体力がない人におすすめの仕事10選|疲れにくい働き方も紹介
口角が下がった顔

午前中働いただけでクタクタになる...

頬を膨らませた顔

仕事で疲れすぎて休日は寝てばかり

歯を食いしばった顔

体力がない人でもできる仕事はありませんか?

 

体力がなくて疲れやすいと、その場にいるのがやっとで、仕事どころではありませんよね。

 

帰宅後も休日も、疲れて寝てばかりの生活から脱したいと思うのは自然なことです。

 

そこで今回は、体力がない人におすすめの仕事と、疲れにくい働き方も紹介します。

結論:体力がない人はフリーランスがおすすめ

体力がない人がフリーランスをしている姿

まず結論ですが、体力がない人はフリーランスになって、リモートワークすることをおすすめします。

 

理由は後述しますが、それが最も体力的な負担が少ない働き方だからです。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。家で働けるスキルが学べます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

体力に自信がない人でもできる仕事の特徴

体力に自信がない人でもできる仕事の特徴は、以下の通りです。

  • 室内での仕事
  • やっていて苦にならない作業
  • 適度にやることがある
  • 基本的に力仕事はない
  • 人との関わりが少ない
  • 自己完結できる
  • 定型業務中心で突発的な対応が少ない
  • 残業や休日出勤が少ない
  • 休憩時間は1人でゆっくりできる

力仕事や長時間労働がないなど、肉体的にしんどくないことは大切ですが、暇すぎる仕事は避けるのがベターです。

 

暇だと時間が長く感じられて、暇疲れしてしまう可能性があるからです。

 

また、ストレスが少ない仕事や環境であることも非常に重要です。

 

なぜなら、ストレスも疲労感に大きく影響するからです。

 

いくら肉体的には楽な仕事でも、自分に合わない作業や気を遣うばかりの人付き合いが多ければ、疲れますよね。

 

仕事内容だけでなく、自分にとってストレスの少ない労働環境にも注目しましょう。

体力に自信がない人にもできる仕事

上記を踏まえると、体力に自信がない人にもできる仕事は、以下のようなものが考えられます。

体力に自信がない人にもできる仕事
  • 受付
  • 事務
  • 秘書
  • 人事
  • 経理
  • マーケティング
  • 修理業
  • カウンセラー
  • タクシードライバー
  • コールセンター
  • 倉庫内軽作
  • マンションの管理人

オフィスワークでいうと、いわゆる間接部門がおすすめです。

 

急に収入にできるわけではありませんが、eスポーツやYouTube運営なども、体力がなくてもできる仕事と言えるでしょう。

体力に自信がない人に不向きな仕事

逆に体力に自信がない人に不向きな仕事は、以下のようなものです。

体力に自信がない人に不向きな仕事
  • 営業
  • 土木作業員
  • 販売員
  • 清掃員
  • 介護士
  • 引越し作業員
  • 宅配業
  • 飲食店スタッフ
  • ホテルマン
  • 保育士
  • 教員
  • エステティシャン
  • 美容師
  • マッサージ師

ガテン系と呼ばれるものや立ち仕事、顧客都合で労働時間が変動するサービス業などは、体力がある人でもなかなか続かない仕事です。

 

体力に自信がない人はこれらの仕事は避けるべきでしょう。

 

体力に自信がない人におすすめの働き方

はじめにお伝えしましたが、体力に自信がない人はフリーランスになって、リモートワークするのがおすすめです。

 

理由は以下の通りです。

  • 通勤がない
  • 人間関係のストレスが減る
  • 体力不要でできる仕事が多い
  • やりたい仕事を選べる
  • 仕事によっては働く時間や曜日を自由に決められる


フリーランスは会社員と違い、仕事の獲得から自分でしなければならないため、会社員と比べると、安定感に欠けるのは事実です。

 

その代わり、会社員よりはるかに自由度高く働くことが可能です。

 

理想を話している人の顔

通勤で疲れてしまうから家で仕事がしたい

理想を話している人の顔

昼の休憩は2〜3時間しっかりほしい

理想を話している人の顔

1人の空間で作業したい

 

フリーランスなら、これらすべて実現可能です。都心で生活している人は特に、通勤がないだけでも全然違いますよね。

 

体力がない人におすすめの仕事10選

体力がない人におすすめの仕事を紹介します。

 

ここで紹介する仕事はすべて、フリーランスでできる仕事です。

プログラマー

専門的な知識とスキルが必要なので、まずは勉強が必要ですが、専門学校に通う必要はありませんし、資格取得も不要です。

 

独学もしくはオンラインスクールに通い、スキルを身につければOK。

 

習得言語と確保できる勉強時間によりますが、数ヶ月〜1年程度である程度のスキルは身につけられます。

 

学習コストはかかりますが、最もコスパ良く稼げる仕事」とも言われているので、プログラマーになれればすぐに元は取れるでしょう。

 

デバッカー

デバッガーとは、開発中のゲームをテストプレイして、プログラムに潜むバグ探しをする仕事です。

 

プログラムの修正はプログラマーが行うので、プログラミングスキルは不要です。

 

単純作業も多いですが、1人で黙々とゲームができればOKなので、体力的には働きやすい仕事と言えるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーのパソコンの様子
Webデザイナーは、Webサイトやアイキャッチ画像、サムネイル画像など、Web上のあらゆるものをデザインする仕事です。

 

諦めている顔

デザインは専門学校で学ばなければできないでしょ?

 

と思われがちですが、プログラミング同様、専門学校で学ぶ必要はなく、資格も不要です。

 

Webデザインをする上で必要な知識とスキルがあればOK。

 

産休中や育休中にスキルを学び、ママさんWebデザイナーとして活躍する人もいます。

 

イラストレーター

イラストレーターは、ポスターや雑誌、CDジャケットなどにイラストを描く仕事です。

 

SNSのアイコンや結婚式のウェルカムボードなどに、似顔絵を描くのもイラストレーターですね。

 

たまにWebデザイナーとイラストレーターがごっちゃになっている人がいますが、Webデザイナーは絵が描けなくてもできる仕事です。

Webライター

Webライターは、この記事のようなWeb上にある記事制作をする仕事です。

 

ライティングの仕事は納期までに記事を納品すればOKなので、働く時間や曜日の縛りはありません。

 

午前中に2時間、昼過ぎに2時間、夕飯の後に2時間働くなど、こまめに休憩しながら働くでもOKです。

 

体力に自信がない人にかなりおすすめできる仕事です。

 

Lステップの構築代行

Lステップとは何かを簡単にいうと、LINEのマーケティングツールです。

 

LINEをビジネスに活用する企業や個人が使うツールですね。

 

Lステップを使うにはシステムの構築が必要で、その構築を代行する仕事です。

 

Lステップはすごい勢いで利用者が増えていますが、構築がうまくできない人が多いため、構築代行者の需要も非常に伸びています。

 

新しい仕事なので、まだまだ参入の余地はあります。

 

動画編集

動画編集をしている男性
動画編集はその名の通り、動画を編集する仕事です。

 

YouTubeやTikTokなどのSNS動画から、企業のPR動画、ミュージックビデオなど、編集する対象の動画は多岐にわたります。

 

動画編集も納期までに記事を納品すればOKなので、働く時間や曜日の縛りがないのが魅力です。

 

声優/ナレーター]

声優やナレーターは、YouTubeの解説動画や企業の研修動画などに、声をあてる仕事です。

 

女性需要が多いので、女性の方が仕事を見つけやすいかもしれません。

人事

人事は求人の作成や面接など、採用に関わる仕事全般と、採用者に対してオリエンテーションをするのが主な仕事ですね。

 

今はフリーランスが増えているので、完全オンラインで採用を行う企業も少なくありません。

 

適度に人との関わりがほしい人は、人事を検討されるといいでしょう。

事務

事務
事務はデータ入力や書類作成などをする仕事です。

 

特別なスキルは不要で定型業務も多いので、パソコン作業に抵抗さえなければ、パソコン仕事が初めての人でも問題ないでしょう。

秘書

オンライン秘書の需要が伸びていると言われています。

 

スケジュールやアポイントメントの調整、新幹線や宿泊施設の予約、会食用のレストランリサーチなどが仕事内容です。

 

誰かのサポートをするのが好きな人に向くでしょう。

まずは自分に合った仕事を知ろう

まずは自分に合った仕事を知ろうとしている人たち
さまざまな仕事を紹介してきましたが、どれが自分に合っているのか、また、スキルはどのように身につければいいのかわからない人もいるでしょう。

 

そんなあなたには、起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学に参加することをおすすめします。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。家で働けるスキルが学べます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回は体力がない人におすすめの仕事と、疲れにくい働き方を紹介しました。

 

今はパソコンとネット環境さえあれば、家で仕事ができる時代なので、体力がなくてもできる仕事はたくさんあります。

 

ただ、あまりに体力がない人は多少トレーニングをして、体力づくりをしましょう。

 

今のままでは老後、その辺に買い物に行くのも辛くなってしまうかもしれませんからね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

    • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事