていない
だけど、合う仕事がわからない

 

自分の好きや得意を見つけ、何かに没頭し始めるタイミングが人生の転機になる人はめずらしくありません。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

20代30代はまだまだ若いです。1度きりの人生、自由に目一杯好きなことをして生きましょう。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

1、オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)

2、各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる

3、専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる

4、横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

・転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
・隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

 

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、
働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事