Webライターに向いている人とは?10の質問であなたの向き不向きを知ろう

Webライターに向いているのか悩んでいませんか?

 

私はWebライター歴4年ですが、何度も「向いていない」と感じることがありました。

 

Webライターをしている人、もしくは副業で始めたいと思っている人の中には、

自分はWebライターに向いていないかも
副業で始めてみたけど難しい
自分の向き不向きを知りたい

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、Webライターに向いている人、向いていない人の特徴を解説していきます。

 

合わせてWebライター歴4年の私の体験談も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ライタースキルを磨きたいあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題Webライターに必要なコピーライティングのスキルも学べます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

Webライターに向いている人

Webライターに向いている人の特徴を解説します。

文章を書くのが好き

文章を書くのが好きな人はWebライターに向いています。

 

書くのが好きだと、「もっとクオリティを上げよう」「努力しよう」と自分を高められるからです。

私は文章が好きというわけではありませんが、書いていると楽しくなってきて、夢中になっていることはあります。

 

好きでなくとも、書くことが苦痛でなければライターに向いているでしょう。

継続力と精神力

どの職業にも共通しますが、継続力と精神力はWebライターに必須です。

 

Webライターの仕事は、コンスタントに記事を書き続けなければなりません。また最初はクライアントからの修正が多く、心が折れてしまう場面もあります。

 

私はライターを始めた頃、単価が低く、1日1万文字を30日間連続で書いた経験を持っています。

 

自分は苦痛に感じませんでしたが、始めたばかりの人はキツいと思ってしまうかもしれません。

ひとりで黙々と作業できる

Webライターの多くがフリーランスか副業ライターです。

 

そのため、ほとんどの人がひとりで黙々と作業しています。1日中誰とも会わずに仕事をするため、それを苦痛に感じない人はライターに向いているでしょう。

 

もちろんクライアントとの打ち合わせはありますが、基本はひとりで文字を打ち続けることになります。

 

ひとりで仕事ができる人はWebライターに向いています。

情報収集が得意


記事を書く際、書籍やWebページなどさまざまな資料を参考にしながら執筆を行います。

 

与えられたテーマに対して、細かくリサーチするのもライターの仕事です。

 

ちょっと難しそうなイメージがありますが、ネットショッピングで買い物をする時に、口コミや評価を調べるという人には向いています。

 

私もモノを購入するときは、性能を比較したり口コミを読み漁ったりして、時間をかけて選んでいます。

 

調べ物が好きな人は、Webライターの仕事に向いているでしょう。

スケジュール管理ができる

ほとんどの記事に納期が設定されています。そのため、納期に間に合うようにスケジュール管理する能力が必要です。

 

どんなに素晴らしい記事でも、納期を1分でも過ぎれば「使えないライター」に認定されてしまいます。

私は1ヶ月に60記事ほど執筆をしており、納期に遅れないように細かくスケジュール管理をしています。

 

また素早い納品をする人は評価される傾向にあるため、納期の3日前までには納品をする癖をつけています。

 

肌感覚ですが、納期を守れるWebライターは全体の半分くらいしかいません。そのため、納期を守るだけで上位50%に入れます。

 

当たり前のことを当たり前にやる。これがライターとして生き残るために必要な能力です。

人生経験が豊富な人

詳しい分野や経験があると専門記事ライターとして活躍できます。

 

Web上の記事は、権威性(専門知識を有している人の発信)があるほど信頼をされます。

 

私の場合は、コンビニの商品開発職で働いた経験を活かして、食品衛生やレシピのコラムを執筆しています。

 

コンビニの本社で働いていた人のレシピなら、記事の信頼感も上がりますよね。

 

自分の専門分野がある人は、Webライターとして活躍ができるでしょう

Webライターが向いていない人

続いてWebライターが向いていない人を紹介します。

文章を書くのが苦痛な人


文章を書くのが苦痛な人はWebライターに向いていません。

 

Webライターを始めた人の中には「文章をずっと書いてられない」という人もいます。

 

私はWebライターになるためのスクールに通っていました。同じ受講生の中には、文章を書くのが苦痛で挫折する人も多かったです。

 

苦痛なことは、どうやっても改善をされないので、他の道を探した方がいいかもしれません。

自分を表現したい人

Webライターは、クライアントの指定したテーマに沿って記事を書くのが仕事です。

 

そのため文章で自分を表現したい人には向いていません。

  • 自分の作品を世に出したい
  • 仕事を表現の場として使いたい
  • 自分の経験談だけを書きたい

こういった人は、仕事が取れないでしょう。

 

もちろん記事によっては、体験談を書くこともありますが、案件の多くはテーマが指定されています。

 

もし自己表現をしたいなら、ブログや小説を始めた方がいいかもしれません。

コミュニケーションが苦手な人


Webライターは、ひとりで黙々と仕事をするだけでなく、コミュニケーション能力も求められます。

 

クライアントの意図を読み取ったり、打ち合わせで自分の意見を述べたり、取材で相手の良さを引き出したりと、コミュニケーションをする場面も多いです。

 

作業自体はひとりですが、一定のコミュニケーションスキルが必要だと覚えておきましょう。

 

おおざっぱな人

おおざっぱな性格だとWebライターとして生き残るのは難しいです。

 

記事は細かい部分まで気を遣わないと読者に読まれません。

  • 半角と全角がごちゃごちゃ
  • 文字の打ち間違え
  • 重複の表現
  • 見直しの甘さ

これらの項目は、どんなに気をつけていても毎回発生します。

 

私はおおざっぱな性格のため、記事を書いたら3回以上は見直す癖をつけています。

 

これができるライターはそう多くなく、中には見直しをせずに提出する人もいます。

 

おおざっぱなな性格をカバーできないのなら、Webライターを諦めた方がいいでしょう。

ライター歴4年の筆者が仕事を続けられている理由

私はWebライターになって4年が経ちます。もともとは普通の会社員で、中学と高校の国語も赤点でした。

 

そんな私がWebライターとして生き残っているのには理由があります。

  • 文章を書くのが苦ではない
  • ひとりが大好き
  • さまざまな経験がある

この3つが仕事を続けられている理由です。

 

ひとりが好きで、文章を書くのが苦ではない、という2点だけでも十分にWebライターは務まると思います。

 

それに加えて、コンビニ商品開発の経験や語学留学、6回の転職、ポーランドワーキングホリデーなど、さまざまな経験が自分のアピール材料になっているのも要因です。

 

Webライターが難しいと感じた時の対処法

自分にはWebライターが向いていない、難しいと感じた時の対処法を紹介します。

改善の余地があるか考えてみる


Webライターが向いていないと感じるのには理由があるはずです。

 

まずはどんな理由で向いていないのか明確にしてください。そして、その原因に改善の余地があるか考えてみましょう。

 

例えば、「文章を書くのが苦痛」と思うならWebライターは諦めた方がいいかもしれません。

 

しかし「ミスが減らない」と思うなら、ミスを減らす仕組みを作って改善ができます。

 

なんとなく向いていないと思うのではなく、なぜ向いていないのかを考えてみてください。

仕事環境を見直してみる

仕事環境が原因で、Webライターが向いていないと感じているケースもあります。

 

例えば、カフェで作業をして集中できない人がいるとします。

 

その人は静かな環境の方が集中できることに気づかず「自分はWebライターに向いていないのかな」と感じていたらどうでしょうか?

 

このように仕事環境が原因で、Webライターを諦める人も少なくありません。このままでは、どんな仕事をしても向いていないと感じてしまうでしょう。

 

まずは集中できる仕事環境を見つけるところから始めてみてください。

 

スキルを磨いてみる

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題Webライターに必要なコピーライティングのスキルも学べます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はWebライターに向いている人、向いていない人の特徴を紹介してきました。

 

どんな人にも向き不向きはあります。向いていないと感じるなら、自分の活躍できる場を探すことが大切です。

 

それでは本記事を参考に、自分らしい働き方を実現してみてくださいね。

 

一緒に読みたい記事

<

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

1、オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)

2、各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる

3、専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる

4、横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

・転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
・隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

 

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、
働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事