在宅で稼げるおすすめの副業12選|選び方から月5万円を目指せる職種まで一挙紹介

副業解禁や働き方改革が進み、本業以外で収入を得る人が増えてきました。

 

これから副業を始める人は

サラリーマンでもできる在宅副業が知りたい
副業をするなら安心・安全なものを選びたい
自分に合った在宅副業を見つけたい

と思っているでしょう。

 

実際に副業といっても、さまざまな種類があり迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は副業のメリット・デメリットや選び方、おすすめの在宅副業を紹介します。

 

副業から独立した自分の経験も踏まえて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った副業を見つけたい人へ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

働き方改革で副業を始める人が増えてきた

近年は働き方改革が進み、多様な働き方をする人が増えてました。

 

副業だけでなく、複数の仕事を持つ「複業」や、在宅で会社員をする「在宅ワーカー」など、新しい働き方が次々と登場しています。

また副業は会社側にもメリットがあり、

  • 優秀な人材が定着しやすい
  • 本業に活かしてくれる
  • 残業時間の軽減

など副業をやる本人以外にも、良い影響をもたらしてくれます。

 

こういった背景もあり、副業を始める人が増えてきているのです。

 

一緒に読みたい記事

在宅で副業をやるメリット・デメリット

それでは在宅で副業をやるメリットとデメリットを紹介します。

在宅で副業をやるメリット

まずは在宅で副業をやるメリットをまとめてみました。

人間関係のストレスがない

在宅で副業をすると人間関係のストレスが減ります。
やりとりもチャットやメールのみなので、周りの人を気にせず作業ができます。

 

コロナの緊急事態宣言で在宅勤務を経験した人もいると思いますが、多くの人がストレスの軽減を実感していました。

 

私も在宅のフリーランスですが、ほとんどストレスを感じることはありません。

 

たまにテレビ電話でのやりとりもありますが、それが息抜きになっているほどです。人間関係で悩みたくない人は、在宅の副業を検討してみてください

 

一緒に読みたい記事

好きな場所で働ける

在宅の副業なら働く場所も自由です。

 

カフェやコワーキングスペースを利用したり、旅行先のホテルで作業をしたり、どこでも働けます。

私は2018年に、半年ほどポーランドに移住をしてリモートワークをしていました。

 

時差はあったものの、ネットとパソコンさえあれば仕事ができるため、そこまで困ったことはありません。

 

好きな場所で自由に働きたい人は、在宅の副業が合っていると言えるでしょう。

 

一緒に読みたい記事

通勤時間がなくなる

在宅で副業をすると通勤時間がゼロになります。

 

仮に外に出て働く副業だと、服を着替えて働く場所まで行かなければなりません。

 

通勤に30分かかったとすると往復で1時間。準備の時間も合わせると1時間半はかかります。忙しい会社員だとこの時間は大きなロスです。

 

通勤時間がゼロになれば、その時間も働く時間に充てられるため、効率良く副業を行うことができます。

在宅で副業をやるデメリット

続いて在宅で副業をやるデメリットを解説します。

自己管理が難しい

在宅で副業する人の多くが自己管理で悩んでいます。

 

会社なら働く時間が決まっていて、周りに同僚や上司がいるため、嫌でも働かなければなりません。

 

しかし、ひとりで在宅の副業をやっていると誘惑に負けてしまうことがあります。

 

スマホゲームやYouTube、SNS、ベッドで昼寝など、誰にも注意されないため、サボってしまう人も多いです。

私もフリーランスとして独立した頃は、二度寝をした上に昼寝を4時間するという自堕落な生活に陥っていたことがあります。

 

人間は楽をしたい生き物なので、どうしても副業のやる気が出せません。だからこそ集中力を高め、サボならい仕組み作りをすることが大切です。

 

一緒に読みたい記事

孤独になりやすい

在宅で副業をしていると孤独になりやすいです。

 

人間関係のストレスがなくなるメリットはありますが、逆に人との触れ合いがなさすぎて孤独感を感じてしまう人もいます。

 

孤独感を和らげるには、副業仲間を作るのがおすすめです。

 

チャットやビデオ通話をして進捗確認をしながら副業を進めれば、孤独感がなくなるだけでなく、自己管理にもつながります。

 

ひとりが寂しいという人は、孤独にならない環境作りをしていきましょう。

 

一緒に読みたい記事

家族の理解が必要

在宅での副業は家族の理解が必要です。

 

自宅で作業をしていると、家族に話しかけられたり、子供が騒いだりして集中できないこともあるでしょう。

 

それが原因でイライラして家族関係が悪化しては意味がありません。

 

今まで自宅で仕事をしたことがない人は、作業環境が整っていない場合が多いです。そのため家族へきちんと説明をして、理解をしてもらってから副業を始めましょう。

 

一緒に読みたい記事

自分に合った在宅副業の選び方

いざ副業を始めようと思っても、「何を選んでいいのか分からない」という人も多いです。

 

そこで自分に合った副業を選び方をまとめてみました。

興味のある分野から選ぶ

副業で一番大切なのは「継続」です

だからこそ自分の興味のある分野から選ぶことが大切です。

 

例えば、絵を描いたりモノづくりが好きならデザイン、ロジカルに考えるのが好きならプログラミングなど、自分が無理せず続けられるものを選びましょう。

 

私は「稼げる」という理由だけでプログラミングを学習した経験がありますが、結局続かず挫折した経験があります。

 

どうしても好きになれない分野は継続ができず、稼ぐまでに至りません。だからこそ、自分の興味のある副業を選んで長く継続することを心がけましょう。

 

一緒に読みたい記事

安全な副業を選ぶ

副業をするなら安全なものを選びましょう。副業の情報には、怪しいものや詐欺まがいのものも含まれています。

 

  • 10分で3万円を稼ぐ方法
  • 自動でお金が振り込まれる
  • 南の島で稼いでいるアピール

 

こういった副業情報は99%が詐欺です。

 

特に女性の方は、安全性を重視した副業選びを心がけてください。

 

一緒に読みたい記事

単価の高い職種を選ぶ

どんなに興味がある分野でも単価が低いと意味がありません。ただしスキルアップできる副業なら単価が低くても問題ないでしょう。

 

単価が高い副業を例に挙げると、

  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • ネット物販

などが稼げる副業と言われています。

 

逆にシール貼りやデータ入力など、スキルが必要ない仕事は単価が低いです。

 

単価の高さはモチベーションにもつながりますので、なるべく稼げる副業を選んでみてください。

 

一緒に読みたい記事

スキルアップできるものを選ぶ

副業は「スキルアップできるか」を基準に選んでください。

いくら単価が高くてもスキルアップできなければ、ずっと収入は変わらないでしょう。

 

例えばプログラミングは習得するまでに時間はかかりますが、仕事を受注できれば月収50万円も夢ではありません。

 

だからこそ、スキルアップを前提に副業を選ぶことが大切です。

 

一緒に読みたい記事

使える時間で選ぶ

人によって副業に使える時間は異なります。

 

  • 夜の時間が使える人
  • 土日しか使えない人
  • 隙間時間しかない人

など仕事やプライベートの状況によって副業に割く時間が変わってくるでしょう。

 

例えば、夜しか使えない人はコツコツできるプログラミングやWebデザイン、隙間時間しか使えない人は仕組み化ができるネット物販など、自分のライフスタイルに合わせて副業を選びましょう。

 

理想は平日の夜と土日をフル活用できる状態なので、残業をなくす努力も大切です

 

一緒に読みたい記事

在宅で稼げるおすすめの副業

それでは在宅で稼げる副業をまとめて紹介します。

YouTube

今や「なりたい職業ランキング」にも登場しているYouTuber(ユーチューバー)。

 

動画の視聴前や視聴中に広告が流れ、その視聴回数に応じてお金がもらえる仕組みです。

 

一般的には1再生0.05~0.1円で、YouTubeで食べていくには1万人以上の登録が最低ラインと言われています。

 

面白い企画やスキルがあるならYouTubeに挑戦してみるのもありです。

私もライターの傍ら、YouTuberとして動画投稿を行っています。登録者が数千人規模でも家賃分くらいは稼いでくれているので、夢のあるビジネスだと感じています。

 

YouTubeは自分のやってみたいこと得意なこと、なんでも構いません。動画がバズって一瞬にして大きな収益を生むこともあります。

 

YouTubeをやってみたい人は、まず動画を1本でも出してみましょう。

動画編集

YouTubeが世間に浸透し動画編集の需要が高まってきました。

 

動画編集とは、撮影した素材をカット、テロップ入れ、BGM挿入をして1本の動画を作り上げていく仕事です。中には企画から撮影から参加できる案件もあります。

 

単価も1本数千円〜数万円と幅広く、稼いでいる人の中には月収100万円の人もゴロゴロいます。

 

動画編集の学習はオンラインスクールで学べますので、気になる方は自宅で学べるスクールを調べてみてください。

 

一緒に読みたい記事

    プログラミング

    プログラミングとは、アプリやソフトを動かすための言語を入力していく職種です。

     

    言語にはJava、JavaScript、Perl、PHP、Rubyなどがあり、仕事によって必要となる言語が変わります。

     

    全て覚える必要はなく、ひとつ覚えておけば他の言語も覚えやすくなるので、興味がある言語を選ぶことから始めましょう。

    プログラマーの案件を獲得できれば、1件数万円〜数十万円の報酬がもらえます。IT業界は人手不足が深刻なので、案件も豊富な上に高単価です。

     

    習得には時間がかかりますが、スキルを身につけてしまえば本業にできるくらい稼ぐことができるでしょう。

     

    一緒に読みたい記事

    Webデザイナー

    Webデザイナーとは、Webサイトのデザインやバナー、ロゴを作成する職種です。

     

    センスが必要な仕事だと思われがちですが、Webデザイナーの仕事はクライアントから指定されたものを正確に作ることです。

     

    PhotoshopやIllustratorで言われた通りのデザインに仕上げていくため、実はコツコツと地味な作業が多い仕事です。

     

    Webデザイナーになるために特別なスキルは必要なく、未経験からでも挑戦できます。

     

    副業で稼ぐならオンラインスクールに通って、確実にスキルを身につけることをおすすめします。

     

    スキルが身につけば、副業だけでなくデザイン会社への転職やフリーランスデザイナーとして活躍ができるでしょう。

     

    一緒に読みたい記事

    ネット物販

    ネット物販とは商品を仕入れてネットで販売をするビジネスです。

     

    みなさんもメルカリやラクマで不用品を売った経験があるかと思いますが、それも立派なネット物販のひとつです。

     

    ハードルが高く感じているなら、最初は身の回りのものをメルカリに出すだけでも構いません。

     

    そこでコツをつかみ、自分で商品を仕入れてコツコツと利益を出していく方法もあります。

    人間は生活をするためにモノを買わなくてはなりません。そのためネット物販は安定して稼げるビジネスです。

     

    仕組み化をすれば、自分がほとんど動かなくてもいいので、忙しい会社員でも始めることができます。

     

    一緒に読みたい記事

    Webライター

    Webライターとは、Web上にある記事を書く仕事です。

     

    Webメディアや企業のホームページ、商品の説明文など、さまざまな文章を書きます。Webライターの魅力は、すぐに仕事が獲得できるところです。

     

    クラウドソーシングを利用すれば、Webライターの案件がいくつも出てくるので、執筆できそうなジャンルがあれば応募をしてみましょう。

     

    また案件ごとにマニュアルがあるため、初心者でも取り組みやすいのがWebライターのメリットです。

     

    私も会社を辞めた翌月から未経験でWebライターをはじめ、1ヶ月で4万円稼ぐことができました。

     

    すぐに仕事が獲得できるので、「すぐにお金がほしい」という人にもおすすめです。

     

    ただしWebライターの案件は、低単価のものも多いのできちんと時給換算をしながら働くことを心がけてください。

    ブログアフィリエイト

    ブログアフィリエイトは、成果報酬型の広告収入を得るビジネスです。

     

    簡単に説明をすると、自分のブログで商品を紹介して、その商品がブログ経由で購入されたら紹介料がもらえる仕組みです。

     

    紹介する商品によって報酬が異なり、

    • 金融商品(クレジットカード、株、FX)
    • 美容商品
    • ビジネス商品

    これらは単価が高く、ひとつの商品が売れるだけで数千円〜数万円の報酬がもらえます。

     

    もしブログアフィリエイトをするなら、自分の得意分野で勝負することをおすすめします。

     

    自分の興味のない商品を紹介してもどこか信憑性に欠けますし、ブログを続けるのも難しくなるでしょう。

     

    例えば、スポーツが好きな人ならスポーツ用品の紹介、金融機関に務めているならクレジットカードの比較記事を書くなど、権威性を持たせて書くのがコツです。

     

    私もブログでアフィリエイト収入を得ていますが、ほとんどのブログ記事は自分の得意分野や体験談を書いています。

     

    ただしブログアフィリエイトは稼げるようになるまで数ヶ月〜半年ほどかかりますので、他の副業と並行しながらやることをおすすめします。

    株式投資

    株式投資とは、企業の株を購入し値上がり益や配当金を得るビジネスです。

     

    • 値上がり益:株を購入して値上がりしてから売却をする
    • 配当金:企業の利益に応じて株の保有者に配当されるお金

     

    この2つが株式投資で収入を得る方法です。

    ギャンブルのようなイメージを持つ人もいますが、少額で投資できるものもあり、配当金を受け取るだけなら、トレーダーのように売り買いをする必要もありません。

     

    また株の種類によっては株主優待が受けられるため、商品狙いで始めるのもありです。

     

    マツコの知らない世界で特集されている桐谷さんのように、株主優待で生活を豊かにするのもいいですね。

     

    まずは数千円からでもいいので、株式投資をしてみてはいかがでしょうか。

    イラストレーター

    イラストレーターとは、キャラクターや雑誌や書籍の挿絵、チラシのデザインなどをする仕事です。

     

    絵を描くのが好きな人におすすめで、仕事の種類も多種多様です。最近はYouTube用の漫画を描く仕事もあり、案件の多様化が進んでいます。

     

    またイラストレーターは、美術や芸術系の学校を出ていないとできないイメージがありますが、絵を描くことが好きなら未経験でも問題ありません。

     

    私の知り合いにも、趣味でイラストをインスタに投稿していたら、大企業から声がかかり、雑誌で売れっ子のイラストレーターになったという人がいます。

     

    好きなことが仕事になっていく楽しさもあるので、興味がある人はぜひ挑戦をしてみてください。

    オンライン秘書

    オンライン秘書とは、その名の通りオンライン上でクライアントの秘書をする仕事です。

     

    仕事内容は、アポイントの調整だけでなく、資料作成、メール対応、経理、お店の予約など多岐に渡ります。

    スキルが多ければ多いほど単価も上がるため、秘書や事務の経験がある人におすすめの仕事です。

     

    報酬は時給制で支払われることが多く、子育て中の主婦でもスキマ時間を活用して業務を行っていることもあります。

     

    最初は簡単な仕事から始められますので、主婦やスキマ時間を活用したい女性の人はチェックしてみてください。

    写真販売

    写真販売とは、自分が撮影した写真を専門のサイトで販売するビジネスです。

     

    写真販売をできるサイトとしては、

    • PIXTA(ピクスタ)
    • Snapmart(スナップマート)
    • Shutterstock(シャッターストック)

    などがあります。

     

    これらのサイトに自分の写真を掲載し、売れた金額に応じて数十%の報酬がもらえる仕組みです。

     

    一眼レフで撮影した方がより購入されやすくなりますが、スマホOKのサイトもあるので、試しに自分で撮影した写真を登録してみるのもいいかもしれません。

     

    写真さえ登録をしておけば、あとは勝手に販売をしてくれるため、不労所得にもなり得ます。写真が好きな人はぜひ挑戦をしてみてください。

    翻訳

    翻訳は語学力を活かした職種です。

     

    翻訳する内容は、映画の字幕、書籍、広告、案内板などさまざま。簡単なものなら、Webサイトのコメントを翻訳するというものもあります。

     

    日本語と外国語の知識や表現力が必要になる仕事なので、ある程度のスキルが必要です。

    ただし最近は、グーグル翻訳の精度も上がってきて、仕事の単価は下がってきているとも言われています。

     

    高単価の仕事を獲得したいなら、さらに高いスキルが求められるでしょう。まずはクラウドソーシングなどで実績を積んで、コツコツとキャリアアップしてみてください。

     

    一緒に読みたい記事

    在宅の副業で稼ぐコツやポイント

    いざ副業をしようと思っても、ほとんどの人が挫折をして稼げていません。

     

    そこで在宅の副業で稼ぐコツやポイントを解説します。

    スキマ時間を活用する

    スキマ時間とは、予定と予定の間にあるちょっとした時間を指します。

     

    • 通勤時間
    • お昼休み
    • 待ち合わせで待つ時間
    • 飲食店で食事を待つ時間

    など日常にはさまざまなスキマ時間があります。

     

    そしてスキマ時間は、1日平均で約70分もあると言われているんです。この時間を活用すれば副業のハードルがグッと下がります。

     

    短い時間でもできる作業としては、

    • 読書
    • 資料作成
    • メールチェック
    • スケジュール確認

    などスマホでサクッとできるものを選びましょう。

     

    このスキマ時間を活用することで、副業にかける時間を増やせるだけでなく、夜の作業時間の短縮にもつながります。

     

    スキマ時間の積み重ねで結果が変わってきますので、ぜひ有効活用をしてみてください

     

    一緒に読みたい記事

    人に任せる

    副業で稼いでいる人は、人に任せるのが上手いです。

     

    自分にしかできない仕事に注力をし、誰でもできる仕事や苦手なことは外注。効率良く稼げる仕組み作りをしています。

     

    副業をしている人や独立をして間もない人は「全部自分でやろう」と思い、余計なことに時間を使いがちです。その結果、ひとりブラック企業になりビジネスを続けるのが難しくなります。

    私はブログアフィリエイトを始める時に、ブログの立ち上げは知り合いのエンジニアに依頼をしました。

     

    自分は記事を書くことだけに注力でき、より多くの記事を執筆できました。これを自分でやろうと思ったら、数週間単位で時間を奪われていたはずです。

     

    これから副業をする人は、人に任せることも考えてみてください。

    メンターを見つける

    副業で成果を出したいならメンターを見つけましょう。

     

    もちろんひとりで稼ぐこともできますが、最短で結果を出すならメンターは必要不可欠です。

     

    実際に稼いでいる人からスキルを学べるので、独学よりも圧倒的に成長ができます。

     

    またひとりで副業をやる人の多くがモチベーションが維持できずに挫折しています。メンターがいれば、モチベーションを維持しながら稼ぐことにコミットできます

     

    周りにメンターになる人がいない場合は、オンラインスクールやオンラインサロンで稼ぎ方を学ぶことをおすすめします。

    最近のスクールは営業方法まで教えてくれるところもあるので、副業で稼ぎたい人の味方となってくれるでしょう。

     

    ぜひメンターを見つけて最短距離で稼げるようになってみてください。

    副業で月5万円を稼ぐことは可能

    副業で稼ぐことのハードルを高く感じている人もいるかと思います。しかし月5万円程度なら、どんな人でも到達ができます。

     

    例えば、プログラミングなら高単価のコーディング案件を獲得できればすぐに5万円が稼げます。

     

    Webライターであれば5000文字で文字単価1円の記事を10記事執筆すれば5万円です。業務量もそう多くないので、平日の夜と土日を使えば問題なく納品ができます。

     

    10万円、20万円となってくれば仕組み化が必要ですが、月5万円ならちょっとしたスキルを身につけるだけでも十分に通用します。

     

    「自分にはできない」と思うのではなく、「やってみよう」というチャレンジ精神を持って挑戦をしてみてください

     

    一緒に読みたい記事

    自分に合った副業を見つけたい人へ

    私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

     

    用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

     

    どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

    まとめ

    今回は副業のメリット・デメリットや選び方、おすすめの在宅副業を紹介しました。これから働き方が多様化し、さらに副業をする人が増えていきます。

     

    今のうちからスキルを身に付け、本業でも副業でも稼げる人材になることが大切です。

     

    それでは本記事を参考にあなたに合った副業を見つけてみてくださいね。

     

    一緒に読みたい記事

    働き方・生き方を変えたいあなたへ

    この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

     

    マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

     

    私たちの強みは、

    1、オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)

    2、各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる

    3、専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる

    4、横のつながりがあるので、仲間が増える

    異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

     

    学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

     

    ・転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
    ・隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

     

    といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

    もしあなたが、
    働き方や生き方を変えたい!
    新たなスキルが欲しい!
    収入の柱を増やしたい!

    と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

     

    「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

     

    LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事