神経質な人に向いてる仕事10選!繊細さんが活躍できる職業とは?

神経質で仕事がうまくいかないと悩んでいませんか?

繊細で周りを気にし過ぎてしまう
細かい作業は得意なんだけど
神経質に向いてる仕事は?

このような悩みを持った人もいるでしょう。

 

筆者の私も神経質な性格で、些細なことが気になりがちです。

 

そこで今回は、私の経験談も踏まえつつ神経質な人に向いてる仕事を紹介します。

 

自分に合った仕事が分からないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

向いてる仕事が分からない繊細さんへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけになるかもしれません。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

神経質な人の特徴

まずは神経質な人の特徴を解説します。

几帳面でこだわりが強い


神経質な人は、几帳面でこだわりが強い面があります。責任感があり、与えられた仕事を完璧にこなせるのが特徴です。

 

ただし直さなくてもいい部分まで気になったり、他の人の仕事に不満を持ったりして、ストレスを抱える人も少なくありません。

 

またこだわりの強さが出すぎて、他人の気に触ることもあるようです。几帳面さはメリットですが、あまりにも気にし過ぎると仕事がうまくいかないでしょう。

ルールやマナーを遵守する

神経質な人はルールやマナーに忠実です。人の目を気にすることが多く、ルールを守って悪目立ちしないよう気を遣っています。

 

企業はルールやマナーを守れる人を求めているため、協調性のある人として評価してくれるでしょう。

HSP気質がある

その繊細さはHSPによるものかもしれません。

 

HSPとは、「Highiy Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略でとても敏感な人を意味しています。

 

周りの人を気にし過ぎたり、些細な言動で落ち込んだり、共感力が強かったりと、あらゆるものに敏感です。

 

その反面、芸術センスや五感に優れている部分があり、業界によっては活躍できるといわれています。

 

細かい気配りができる

神経質な人は、人の気持ちや反応に敏感です。自分がどう見られているか気になるので、相手をよく観察しています。

 

忙しい雰囲気を察してサポートに回ったり、困っている人をいち早く見つけたりと、細かい気配りができるのが特徴です。

計画立てて行動できる


神経質な人は、何事も計画立てて行動します。

 

なぜなら、物事の全体像を把握しておかないと不安な気持ちになるからです。仕事やプライベートでも計画を立ててから行動するため、周りからの信頼も厚くなります。

 

その反面、計画通りに進まないと嫌な気持ちになってしまうのがデメリットです。

潔癖症

神経質な人はきれい好きです。細かい部分まで掃除しないと気が済まない性格で、いつも身の回りが片付いています。

 

きれい好きの人は、職場でも重宝される存在です。ただし片付けに無頓着な人や汚い空間にいると気分を害してしまいます。

神経質な人の仕事の選び方

神経質な人はどんな仕事を選べばいいのでしょうか?
繊細な人向けに仕事の選び方を紹介します。

細かい作業があるものを選ぶ

神経質な人は、細かい作業を得意としています。そのため、細かい作業や業務のある会社と相性が良いでしょう。

 

ホームページを確認して「細かいサービス」「伝統を守る」など、細やかな仕事をしている会社を見つけてみてください。

 

もしくは、工場作業員や整備士、伝統工芸といった繊細な作業が必要な職種に就くのもおすすめです。

マニュアルがしっかりした会社を選ぶ


神経質な人は、ルールやマナーに忠実です。マニュアルがしっかりした会社なら、周囲に影響されることなく自分の作業に取り組めます。

 

例えば、事務員や清掃員、工場作業員などマニュアル通りに作業を行う職種がおすすめです。

女性が多い会社を選ぶ

女性は男性と比べて几帳面な傾向があります。大雑把な性格の人も少ないため、神経質な人でも働きやすいでしょう。

 

介護職や事務職、秘書などの職種は女性比率が高いため、興味のある人はチャレンジしてみてください。

ひとりでできる仕事を選ぶ

神経質な人は、対人の仕事は向いていません。周りが気になって仕事に集中できない人は、ひとりでできる仕事を選びましょう。

 

ひとりなら上司や同僚を気にする必要もありませんし、作業に黙々と集中できます。

 

WebライターやWebデザイナー、プログラマーなどはひとりで作業することが多く、フリーランスになれば完全在宅で仕事ができます。

 

ひとりで作業したい人は、IT系のスキルを身につけてみてください。

神経質な人に向いてる仕事

それでは、神経質な人に向いてる仕事を紹介します。

工場作業員

几帳面な人は手先が器用です。細かい部分までこだわりを持てるため、工場作業員に向いています。

 

特に同じ作業を繰り返すライン作業がおすすめです。ひとつひとつ丁寧に作業するスキルが必要とされるので、几帳面な人に取り組みやすいでしょう。

自動車整備士


自動車整備士は、車の点検や修理などを行う職種です。車の部品は細かく、ひとつでも違うと事故につながります。

 

神経質な人なら、細かい部分まで修理や点検ができ、安心して仕事を任せられます。

 

自動車が好きな人や機械いじりに興味のある人は、自動車整備士を目指してみてはいかがでしょうか。

バスの運転手

バスの運転手は、時刻表通りにバスを運転するのが仕事です。マニュアル通りに運行する業務なので、神経質な人に向いています。

 

またバスは多くの人が利用する交通機関です。

 

お年寄りや身体障害者など体の不自由な人への配慮も必要なため、周囲の変化に気付きやすい人におすすめ。几帳面で繊細な人でないと務まらない職種といえるでしょう。

経理事務

経理事務はお金を扱う仕事です。

 

正しい数字を入力し1円の誤差も許されません。神経質で几帳面な人なら細かいミスや間違いにも気付きやすく、精度の高い仕事ができます。

 

また数字が正しく処理できた時や、間違いがなかった時は達成感は感じられます。

 

ワークライフバランスも整った職種ですので、安定して働きたい人におすすめです。

秘書

秘書とは、社長や役員、教授など多忙な人をサポートする職種です。

 

スケジュール管理から電話対応、来客対応、事務、雑務まで幅広い業務を行います。神経質な人なら、ひとつひとつの仕事を漏れなくこなせるでしょう。

 

最近はオンライン秘書という働き方もありますので、自宅で仕事したい人にもおすすめです。

清掃員

清掃員とは、商業施設やビル、ホテルなどで清掃を行う職種です。細かい部分まで掃除するスキルが求められるので、神経質な人に向いています。

 

神経質な人は、少しでも汚れている箇所があると気になって仕方がありません。その敏感さを利用すれば、清掃員として活躍できるでしょう。

Webライター


Webライターとは、Web上にある記事を執筆する仕事です。この記事もWebライターである私が執筆しています。

 

Webライターは、マニュアルを遵守しながら誤字脱字のない文章を書かなければなりません。

 

神経質な人なら細かいミスにも気付きやすく、品質の高い文章を書けるでしょう。

 

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインやコーディングを行う職種です。

 

華やかなイメージがありますが、日々の業務は地味で0.1ミリの誤差や数%の色味の違いを検証し続ける繊細さが求められます。

 

私の友人のwebデザイナーは「几帳面過ぎる人でないと務まらない」と話していました。それだけ細かい作業を必要とする職種ですので、神経質な人に向いてるといえるでしょう。

 

プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてWebサービスやアプリを開発する仕事です。

 

プログラミング言語は少しでも間違えると、動作しなかったり故障につながったりする繊細なものです。

 

そのため、神経質で几帳面な人でないと務まらない職種。Webデザイナー同様に「神経質過ぎる人」が求められる傾向があります。

 

動画編集者


動画編集者とは、YouTubeや広告動画、PR動画などを編集する仕事です。YouTube市場が拡大し、動画編集者は人気の職種として注目を集めています。

 

業務では、カットする場所やテロップのタイミング、BGMの挿入など細かい作業が必要となります。

 

神経質な人なら細かい部分にも気を遣うことができ、スムーズに作業が進むでしょう。

 

繊細すぎるあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけになるかもしれません。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は神経質な人に向いてる仕事を紹介してきました。

 

「神経質」と聞くとマイナスなイメージがありますが、その繊細さを活かして活躍できる職種もあります。

 

ぜひ本記事を参考に、自分らしく働ける仕事を見つけてみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事