自分の強みの見つけ方|10の質問で長所を見つけよう

自分の強み(長所)を見つけて就職や転職に活かしたい人もいるでしょう。

 

しかし、

自分の強みがわからない
弱みならいくらでもあるのに
強みの見つけ方を知りたい

と自分の強みを見つけられない人も多いです。

 

実際に強みと聞かれてもパッと思いつく人は少ないでしょう。

 

そこで今回は自分の強みがわからない理由や強みの見つけ方を解説します。

 

自分の強みを活かして活躍をしたい人はぜひ参考にしてみてください。

自分の強みがわからない人へ

自分の強みを知れば向いている仕事が見えてくるでしょう。

 

そして私たちは、起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題強みを仕事にできるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

自分の強みがわからない2つの理由

自分の強みがわからない理由は以下の2つです。

  • 自分を客観視できていない
  • 強み(長所)をずば抜けた才能だと勘違いしている

順番に解説していきます。

自分を客観視できていない

強みがないという人の多くが自分を客観視できていません。

 

素晴らしい強みがあったとしても、当たり前にできてしまうが故に、気づけないことが多いです。

 

また自分を客観視できない人は、能力が低いということも分かっています。

アメリカのコーネル大学の「正しい自己評価」についての研究を例に出します。

 

この研究では、とある試験のあとに「自分の成績はどの程度か」と学生に自己評価をさせました。

 

すると下位25%にいる学生は「良い出来だったので上位に入りそう」と回答。

 

逆に上位の学生は「手応えがないので努力が必要」という人の割合が多い結果となりました。

 

この研究から、能力の低い人ほど自分を過大評価することが分かったのです。

 

自分を客観視できれば強みが見つかるだけでなく、仕事にも良い影響を与えます。

 

後ほど自分を客観視しながら強みを見つける方法を解説しますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

強み(長所)をずば抜けた才能だと勘違いしている

「強み」と聞くと、人よりずば抜けた才能だと感じている人もいるかと思います。

 

しかしハードルを上げてしまうと、自分の強みにフタをしてしまいます。

 

また企業が知りたい「強み」とは、特別な才能ではなく、自分が持っている能力の中で一番優れているものです。

 

他人と比べて優れているものだと勘違いしている人もいますが、そこを履き違えないように注意しましょう。

自分の強みの見つけ方5つ

それでは自分の強みを見つける方法を紹介します。

過去の成功体験を探る


自分が過去に成功したことや、褒められたこと、評価されたことを思い出してみましょう。

 

それを追求していくと自分の強みが見えてきます。

 

例えば、

  • 生徒会で行事を取り仕切った → 責任感、協調性
  • 人とすぐに仲良くなる → コミュニケーション能力、気配りができる
  • 小学校から大学まで野球をしていた → 継続力、忍耐力

など周りの人から評価された経験から強みを探ることができます。

 

些細なことでも強みになりうるので、ぜひ過去の体験を思い返してみてください。

短所から長所を探る

「短所は長所の裏返し」という言葉があるように、弱みから強みを探すこともできます。

自分の弱みならいくつか思いつきませんか?

 

その弱みの捉え方を変えれば長所になり得ます。

 

私の弱みを例に挙げると、

  • 人の目を気にし過ぎる(悩みやすい
    →人の気持ちに寄り添える(共感力
  • 周りの意見を聞かずに突き進む(頑固
    →自分の軸がブレない(芯がある
  • 切羽詰まらないと行動しない(危機感がない
    →ここぞという時に集中できる(行動力

このように別の視点から見ると弱みが長所になります。

 

弱みの数だけ強みがあるので、まずは自分の弱みを洗い出してみてはいかがでしょうか。

家族や友人に聞いてみる

強みは自分では気づけないものです。

 

そんな時は家族や友人に聞いてみるのもひとつの手です。

 

あなたも仲の良い友人の良いところはパッと思い付くと思います。それと同じで、自分の周りにいる人は、あなたの良さに気づいています。

 

できれば強みに関するエピソードやそう思った出来事を聞いておくと、面接やES対策で役立ちます。

情熱を持って取り組んだことを思い出す


これまで情熱を持って取り組んだことや、より多くの時間をかけてきたものは、間違いなく強みです。

 

私の場合だと、会社を辞めてライターとなり、時間と場所に囚われなくなったため東欧のポーランドで海外生活をした経験があります。「自由になりたい願望」が強く、会社を辞めて誰よりも行動しました。

 

友達からは「行動力ありすぎ」と言われ、間違いなく強みだと思っています。

 

誰しも、何かに熱中したことや、情熱を持っていたことはあるので、それを思い返して強み探しの参考にしてみましょう。

強みを活かして働きたいあなたへ

自分の強みを知れば向いている仕事が見えてくるでしょう。

 

そして私たちは、起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題強みを仕事にできるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は自分の強みがわからない理由と強みの見つけ方を解説してきました。

 

自分を客観視できれば、強みが分かるだけでなく仕事にも生かせるでしょう

 

それでは本記事を参考に、自分の強みを見つけてみてくださいね。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

1、オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)

2、各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる

3、専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる

4、横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

・転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
・隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

 

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、
働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事