HSPに向いている仕事10選!感受性豊かな人の天職探し

感受性豊かなHSPの人は、仕事で働きづらさを感じているのではないでしょうか。

 

繊細すぎて仕事が続かない
HSPの仕事の探し方を知りたい
HSPに向いてる仕事ってあるの?

と仕事に対して不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

 

筆者の私もHSPであり、それが原因で転職を6回経験しました。現在は在宅ワークの仕事に転職し、ストレスのない生活を送っています。

 

この記事では私の経験も踏まえ、HSPの特徴や仕事探しのコツ向いている仕事を解説していきます。

 

HSPの人だけでなく、人間関係に悩んでいる人や生きづらさを感じている人は参考にしてみてください。

適職を知りたい繊細さんへ

HSPは繊細すぎる故に、仕事でうまくいかないことが多いです。

 

そんな時は、働き方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

HSPの4つの特徴


まずはHSPの人が持つ4つの特徴について解説をします。

Depth of processing(考え方が複雑で、深く考えてから行動する)

HSPの人は一を聞いて十のことを想像し、考えられます。そのため、お世辞や嘘を見抜く力に長けています。

 

また調べ物が得意で、好きなことはとことん調べ上げるほど探究心が強い傾向があります。

Overstimulation(刺激に敏感で疲れやすい)

HSPの人は刺激に敏感で、大きな音や人混みが苦手です。友達や家族と過ごしていても気疲れします。

 

また人の言葉に敏感で、些細な言動に傷つくことも珍しくありません。

Empathy and emotional responsiveness(人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい)

HSPの人は人の気持ちに敏感です。悲しんでいる人に寄り添える反面、怒っている人を見て気分が落ち込むこともあります。

 

また言葉を話せない子供や、動物の気持ちを察する能力にも長けています。

Sensitivity to subtleties(あらゆる感覚がするどい)

HSPの人は五感が鋭く、あらゆるものに反応しがちです。時計の音が気になったり、タバコの匂いが気になったりと、敏感な気質を持っています。

 

また第六感が働くため、直感力にも優れているといわれています。

HSPの仕事探しのコツ


続いてHSPの仕事探しのコツやポイントを紹介します。

強みを活かした職業を選ぶ

HSPは弱みがフォーカスされがちですが仕事に活かせる強みも持っています

 

  • 共感力が高い
  • 五感が鋭い
  • 危機管理能力がある
  • 芸術性に長けている

 

などHSPだからこそ活かせる能力があります。

 

例えば、五感の鋭さを活かして料理人やアーティストになったり、共感力を活かしてカウンセラーや相談員になったりと、HSPを活かせる仕事は多いでしょう。

弱みを理解しておく

HSP特有の弱みを理解すれば自分に合った仕事が分かります。

 

HSPの弱みをまとめると、

  • 周りが気になって疲れやすい
  • 匂いに敏感すぎる
  • 責任感が強すぎる

 

こういった点に注意しながら仕事を探しましょう。

 

周りが気になってしまうなら、ひとりでできる仕事や在宅ワークに切り替える。責任感が強すぎるなら派遣社員やバイトという選択肢もあります。

過去の経験を活かす

過去の経験を活かして仕事を選ぶことも大切です。

 

例えば、オフィスで集中できなかった経験があるなら同じ仕事を選ばない。

 

ひとりでもくもくとやる作業で集中できた経験があるなら同じような職種を選ぶ。

 

といった感じです。

自分が仕事をしてきた中で、得意なことや不得意なことは分かっているはずです。

 

それを参考にしながら仕事選びをしてみてください。

HSPは弱みを克服しなくてもいい

HSPは病気ではなく生まれ持った気質です。

 

そのため薬やカウンセリングで治るものではありません。だからこそHSPという特性と向き合いながら生きていく必要があります。

 

克服をしようと思って、苦手な環境に飛び込んだり、嫌な仕事をしても改善されません。

 

強みと弱みを理解して、自分らしく働ける天職を探していくことが大切です。

HSPに向いてる仕事

それではHSPに向いてる仕事を紹介していきます。

整体師・マッサージ師


整体師やマッサージ師は人の体をメンテナンスする仕事です。

 

手先の感覚で痛みや異常を察知するため、五感に優れたHSPの人に向いています。

 

マッサージ師は、視覚障害者でも取得できる資格です。それだけ指先の感覚が大切ということです。

 

また仕事もひとりのお客様を相手するので、大人数が苦手な人や騒がしい場所が苦手な人にもおすすめです。

カウンセラー

カウンセラーは、悩みを持った人や心の病を抱える人の相談やサポートする仕事です。

 

HSPの人は共感性に優れているため、人の気持ちに寄り添うことができます。相手に共感できれば心を開いてもらえ、仕事もスムーズに進むでしょう。

 

ただし、カウンセラーは先入観や私情に惑わされない強い意思が必要です。感情移入しすぎて冷静な判断ができない人には向いていません。

動物園・水族館の職員

動物園や水族館の飼育員は、動物のお世話や管理を行います。

 

動物の健康状態を記録し、わずかな変化も見逃さない洞察力が必要です。

 

そのため、共感力や直感に優れたHSPの人に向いている仕事といえるでしょう。

事務員


事務員は書類作成やデータ入力、電話対応をする職種です。

 

人に囲まれた環境ではありますが、一般的には「楽な仕事」に分類され、残業も少なくワークライフバランスも整えやすいでしょう。

 

そのため疲れやすいHSPの人でも長く働くことができます。

清掃員

清掃員やオフィスや施設の清掃をする職種です。

 

年齢や経験を問わず働ける仕事として、安定した人気を誇っています。

 

基本的にひとりで作業をするため、人と接するのが苦手な人やひとりが好きな人におすすめです。

図書館司書


図書館司書は、図書館で本の整理や貸し出し、利用者の管理を行う職種です。

 

図書館は静かな環境なので、騒音が苦手なHSPにおすすめです。また人と接する機会もそう多くなく、気疲れすることも少ないでしょう。

カメラマン

カメラマンは、メディアや雑誌に掲載する写真を撮影する職種です。

 

基本的なスキルも大切ですが、感性や五感も写真に反映されるため、芸術性に長けているHSPに向いているでしょう。

 

また仕事にもよりますが、ひとりで撮影をすることが多く、人間関係のストレスで悩むことも減ります。

プログラマー

プログラマーは、アプリやWebサイト、システムを動かすプログラミングを書いていく仕事です。

 

基本的にはひとりで作業をし、フリーランスになれば在宅で仕事ができます。

 

またIT業界は人手不足なので、案件が豊富な上に高単価というメリットも。

 

HSPでも高収入を狙いたいという人は、プログラマーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Webデザイナー


Webデザイナーとは、Webサイトのデザインや設計、バナーやロゴの作成、コーディングを行う職種です。

 

ひとりでコツコツと仕事をすることが多く、人間関係に悩みやすいHSPの人におすすめです。

 

またフリーランスになれば在宅で仕事ができるため、ストレスフリーな生活を送れるでしょう。

動画編集者

動画編集者は、YouTube動画や動画広告、PR動画などを作成する仕事です。

 

ひとりで作業するだけでなく、クリエィティブな仕事なので芸術性に長けたHSPに向いています。

 

こちらもフリーランスになれば在宅で働くことも可能です。

HSPに向いていない仕事

HSPに向いていない仕事も紹介します。

営業職

営業職は、自社の商品を売り込んで契約を結んでくる仕事です。

 

人と接する機会が多いだけでなく、厳しいノルマも課されます。

 

また営業職は体育会系の仕事でスピード感が求められるため、HSPの人は体力的にも精神的にも追い込まれてしまうでしょう。

飲食業


飲食業は、人と関わる機会が多く長時間労働が常態化している業界なので、HSPの人は疲れやすいかもしれません。

 

また作業量も多くスピード感を求められ、体力的にも精神的にも疲弊してしまうでしょう。

 

HSPの人は、寝ることが好き、もしくは寝すぎる人も多いため長時間労働の仕事は避けた方が無難です。

学校の先生

学校の先生は、勉強を教えるだけでなく、保護者の対応や書類作成、部活の指導など、仕事量が多い職種です。

 

HSPの人は、ストレスを抱え込みやすいため、学校の先生には向いていません。

繊細さんが仕事を続けるコツ

最後にHSPの人が仕事を続けるコツについて解説をします。

自分を責めすぎない

HSPの人は、周りの環境に適応できず仕事でミスをしてしまいがちです。

 

そのため、

自分はダメな人間だ
なんでできないのだろう
もっと根性があれば

と自分を責めてしまいます。

 

しかしHSPは、その人が持っている特性なので変えることができません。だからこそ、考えすぎず「自分の特性だから仕方ない」と受け入れる心を持ってください

 

私も昔は「自分は本当にダメな人間」だと思っていましたが、自分に合った仕事を見つけ「働く場所が違っていたんだな」と感じました。

 

そのためHSPの人は自分を責めすぎて落ち込まないようにしましょう。

周りの人に伝えておく

HSPの人はあらかじめ周りの人に伝えておくのも手です。

 

最近はHSPの認知度も高まり、理解してくれる人も増えました。

 

kufuraが20~40代の女性378人を対象にした「HSPの認知度」に関する調査では、HSPを知っている人の割合は62.7%。さらに「自分はHSPに当てはまると思う」と回答した人は37.6%にものぼりました。

 

徐々に認知度が高まってきているため「ちょっと落ち込みやすい体質なんで」「疲れやすいんで」と、周りに伝えておくのもいいでしょう。

自分なりのストレス解消法を覚える


HSPの人はストレスを溜め込みやすいので、自分なりのストレス解消法を覚えておきましょう。


ストレス解消法は自分に合った方法でないと効果がありません。

 

特にHSPの人は周りの環境に疲れてしまうことが多いので、

  • ひとりの時間を大切にする
  • 読書や映画を楽しむ
  • しっかり寝る

 

など自分自身をケアする方法を理解しておきましょう。

 

ただしひとりであっても、お酒を飲みすぎたり暴飲暴食をしたりするのは、かえってストレスを溜めてしまう原因になるので注意してください。

まずは自分について知ることが大切

HSPは繊細すぎる故に、仕事でうまくいかないことが多いです。

 

そんな時は、働き方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題あなたの働き方を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はHSPの特徴や仕事探しのコツ、おすすめの職種を解説してきました。

 

HSPの人は、まず自分にどんな特性があるのか知ることが大切です。

 

それを突き詰めていけばきっとあなたに合った仕事が見つかるでしょう。

 

それでは本記事を参考に、自分らしく働ける仕事を見つけてみてくださいね。

 

一緒に読みたい記事

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

1、オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)

2、各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる

3、専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる

4、横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

・転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
・隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

 

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、
働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事