Lステップ(エルステップ)とは?特徴や機能、料金プランを分かりやすく解説

LINE公式アカウントを拡張できるツールとして注目を集める「Lステップ(エルステップ)」

 

どんな特徴があるのか、どんな機能を使えるのか気になりますよね。

 

そこで今回は、Lステップの特徴や機能、料金プランをまとめて解説します。

 

Lステップの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Lステップとは?


Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールです。

 

LINE公式アカウントの機能を高め、よりマーケティングに特化した使い方ができます。

 

  • シナリオ(ステップ)配信
  • リマインダ配信
  • セグメント配信
  • プレミアムリッチメニュー

 

このように、踏み込んだ配信ができるのが特徴です。

 

売上アップだけでなく、顧客を絞り込んで配信コスト削減もできます。

 

そのため、LINE公式アカウントやメルマガで顧客を持っている人におすすめのツールです。

LINE公式アカウントとの違い

LINE公式アカウントとは、企業や個人事業主がビジネスに活用するツールです。

 

友だちを増やして、さまざまな情報やサービスを提供できます。友だちとトークをしたり、クーポンを発行したりと、効率的に配信できるのが特徴です。

 

一方、LステップはLINE公式アカウントと紐付けて機能を追加できるツールです。

 

LINE公式アカウントの機能を拡張し、マーケティングをさらに加速させてくれます。

 

例えば「Twitterから友だち追加してくれた人」「A商品を購入してくれた人」など、条件を細かく絞ったセグメント配信も可能です。

 

Lステップを導入する場合、LINE公式アカウントとLステップ、両方の契約が必要となります。

 

しかし配信数を削減しつつ、反応率の高い友だちにアプローチできるため、LINE公式アカウント単体で使うより、売上アップやコスト削減が期待できます。

Lステップの特徴

それではLステップの特徴を解説します。

シナリオ(ステップ)配信

Lステップ シナリオ(ステップ)配信


シナリオ配信とは、作成しておいた複数のメッセージを、設定したタイミングで順番に自動配信する機能です。

 

Lステップのメイン機能の一つで、マーケティングにおいて大切な役割を果たしてくれます。

 

LINE公式アカウントにもステップ配信がありますが、分岐は友だち追加時と最初のシナリオ配信のみ。配信時間は最短で1日間隔、配信時間も最短1時間単位でしか設定できません。

 

一方、Lステップのシナリオ配信なら、分岐を細かく設定して配信ができます。

 

シナリオの途中で別のシナリオに変更したり、Twitterから登録した人のみに配信したりと、友だちを絞り込めるのが特徴です。

 

効率よくメッセージ配信をしたい人は、Lステップのシナリオ配信を活用してみてください。

 

一緒に読みたい記事

セグメント配信

セグメント配信とは、友だちの属性や行動を分類し、興味のある人だけに配信を行う機能です。

 

LINE公式アカウントにもセグメント配信はありますが、分類できる属性(性別、年代、地域、OSなど)が限られます。

 

一方、Lステップのセグメント配信は、より細かく友だちを絞り込めます。

 

YouTubeから友だち登録した人
商品を購入した人
アンケートに回答した人

 

このように細かく条件を絞れるのがメリットです。

 

例えば、女性向けシャンプーのクーポンを発行したい場合「20代女性」「シャンプー購入履歴あり」など、特定の友だちにのみ配信できます。

 

興味のある人にだけに絞り込めるため、ブロック率低下や反応率アップが期待できます。

 

一緒に読みたい記事

回答フォーム

Lステップ 回答フォーム
回答フォームとは、アンケートや申込みフォームを作成できる機能です。

 

住所や性別、電話番号といった基本的な情報だけでなく、興味のあること、疑問に思っていること、質問したいことなどをヒアリングできます。

 

得た情報は、友だちごとにデータ保存も可能です。そのデータを元にグループ分けしたり、セグメント配信に利用したりと、さまざまな場面で活用できます。

 

一緒に読みたい記事

リッチメニュー

リッチメニューとは、トーク画面の下部に表示される固定メニューです。

 

問い合わせや販売促進に欠かせない機能で、さまざまなアプローチができます。

 

リッチメニューはLINE公式アカウントの機能ですが、Lステップを導入することにより、高い反応率を期待できます。

 

Lステップのリッチメニューは、友だちの属性によって表示を変更できます。

 

友だちをタグ付けしておけば「40代男性」「サービスを利用したことがある人」など、細かく分類して、リッチメニューを切り替えることも可能です。

 

その他にも、

 

タブ分け表示ができる
アクションに連動して切り替え
URLを開く
回答フォームを設置

     

    など、さまざまな設定ができます。

     

    友だちに合わせてリッチメニューを変更できるのは、Lステップの強みです。

     

    一緒に読みたい記事

    リマインダ配信

    Lステップ リマインダ配信


    リマインダ配信とは、ゴール日を設定し友だちにリマインドを行う機能です。

     

    リマインドとは「気づかせる」「思い出させる」という意味があります。

     

    お店の予約当日やセミナー開始日などを設定すれば、友だちに合わせてリマインダ配信をしてくれます。

     

    そのため、予約忘れやドタキャンを防ぐことができます。

     

    例えば、セミナーを開催するとします。

     

    • 3日前:セミナーの内容を再告知
    • 2日前:当日の流れを配信

    • 1日前:準備物の確認

     

    こういった感じで、リマインダ配信を自動化できます。

     

    Lステップは、予約した友だちに合わせてリマインダ配信してくれるので、一人一人の対応に追われずに済みます。

    自動応答

    Lステップ自動応答


    自動応答とは、あらかじめ設定しておいたキーワードを友だちが送信した際に、自動で返信してくれる機能です。

     

    友だちが入力するキーワード自動応答メッセージ
    予約予約はリッチメニューから承っております。
    時間営業時間は11時〜23時です。

     

    このように、想定されるキーワードを設定しておけば、個別に対応する時間を削減できます。

     

    人手が足りない場合や、営業時間外に対応したい人におすすめの機能です。

    予約管理機能

    予約管理機能とは、予約情報の登録や管理を一元化した機能です。

     

    予約管理機能のメリットは以下の3つです。

    1. 24時間受付
    2. 予約受付の人件費を削減
    3. 予約率のアップ

     

    予約を自動で受付してくれるため、人件費をかけることなくLINE公式アカウントの運用ができます。

     

    特に店舗を持つ美容院や整体、飲食店などで多く導入されています。

     

    一緒に読みたい記事

    オペレーター機能

    オペレーター機能とは、個別トークの管理画面を発行できる機能です

     

    例えば企業の電話窓口で、お客様の情報や履歴を確認するのをオペレーション管理と呼びます。

     

    Lステップのオペレーター機能を活用すれば、他のスタッフに必要最低限の情報と編集権限を付与できます。よって情報が外部に漏れるのを回避できるのがメリットです。

     

    スタッフに友だちとのコミュニケーションを任せれば、Lステップの運用が楽になります。

     

    友だちもLINE公式アカウントからの反応が良いと、信頼感を抱いてくれますからね。

     

    Lステップの運用をスタッフに任せたい人におすすめの機能です。

     

    一緒に読みたい記事

    Lステップの料金

    Lステップの料金プランは以下の通りです。

    Lステップの料金
    3つの料金プランがあり、配信数と機能によって分かれています。配信数や用途に応じてプランを選択しましょう。

     

    ちなみにLステップは初期費用が無料ですので、気軽に始めることができます。

     

    一緒に読みたい記事

    Lステップを使うメリット

    Lステップを使うメリットを紹介します。

    自動化によるコスト削減

    Lステップ 自動化によるコスト削減


    Lステップは、今まで手動で行っていた作業を自動化できます。

     

    メッセージ配信やチャット対応、予約管理などの時間コスト削減につながります。

     

    また友だちの属性を絞って配信できるため、配信コストを抑えたい人にもおすすめです。

    友だちの行動を分析できる

    Lステップでは、友だちの行動を分析できます。

     

    • どこから友だち登録したのか
    • どんなことに興味があるのか
    • 商品を何回購入したのか

     

    このようにデータが集まれば、反応率の良いメッセージ配信ができます。

     

    より精度の高いデータを収集したい場合は、アンケートなどでタグ付けして、友だちの情報を分析してみてください。

    反応率・売上アップにつながる

    Lステップ 反応率・売上アップにつながる

    友だちの情報が分かれば、反応率や売上アップにつながります。

     

    Lステップでは「20代女性」「商品購入歴あり」「Twitterから登録」など、属性を絞って配信ができます。

     

    興味のある人にだけ配信ができるため、全員に配信するより反応率が上がります。また配信数の削減やブロック率低下にも効果的です。

    Lステップ構築代行という働き方

    自分のビジネスを持っていなくても、「Lステップ構築代行」という働き方があります。

     

    Lステップ構築代行とは、クライアントに代わってLステップの構築を行う職種です。

     

    Lステップの構築だけでなく、リッチメニューのデザインやシナリオ執筆など、クライアントによって業務は異なります。

     

    Lステップ構築代行になるメリットは、自分の商品やサービスがなくても成り立つところです。クライアントと契約さえすれば、それが仕事になります。

     

    フリーランスになりたい人や副業を始めたい人は、Lステップ構築代行という道もおすすめです。

     

    一緒に読みたい記事

    まとめ

    今回はLステップの特徴や機能、料金プランを解説してきました。

     

    LINE公式アカウントやメルマガを運用している方は、ぜひ導入を検討してみてください。

     

    ちなみに今Lステップに申し込むと、以下4つの特典を受け取れます。

    Lステップ認定サポーターのスポットコンサルが1回無料
    初級から上級まで操作をマスターする活用セミナーが何回でも参加無料
    リッチメニューで使える画像を600種類以上プレゼント
    全プラン30日間無料

       

       

      働き方・生き方を変えたいあなたへ

      この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

       

      オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

       

      私たちの強みは、

      1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
      2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
      3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
      4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

      異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

       

      学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

       

      • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
      • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

      といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

      株式会社マネクルのセミナーの様子

      もしあなたが、

      働き方や生き方を変えたい!
      新たなスキルが欲しい!
      収入の柱を増やしたい!

       

      と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

       

      「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

       

      LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

       

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事