未経験から動画編集者になるには?仕事内容や始め方、必要なスキルを解説

動画市場が伸び始め、動画編集者の需要が高まってきました。

 

この波に乗りたいと、動画編集者を目指す人も多いのではないでしょうか。

興味深く知りたい顔
未経験から動画編集者になりたい
興味深く知りたい顔
フリーランスになって稼ぎたい
興味深く知りたい顔
動画編集者に必要なスキルは?

 

このような疑問を持った人もいると思います。

 

この記事を執筆している私は、登録者1万人越えのYouTuberです。自身で動画の企画から撮影、編集まで行っています。

 

動画について知見があり、動画編集を依頼する側の心理も把握しています。

 

そこで今回は、私の経験を含め動画編集者になる方法を紹介します。

フリーランス動画編集者になりたいあなたへ

フリーランス動画編集者
私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。動画編集講座やYouTube運営講座も用意しています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

動画編集者の仕事内容

動画編集者は、撮影した映像のカット、テロップの挿入、BGMの挿入などをする職種です。

 

クライアントから依頼を受け、確認や修正を繰り返しながら動画を作成していきます。

 

最近はYouTubeやTikTok、InstagramなどのSNS動画の需要が高まり、案件も増えてきました。

 

使用するソフトはAdobe Premiere Proが一般的で、IllustratorやPhotoshop、After Effectsなども使われています。

 

一緒に読みたい記事

動画編集者に向いてる人

動画編集者に向いてる人を解説します。

動画を観るのが好きな人

動画を観るのが好きな人は動画編集者に向いています。

 

どんなにスキルがあっても、動画が嫌いでは好きな人に勝てませんからね。

 

私も1日中YouTubeを観るほどで、その結果YouTuberとして稼げていると感じています。

 

また動画が好きな人は

 

ここの間が気になるな
BGMが大きすぎるな

 

など、些細なことにも気付きやすいです。

 

そういった意味でも、動画が好きな人は動画編集者の素質があります。

音楽が好きな人

音楽が好きで携帯から聞いている様子
音楽が好きな人も動画編集に向いています。

 

なぜなら、動画は映像以上に音声が重要視されているからです。

 

普段から音楽を聞いていると

 

この音楽を動画に挿入したらどうだろう

 

という引き出しが増えていきます。

 

音楽は動画編集に活かしやすい部分が多く、仕事をする上で大切な要素です。

地道な作業が苦にならない人

動画編集は地道な作業の繰り返しです。コツコツ作業できる人でなければ務まりません。

 

こまめにカットしたり、0.1秒のズレを調整したりと、華やかなイメージとはかけ離れています。

 

細かい作業が苦にならない人なら、動画編集者として働けるでしょう。

デザインスキルがある人

Webデザインスキルがある人とパソコン
デザインスキルがあると仕事が取りやすくなります。

 

なぜならYouTube動画では、サムネイルの設定が必須だからです。

 

サムネイルのデザインができれば、他の動画編集者と差別化できます。

 

むしろYouTubeでは、動画の内容よりサムネイルが重視される場合も。

 

私もPhotoshopを一から勉強して、サムネイルを作れるようになりました。

 

動画編集と並行して、デザインの勉強もしておきましょう。

 

一緒に読みたい記事

動画編集者になるためのステップ

それでは動画編集者になるためのステップを解説します。

1動画編集ソフト・必要機材を揃える

まずは動画編集ソフトと機材を揃えましょう。

 

最低限必要なものは、パソコンと動画編集ソフトです。

 

パソコンのスペックは、

 

  • Corei7
  • メモリ16GB以上
  • SSD500GB以上
  • グラフィック機能搭載

     

    がおすすめです。

     

    そして動画編集ソフトは、Adobe Premiere Pro一択です。ほとんどの動画制作で使われているソフトなので、Illustrator、Photoshop、After Effectsと一緒に契約しておきましょう。

    2オンラインスクールで学ぶ

    オンラインスクールで学んでいる様子
    動画編集を学ぶならオンラインスクールがおすすめです。

     

    独学という手もありますが、時間効率や案件獲得を考えると人から学んだ方が効率的。独学だと分からないことを聞けず、挫折する可能性があります。

     

    私も動画編集をオンラインスクールで学びました。稼ぐまでの時間短縮にもなるので、ぜひ学習を始めてみてください。

    3ポートフォリオの作成

    動画編集のスキルが身についたら、ポートフォリオを作成します。

     

    自分が参入したいジャンルの動画を真似して、オリジナルの作品を作ってみましょう。

     

    おすすめは、YouTuberの動画を完コピしたポートフォリオです。再現度が高ければ、動画編集スキルをアピールでき、案件を獲得しやすくなります。

     

    YouTuberの私から見ても

     

    完コピできるなら安心して任せられる

     

    と感じます。

    4クラウドソーシングで営業

    ポートフォリオが完成したらクラウドソーシングで営業しましょう。

     

    まずは単価が低くてもいいので、実績が積める案件に応募します。この時クライアントさんに

     

    実績として公表しても問題ないか

     

    聞いておくことが大切です。

     

    クラウドソーシングでは、実績があるほど信頼されます。

     

    仮に私のチャンネルの動画編集者を募集する場合、実績と評価がある人を優遇すると思います。

     

    まずはたくさんの案件に応募し、実績を積んでいきましょう。

    5自身のYouTubeチャンネルを開設

    自分のYouTubeチャンネルができた状態
    YouTubeの動画編集者になりたい人は、自身のYouTubeチャンネルを開設してください。

     

    なぜならYouTubeのアルゴリズムを理解できる動画編集者は貴重だからです。

     

    どんなに素晴らしい動画を作成しても、YouTube側から評価されなければ意味がありません。

     

    センスの良い動画を作るのではなく、YouTubeのアルゴリズムに好まれる動画を作るのが正解です。

     

    チャンネルの運営をしなければ分からないことも多いので、自分で動画を投稿してYouTubeの仕組みを理解しましょう。

    6高単価の案件に応募

    実績やスキルがついてきたら、高単価の案件に応募します。実績がある人ならクライアントも安心です。

     

    クラウドソーシングだけでなく、YouTuberに直接営業したり、SNSで案件を獲得したりなど、方法はいくらでもあります。

     

    単価が上がれば時給も高くなり、安定して稼げるようになるでしょう。

     

    一緒に読みたい記事

    動画編集者として稼ぎ続けるコツ

    実績やスキルがあっても稼ぎ続けるのは至難の技です。

     

    そこで動画編集者として稼ぎ続けるコツを紹介します。

    スキルを掛け合わせる

    スキルを掛け合わせてさらにスキルアップの図
    動画編集と別のスキルを掛け合わせて差別化を図りましょう。

     

    カットやテロップ、BGM挿入は素人でもできることです。

     

    だからこそ、スキルの掛け合わせが大切なのです。

     

    3つのキャリアの掛け算をすれば100万人に1人の存在になれる

     

    という考え方があります。

     

    動画編集は100人に1人の希少性だとすると、他のスキル2つを掛け合わせれば100万人に1人の人材になれるはずです。

     

    逆に1つのスキルで100万人に1人の人材になるには、オリンピックで金メダルを目指すくらい難しいといわれています。

     

    動画編集者は、他のスキルを掛け合わせて希少価値を高めることが大切です。

     

    私の場合、以下の3つのスキルを持っています。

     

    1. 動画編集
    2. YouTubeマーケティング
    3. サムネイルデザイン

     

    これらを掛け合わせれば、YouTubeの動画編集やYouTubeディレクターなどの仕事は容易に獲得できます。

     

    実際に動画編集やYouTubeディレクターのお話をいただける機会も増えています。

     

    ぜひスキルを身につけて、希少価値の高い動画編集者になってみてください。

    複数のクライアントを持つ

    複数のクライアントを持てばリスク分散になります。

     

    クライアントを絞りすぎると、発注がなくなった時に収入が途絶えてしまいます。

     

    逆に複数のクライアントと契約していれば、ひとつの案件がなくなっても収入はゼロになりません。

     

    私も常に5つのクライアント、または自分のビジネスを持っています。

     

    どんなにスキルがあっても、クライアントの都合次第で案件はなくなります。

     

    ぜひ複数のクライアントを持って、リスクヘッジをしておきましょう。

    未経験から動画編集者を目指すあなたへ

    動画編集者を示すパソコンと動画の画像
    私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

     

    用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。動画編集講座やYouTube運営講座も用意しています。

     

    どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

     

    まとめ

    今回は動画編集者になる方法を解説してきました。

     

    未経験からでも動画編集者として独立できます。まずは必要機材を揃えて、基本的なスキルを身につけましょう。

     

    それでは本記事を参考に、動画編集者としての第一歩を踏み出してくださいね。

     

    一緒に読みたい記事
    働き方・生き方を変えたいあなたへ

    この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

     

    オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

     

    私たちの強みは、

    1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
    2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
    3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
    4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

    異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

     

    学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

     

    • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
    • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

    といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

    株式会社マネクルのセミナーの様子

    もしあなたが、

    働き方や生き方を変えたい!
    新たなスキルが欲しい!
    収入の柱を増やしたい!

     

    と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

     

    「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

     

    LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事