HSP4種類の特性や強みを解説|HSEやHSSはどう違う?

HSPは4種類あり、内向的な人だけでなく外向的な人もいます。

 

HSPの種類を知りたい
4種類の性格や気質は?
才能を仕事に生かしたい

 

HSPの人は、自分のタイプを知って仕事やプライベートをより良いものにしたいですよね。

 

そこで今回は、HSP4種類の特徴を徹底解説していきます。自分にどんな気質があるのか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

HSPで生きづらさを感じているあなたへ

HSPが原因で生きづらさを感じていませんか?

特に人生の1/3を占める仕事は、上手くいかないことも多いです。そんな時は働き方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけになるかもしれません。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

HSPとは

HSPとは
「Highiy Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で
とても敏感な人」を意味します。

 

HSPには「DOES」と呼ばれる4つの特性があります。

  • Depth of processing
    (考え方が複雑で、深く考えてから行動する)
  • Overstimulation
    (刺激に敏感で疲れやすい)
  • Empathy and emotional responsiveness
    (人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい)
  • Sensitivity to subtleties
    (あらゆる感覚がするどい)

とにかく周りに敏感で、些細なことにも傷つきますその反面、芸術センスや五感に優れた部分があり、特定の分野では活躍できるといわれています。

HSPの4種類をまとめて解説

HSPは以下の4種類に分類されます。

HSPの中には外向的で刺激を求める性質があるのをご存知でしょうか?

 

そこで、HSPの4種類の特性や性格を詳しく解説していきます。

HSP(内向型HSP)

HSP(内向型HSP)は、HSPの約70%を占めています。繊細で敏感な性質を持ち、HSPの中で最も内向的です。

 

また他のHSPも、内向型HSPの気質を持っており、性格の基盤となっています。

HSE(外向型HSP)

HSE(外向型HSP)は、「Highly Sensitive Extroversion」の略で、繊細ながら外向的な一面を持つタイプです。

 

人との交流を好み、リフレッシュにもつながりますが、些細な言動や行動にストレスを感じることもあります。

 

社交的ではあるものの、人との距離感を大切にしながら生きていくことが大切です。

HSS型HSP(刺激追求型HSP)

HSS型HSPは、HSPの約6%しかいない珍しい気質です。刺激を求めますが、外向的ではありません。

 

何かにチャレンジする、新しいことを知るという好奇心に溢れています。ただし刺激にストレスを感じ、燃え尽きてしまうことも。

 

HPSが環境に適応するために身につけたのがHSS型HSPといわれています。人と円滑にコミュニケーションできますが、ひとりの時間を作らないと疲れてしまうでしょう。

 

HSS型HSE(刺激追求・外向型HSP)

HSS型HSEは、外向的で刺激を求める気質を持っています。

 

HSPの中で最も活発で、リーダーシップが取れるのも特徴です。内向的なHSPよりも落ち込みにくいですが、ひとりの時間がないとストレスを抱えます。

 

また大半のHSEはHSS(刺激追求型)の可能性が高いといわれています。

HSPの治し方はある?


「HSPを克服したい」と感じている人も多いかと思います。

 

しかしHSPに治し方はありませんなぜならHSPは「生まれ持った気質」だからです。障害や病気ではなく性格のようなものなので、一生付き合っていくことになります。

 

だからといって落ち込む必要はありません。日本人の5人に1人がHSPといわれ、理解してくれる人も増えてきました。

 

またHPSを生かせる仕事は多く、今の仕事が合わないのなら転職するのもありでしょう。

 

HSPで働き方を変えた私の体験談

筆者の私は昔から内向的でHSS型HSPの気質を持っています。

 

人付き合いは苦手なものの、何かに挑戦することは好きです。しかし仕事では人との関わりがあるため、いつもストレスを感じていました。

 

大学卒業後は、典型的なブラック企業に会社に就職。パワハラは長時間労働は当たり前で、うつ病やストレス性胃腸炎、血尿などを発症しました。

 

そこで、ひとりでできる仕事に挑戦しよう考えます。そこで出会ったのがフリーランスという働き方です。

現在、私はWebライターとして働いており、在宅で仕事をしています。新しいことが好きな私にはぴったりの仕事で、人との関わりもほとんどありません。

 

また刺激を求めて、仕事しながら海外生活していた時期もあります。

 

HSPでも働き方を変えれば自分らしく輝けます。キャリアに悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね。

 

HSPで生きづらさを感じているあなたへ

HSPが原因で生きづらさを感じていませんか?

特に人生の1/3を占める仕事は、上手くいかないことも多いです。そんな時は働き方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけになるかもしれません。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

自分に当てはまるHSPの性質はありましたか?

 

自己理解を進めておけば、仕事やプライベートで困ることもありません。

 

ぜひ本記事を参考に、自分らしい生き方を実現してみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事