未経験からWebライターになるには?5年目の現役ライターが始め方を解説

在宅ワークが注目を集め、Webライターの知名度も上がってきました。

 

Webライターは、副業で稼ぎたい人やフリーランスにおすすめの職種です。

 

しかし、未経験からWebライターになれるのか不安ですよね。

 

興味深い男性
ライターの始め方を知りたい
疑問を浮かべた女性
きついという声を聞く
興味深い男性
自由な生活を手に入れたい

 

このような悩みを持った人もいると思います。

 

そこで今回はWebライター歴5年の筆者が、Webライターになる方法を紹介します。

 

私も未経験から独立していますので、その経験を踏まえて丁寧に解説しますね。

Webライターになりたいあなたへ

Webライターをするためのパソコン、ペン、ノート、携帯
私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。Webライターにおすすめの「コピーライティング講座」も全て無料で受講できます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

Webライターとは

Webライター(ウェブライター)とは、Web上にある記事を執筆する職種です。

 

ニュースサイトやECサイト、企業のホームページなど、さまざまな媒体で記事を書きます。この記事もWebライターの私が執筆しているものです。

 

最近はオンライン化が進み、Webコンテンツも充実してきました。Webライターの需要も高まってきており、スキルを身につけて稼ぐ人も増えつつあります。

Webライターを始める2つの方法

Webライターを始める方法を紹介します。

1 企業ライターとして働く

企業ライターとして働いているところ

Webライターと聞くと副業やフリーランスを想像しますが、企業ライターとしての道もあります。

 

最近はメディア運営を行っている企業も多く、Webライターの求人も増えてきました。

 

主に中途採用がメインで、経験者を優遇している場合がほとんど。そのためライター経験がある人やアルバイトから社員に昇格するケースが多いです。

2 フリーランスのライターとして働く

Webライターの多くは、フリーランスとして働いています。

 

クラウドソーシングで仕事を探して、企業から案件をもらいます。

 

私もクラウドソーシングでWebライターを始めました。未経験や初心者OKの案件もあり、そこからコツコツと実績を積み上げていきます。

 

スキルが身につけば、安定した収入が得られるようになるでしょう。

Webライターに向いてる人とは?

Webライターに向いてる人を、現役ライターの視点から紹介します。

文章を書くのが苦ではない

文章を書くのが好き、もしくは書くのが苦ではないという人は、Webライターに向いています。

 

文章には向き不向きがあり、どんなに良い文章が書けても、それが苦痛なら続けるのは難しいでしょう。

 

私は文章が好きというわけではありませんが、1日中執筆しても全く苦にならないタイプです。

 

まずはいくつか記事を書いてみて、文章に対する好き嫌いを判断してみてください。

情報収集が得意

情報収集をパソコンでしている様子

記事を執筆する際、書籍やWebページなど、さまざまな資料を調べます。

 

与えられたテーマに対して、細かく情報収集する能力がある人は、Webライターに向いています。

 

情報収集と聞くと大変そうなイメージがありますが、そこまで難しいものではありません。ネットショッピングの時に、口コミや評判を細かく調べる人は適性があるはずです。

 

私も商品を購入する時は、他の商品の比較したり口コミを調べたりします。時間をかけて調べるのが好きなので、Webライターを続けられたのかもしれません。

スケジュール管理ができる

執筆する記事には納期が設定されています。そのため納期を守れるスケジュール管理が試されます。

 

どんなにスキルがあっても、納期を1分でも過ぎればクビを切られる世界です。毎日の進捗を確認し、余裕を持って納品しなければなりません。

 

私もスケジュールを細かく管理し、納期3日前には記事を提出しています。

 

未経験からWebライターになる5ステップ

それでは未経験からWebライターになるステップを紹介します。

1 文章の書き方を学ぶ

まずは文章の書き方や記事の作成方法について学びましょう。

 

ブログやWebメディアの記事を読んだり、文章術の本で勉強したり、まずは文章に触れるところから始めてみてください。

 

後ほど初心者ライターにおすすめの書籍を紹介しますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

2 ブログを開設

ブログと書かれた掲示板

ブログはWebライターの仕事に直結するものです。

 

ブログを開設するメリットは以下の通り。

  • ポートフォリオになる
  • メディア運営の知識が身に付く
  • 実績が目に見えて分かる
  • 副収入を得られる

 

特にライター初心者の人は、ブログ記事を書いて実績を作りましょう。

 

クラウドソーシングで営業する際、自分の執筆した記事をクライアントに見せます。しかし記事を書いたことがないと、採用を見送られる可能性が高まるでしょう。

 

そんな時にブログ記事を書いておけば、実績として提示できます。

 

まずは興味のあるジャンルや自分の経験談をブログ記事にしてみてください。

3 クラウドソーシングで営業

ブログ記事を書いたらクラウドソーシングで営業しましょう。

 

おすすめは、クラウドワークスとランサーズです。

 

まずは1文字1円以上の案件を見つけて、手当たり次第に応募します。

 

この時、同じジャンルのブログ記事を書いていると有利です。

 

もし気になる案件があるなら、同じジャンルのブログ記事を書いた上で提案すると採用率も上がりますよ。

4 ポートフォリオを作成

案件をこなせるようになったらポートフォリオを作成します。

 

クライアントに 執筆した記事をポートフォリオとして掲載してもいいですか?」と聞いてOKをもらいます。

 

もしOKならブログ内にポートフォリオを作成し、実績を分かりやすく掲載してください。

5 文字単価の高い案件に応募

お金、現金、収入を考えた案件
ポートフォリオが完成したら、文字単価の高い案件に応募します。

 

できればジャンル絞ると、高単価の案件を受注しやすいです。

 

実績があればクライアントもあなたに依頼したくなります。

Webライターとして稼ぎ続けるコツ

どんなにスキルがあっても、稼ぎ続けるのは至難の技です。

 

そこでWebライターとして稼ぎ続けるコツを紹介します。

収入を分散する

複数のクライアント持って、収入を分散することが大切です。

 

一つのクライアントだけに頼ると、契約が打ち切りになった瞬間に無収入になります。

 

収入を分散しておけば、契約が終わっても収入がなくなるリスクを回避できます。

 

私は常に5つのクライアントの契約しています。すると1社契約が終わっても、収入の4/5は保証される計算です。

 

収入を安定させるためにも、複数のクライアントと契約をしてくださいね。

自己管理を徹底する

自己管理 タイムマネージメント
自己管理ができる人は、どんな分野でも稼ぎ続けられます。

 

フリーランスのWebライターになると、働く場所や時間は自由です。しかし決められた規則がないため、自分自身で管理する必要があります。

 

仕事に身が入らなかったり、二度寝から起きられなかったりして、仕事に支障が出てしまう人も少なくありません。

 

私の周りにも自己管理ができずにフリーランスを辞めた人が大勢います。

 

フリーランスにとって、自己管理はスキル以上に大切なものです。

 

自己管理のコツは、会社員と同じようにスケジュール管理すること。私の場合、始業時間と就業時間を決めて行動しています。

 

始業時間は7時なので、6時には起床して身支度を整えます。これだけで生活にメリハリが生まれて、サボることがなくなりました。

SEOを学び続ける

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を意味する言葉です。

 

執筆した記事が検索エンジンで上位表示できれば、ユーザーにサービスや商品を知ってもらう機会を創出できます。

 

やはり検索上位の記事はクリック率も高まります。そのためSEOを学ぶことはWebライターにとって必要不可欠です。

 

SEOについては、Web記事や書籍で勉強できますので、仕事の合間に学習を進めてみてください。

 

初心者ライターにおすすめの本

これからライターを始める人におすすめの書籍を紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

 

こちらの書籍では、ニュースサイトナタリーの研修で取り入れられている文章講座「唐木ゼミ」を学べます。

 

著者は唐木ゼミの講師、唐木元氏です。

 

本の内容は、文章の構成や推敲、文法、テクニックなど、初心者が知りたい内容がギュッと詰まっています。

 

またWeb文章に特化した書籍なので、Webライターになりたい人におすすめ。私も手元に置いて、時間がある時に読み返しています。

 

初心者から上級者まで、どんな人でも学びのある文章術の書籍です。

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング
こちらの書籍は株式会社ウェブライダーの社長、松尾茂起氏によって書かれた初心者向けのWebライティング本です。

 

松尾氏はSEOの専門家で、多くのWebメディアやライターから一目置かれています。

 

沈黙のWebライティングでは、キャラクターが登場にストーリー形式で物語が進んでいきます。文章が苦手な人でも漫画感覚で読み進められるのがメリットです。

 

ライティングの技術だけでなくマインドの部分まで学べるため、これからWebライターを始める人は必ず読みましょう。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

こちらの書籍では、文章術のベストセラー本100冊のポイントをギュッとまとめてあります。

 

文章術の書籍を100冊読んで、その中でも特に大切なことをランキング形式に。重要なことが明確に分かるため、文章力を上げたいWebライターにおすすめです。

 

正確で分かりやすい文章を身につけたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

Webライターのスキルを身につけたいあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。Webライターにおすすめの「コピーライティング講座」も全て無料で受講できます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回はWebライターになる方法を解説してきました。

 

簡単ではありませんが、正しいステップを踏めば誰でも稼げるようになります。

 

ぜひ本記事を参考に、ライティングの勉強を進めてみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事