Webライターがきつい5つの理由|5年目の現役ライターが実情をお話します

Webライター(ウェブライター)を始めてみたものの、上手くいかない人も多いのではないでしょうか。

Webライターはきつい

稼げないし大変

やめとけって言われた

このように、Webライターを続けることに疑問を持っている人も少なくありません。

 

筆者の私は、Webライター歴5年目のフリーランスです。私もライターを始めた当初は全く稼げず、かなり苦労しました。

 

そこでこの記事では、Webライターがきついと感じる理由や乗り越え方を紹介します。

 

Webライターを続けるか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターが辛いと感じるあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題コピーライティングの講座もご用意しています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

初心者Webライターがきついと感じる理由

まずは初心者Webライターが「きつい」と感じる理由を紹介します。

クラウドソーシングの案件に受からない


ライター初心者は、まずクラウドソーシングで営業をします。しかし、多くの初心者ライターは案件に受かりません。

 

なぜなら、同じ案件にプロのライターも応募しているからです。クライアントとしては、経験や実績がある人に依頼したいはず。そのため初心者ライターは弾かれます。

 

また1つの案件に数百人単位で応募があるため、採用されるのは狭き門です。もちろん初心者向けの案件はありますが、単価が低く稼げない可能性があります。

低単価で消耗する

クラウドソーシングには、ありえないほど低単価の案件が転がっています。単価の高い案件はライバルが多いため、報酬の安い案件をこなす初心者も少なくありません。

 

低単価案件の例としては、

  • 1記事100円
  • 3000文字500円
  • 1文字0.1円

といった感じです。

 

営業は通りやすいですが、ほとんど稼げないまま終わるのがオチです。中には報酬を支払わない地雷案件も存在します。

 

このように、低単価で消耗しているライターも少なくありません。

自己管理が大変

Webライターの仕事は、「自分との戦い」と言っても過言ではありません。私も自己管理が原因で、ずっと稼げないライターをしていました。

 

会社員のように出社する義務がないため、スケジュールは全て自分で管理します。起きる時間も休憩時間も自由なので、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

 

私は会社員を辞めてWebライターを始めました。しかし自由になった開放感から、サボる頻度が増えていきました。

  1. 昼前に起きて少しだけ作業してランチを食べる。
  2. 満腹で眠くなって夕方まで昼寝する。
  3. 絶望でその日を終える。

上記の生活が1年近く続いたのです。

 

ライティングスキル以前に、自己管理能力がなければWebライターとして成長できないでしょう。

キャパオーバーしがち

ライター初心者は、自分の限界点が分からずキャパオーバーしがちです。仕事を受注しすぎて休みが無くなり、毎日深夜まで作業する人も珍しくありません。

 

中には納期に間に合わず、クライアントからの信頼を失う人もいます。私も案件を受けすぎて、1日1万文字を30日間連続で執筆した経験があります。

 

いい経験にでしたが、体調やメンタルを崩す原因にもなりました。

分からないことが多すぎる

Webライターを始めると、分からないことが無限に出てきます。
特にパソコンに触れてこなかった人は、多くの問題に直面します。

Googleキュメントの権限ってどう変えるの?
画像をjpegにする方法が分からない
WordPress入稿ってどうやるの?

など、小さな壁が次々と現れるのです。

 

ひとつひとつ調べれば解決できますが、思った以上に時間を取られてしまいます。

 

特にライター初期は「何が分からないかも分からない」とパニックになりがちです。

Webライターが「ゴミ」「ひどい」と言われるワケ


Webライターは、周りから「ゴミ」「ひどい」と言われることがあります。
その理由は、Webライターの多くはスキルとモラルを持っていないからです。

  • 納期に遅れる
  • 途中でバックれる
  • 文章がぐちゃぐちゃで読めない

など当たり前のことができないライターは非常に多いです。

 

私がある案件のライターチャットに入っていた時、納期当日になると1/3くらいのライターが言い訳合戦を繰り広げていました。

家族が死にました
事故で入院しました
パソコンが壊れました

毎週のように事故やトラブルが発生する人もいて、「どれだけ嘘つくんだ」と呆れた覚えがあります。中には本当の話もあると思いますが、9割は嘘でしょう。

 

このように質の低いライターが多いことが理由で、「ゴミ」「ひどい」「やめとけ」などと言われるのです。

 

これからWebライターとして働きたい人は、モラルのある行動をしてくださいね。

辛い時期を乗り越えたらどうなる?

ライターを始めた数ヶ月〜1年は辛い時期が続きます。しかしそれを乗り越えると、良い方向に動き出します。

 

そこで、辛い時期を乗り越えた先にあるメリットを紹介します。

会社員以上に稼げる

Webライターに収入の上限はありません。案件を受けた分だけ稼げるため、人によっては会社員以上に稼げます。

 

私はWebライター5年目ですが、会社員時代の2倍以上の収入を得ています。

 

大きく稼ぎたい人は、コツコツと作業を積み重ねましょう。

収入は増えて作業時間は減る

仕事に慣れてくると作業効率が上がります。収入を維持したまま作業時間を減らして行けば、短時間で大きく稼ぐことも可能です。

 

最初は1時間に500文字しか書けなかった人も、経験を積めば1時間2,000文字くらいは執筆できるでしょう。

 

単純計算で4倍の効率化ができるため、初心者の時には考えられなかった収入を得られます。

 

私もライター初心者の頃は、どんなに頑張っても月収10万円が限界でした。しかし執筆スピードや作業効率化をした結果、かなりの額を稼げています。

働く場所と時間が自由になる

Webライターとして稼げるようになれば、働く場所と時間は自由です。私もフリーランスのWebライターで、自由な働き方を実現しています。

 

自宅から出ずに仕事ができるため、人間関係のストレスはゼロ。また体調が悪い時は、無理せず休めるのもポイントです。

 

また自宅だけでなく、気分転換にカフェや旅先でも仕事ができます。働く場所と時間に囚われたくない人は、Webライターを続けてみてはいかがでしょうか。

稼げないライターを抜け出す方法

稼げない状況から抜け出したい、と感じている人もいるでしょう。

 

そこで稼げないライターを抜け出す方法を紹介します。私も実践して稼げるようになった方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

生活をルーティン化する


自己管理が苦手な人は、生活をルーティン化しましょう。ルーティンとは、毎日決まった時間に決まった行動をするというものです。

 

代表的なものを挙げると、朝起きてテレビをつけたり、食後に歯磨きをしたりするといった感じです。ルーティン化すれば、頭で考えなくても行動できるようになります

 

「ライティングだるいな」と思うことも減り、「時間だからやろう」と感じ始めるのです。

 

私は朝をルーティン化して仕事の仕組みづくりをしています。

6:00 起床、水を飲んで歯磨き
6:15 ウォーキング
6:45 瞑想
7:00 仕事開始

このようなタイムスケジュールを決めた結果、サボることが一切なくなりました。

 

自己管理が苦手な人は、ぜひ生活改善に取り組んでみてください。

ライター仲間を作る

ひとりで作業していると、モチベーションを保てないことがあります。

 

そんな人は、ライター仲間を作ってみてはいかがでしょうか。最近はSNSでライター同士がつながりやすくなりました。

 

ライター専門のオンラインサロンもあるので、そういったところに入るのもおすすめです。

作業環境を整える

作業環境は、仕事の生産性を大きく左右します。
あなたの作業環境は整っているか今一度確認してみてください。

  • 質の高いデスクとチェア
  • サクサク動くパソコン
  • 誰にも邪魔されない場所

これらは最低限整えるべき項目です。

 

これは私の作業環境です。スタンディングデスクを採用し、高い集中力を保った状態で仕事をしています。

 

作業に集中できない人は、今できる最高の作業環境を構築してみてはいかがでしょうか。

 

先輩ライターに教えてもらう

行き詰まった時は、稼いでいる先輩ライターに教えてもらうのが一番です。私もライターを始めた頃、先輩ライターにアドバイスをもらいました。

 

営業の仕方やタスク管理、健康面までフリーランスとして必要なスキルを学べたのは大きな収穫でした。

 

もし先輩ライターがいない場合は、SNSやオンラインサロンで交流してアドバイスをもらいましょう。

1日1万文字書く

これは私が月収10万円以下を抜け出した時の方法です。初心者ライターは、「文字数が書けない」という人もいるのではないでしょうか?

 

そこで私は、1日1万文字を自分に課し、死に物狂いで文字を書き続けました。当時はライター友達と山奥の家を借りて、1ヶ月間家に籠もった状態で合宿を行いました。

 

その結果、ほぼ毎日1万文字を書くことができ、一気に月収30万円に到達したのです。少々荒療治かもしれませんが、1日に執筆できる文字量の底上げになるのはメリットです。

 

まずは1週間に1回でもいいので、1万文字チャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

結論:ライターは未経験者にはおすすめ

ライターとして稼ぐのは大変ですが、未経験からフリーランスになりたい人にはおすすめの職種です。

 

プログラミングやWebデザインのように、数ヶ月単位で学ぶ必要もなく、すぐに収入を得ることもできます

 

初心者ライターの人は今回の方法を実践し、それでもダメなら他の職種を試しましょう。

Webライターがきついと感じるあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題コピーライティングの講座もご用意しています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はWebライターがきついといわれる理由について解説してきました。

 

最初はきついかもしれませんが、徐々に慣れて稼げるようになるはずです。

 

ぜひ本記事を参考に、フリーランスとして活躍してくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事