シングルマザーにおすすめの仕事7つ|シンママの賢い働き方も解説
考えている主婦
子育てと無理なく両立できる仕事がしたい
考えている主婦
仕事と職場選びに悩む...
考えている主婦
シングルマザーにおすすめの仕事や働き方はありますか?

 

子育てが忙しく、限られた時間の中で働かなければならないシングルマザーにとって、仕事や働き方選びは非常に重要です。

 

子育てと両立しやすく、生活とある程度の貯蓄をしていける収入が得られる、バランスの取れた仕事は何があるのでしょうか?

 

今回はシングルマザーにおすすめの仕事と、賢い働き方を紹介します。

シングルマザーはみんな仕事なにしてる?

シングルマザーの人の仕事

厚生労働省が発表する「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、シングルマザーの雇用形態は以下の割合です。

 

シングルマザーの雇用形態
  • 正社員:44.2%
  • 派遣社員:4.6%
  • パート:43.8%

 

正社員かパートで働いている人に、ほぼ二分化されていることがわかります。

 

また仕事内容は、事務やサービス業、専門職(介護士や保育士など)の割合が多いです。

シングルマザーは「正社員・派遣・パート」どの働き方がいい?

シングルマザーは「正社員・派遣社員・パート」どの働き方がいいのでしょうか?

 

それぞれの働き方のメリット・デメリットをみてみましょう。

正社員で働くメリット・デメリット

まずは正社員で働くメリット・デメリットから解説します。

正社員で働くメリット

シングルマザーが正社員になるメリット
正社員で働くメリットは、なんと言っても安定感でしょう。

 

今は「正社員なら絶対に安泰」という時代ではありませんが、それでも他の雇用形態に比べると、安定感があると言えます。

 

また、時短勤務が可能な環境であれば、安定と時間の両方が得られるのは大きな魅力です。

 

正社員で働くデメリット

正社員で働くデメリットは、シングルマザーが働きづらい環境もあることです。

 

時短勤務制度の導入は義務ですが、時短勤務が機能している会社ばかりではありません。

 

会社によっては制度が形骸化していて、時短勤務を申告できずに退職する人もいるのが現実です。

 

また、もし時短勤務ができて、8時間から6時間勤務になった場合、給与は25%減額となります。

 

つまり、フルタイムで額面が月20万円だった場合、額面は月15万円になり、手取りは12万円程度となります。また同様に、賞与の支給額も減額されます。

 

フルタイム時は残業代もあった人では、月に10万円近く変わるでしょう。正社員とは言え、収入的に厳しい場合もあります。

派遣社員で働くメリット・デメリット

次に、派遣社員で働くメリット・デメリットを解説します。

派遣社員で働くメリット

派遣社員で働くメリットは、時給が高い仕事が多いことです。

 

派遣社員の時給は全国平均で1,200円〜1,300円とされており、職種や場所によっては1,500円を超えることもめずらしくありません。

 

経験や専門性によっては、時給2,000円を超える仕事もありますからね。

 

15時や15時半まででOKの仕事もあり、きちんとシフトももらえるので、収入と時間のバランスがいいと感じる人は多いでしょう。

 

また、企業との直接雇用を前提とした紹介予定派遣であれば、派遣から正社員を目指すことも可能です。

派遣社員で働くデメリット

派遣社員のデメリットは、フルタイム案件の方が多く、シングルマザーには時間的なハードルがあることです。

 

また、長期雇用が前提でも、状況が変わって突然人員縮小になることもあります。

 

正社員なら部署異動で調整されるところ、派遣だと契約終了になってしまうため、振り回されてしまう可能性があります。

パートで働くメリット・デメリット

パートで働くメリット・デメリットも解説します。

パートで働くメリット

シングルマザーがパートで働くメリット
パートで働くメリットは、家のすぐ近所で仕事を探せること、シフトの融通が利きやすいこと、社員に比べて責任が重くないことなどが挙げられます。

 

仕事内容や職場環境より、時間効率が優先の人に向くでしょう。

 

一緒に読みたい記事

パートで働くデメリット

パートのデメリットは、時給がそこまで高くないこと、そして毎週安定したシフトになるとは限らないので、収入面に不安があることでしょう。

 

あとは、福利厚生が弱い点もデメリットと言えます。

 

パートも6ヶ月以上勤務するといった所定の条件をクリアすると、有給休暇が取得できることが法律で定められています。

 

しかし、小さな会社だとパートに有休があることを知らなくて、福利厚生が受けられないこともあります。

シングルマザーは資格を取得した方がいい?

考えている主婦
資格を取得して、専門職に就いた方がいいのでは?

 

と考えるシングルマザーは少なくありません。

 

やりたい仕事が明確で、勉強時間の確保が可能であれば、資格取得を目指すのはいいでしょう。

 

ただ、資格取得には金銭的にも時間的にもコストがかかりますし、世の中資格がなくてもできる仕事はたくさんあります。

 

資格不要でできる仕事も踏まえて、本当に資格取得をするべきなのか判断しましょう。

 

次からはシングルマザーにおすすめの働き方と仕事を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シンママの賢い働き方は「フリーランスで在宅ワーク」

シングルマザーにおすすめの働き方は、フリーランス(個人事業主)になり、在宅ワークをすることです。

 

おすすめの理由は以下の通りです。

  • 通勤時間ゼロ
  • 子どもが急に体調が悪くなってもすぐ対応できる
  • パソコン仕事が基本なので体力的に続けやすい
  • 資格不要でできる仕事が多い
  • 人間関係のストレスが少ない
  • ママさんフリーランスも多く、慣れてる企業が多い

 

納期に合わせて制作物を納品すればOKの仕事であれば、働く曜日や時間は自由なので、「今日は休みたい」といちいち連絡する必要もありません。

 

パソコン仕事に抵抗がある人はハードルを感じるかもしれませんが、条件的にはかなり魅力的な働き方ではないでしょうか。

 

一緒に読みたい記事

シングルマザーにおすすめの仕事7つ

シングルマザーにおすすめの仕事を紹介します。

 

なお、ここで紹介する仕事は、すべてフリーランスで在宅ワークが可能です。

1. 事務

事務はデータ入力や書類作成といった仕事です。

 

ルーティーンワークも多くて1日の流れを把握しやすく、基本的に残業はないため、子育てと両立しやすいでしょう。

 

文字入力やWord・Excelの基礎的な操作ができれば仕事はこなせるので、特別なパソコンスキルは不要です。

 

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の資格が必要と思われている人もいますが、資格がなくても問題なくできます。

 

一緒に読みたい記事

2. 人事

人事は求人票の作成や応募者対応、オンライン面接などをする仕事です。

 

今は在宅ワーカーを採用する企業が増えているので、オンライン人事の需要も増えています。ちなみにオンライン人事は、ママさんワーカーが多く活躍しています。

 

面接が入るとどうしても時間の縛りは出ますが、毎日面接に追われることはありませんし、夜間や土日の対応も基本ありません。

 

筆者は過去に人事もしていましたが、1度流れを掴めば自分のペースで働きやすい仕事です。

3. カスタマーサポート

シングルマザーがカスタマーサポートをしている様子
カスタマーサポートは、商品やサービスへの問い合わせに対応する仕事です。

 

対応方法は電話、メール、チャット、LINEなどがあり、企業によって異なります。

 

パソコンは文字入力ができればOKなので、パソコンスキルに自信がない人でも始めやすい仕事と言えるでしょう。

4. Webデザイン

Webデザインは、Webサイト、LP、バナー、サムネイル画像など、Web上にあるさまざまなものをデザインする仕事です。

 

考えている主婦
Webデザインは専門学校を出てないとできないのでは?
考えている主婦
資格が必要でしょ?
考えている主婦
イラスト描けないし...

 

仕事をする上での知識とスキルは当然必要ですが、専門学校を出ていなくても、資格がなくても、イラストが描けなくてもできます。

 

産休中や育休中にスキルを学んで、Webデザイナーになる主婦の方も多いんですよ。

 

一緒に読みたい記事

5. Webライティング

Webライティングは、この記事のようなWeb上にある記事制作をする仕事です。

 

記事を納期までに提出すればOKなので、働く時間や曜日に縛りが出ないのが最大の魅力です。

 

ライティングも知識やスキルは必要ですが、作業自体は文字入力ができればOKなので、特別なパソコンスキルは不要です。

 

黙々と作業するのが苦にならない人には向くでしょう。

 

一緒に読みたい記事

6. 動画編集

動画編集の画面
動画編集は、YouTube動画や企業のプロモーション動画などを制作する仕事です。

 

動画編集にはスキルとそれなりのスペックのパソコンの準備が必要ですが、できるようになれば、自分発信のコンテンツ制作がしやすくなるのは魅力です。

 

考えている主婦
動画編集は男性が多そう

 

と思われるかもしれませんが、女性の編集者も結構いるんですよ。

 

一緒に読みたい記事

7. Lステップの構築代行

Lステップとは、LINE公式アカウント(LINEのビジネス用アカウント)で使うマーケティングツールのことです。

 

Lステップを利用するにはシステム構築が必要なのですが、この構築がうまくできない人が多く、代わりに構築をする仕事の需要が今急激に伸びています。

 

女性の構築代行者も多く、子育て中のママさんも活躍しています。

 

一緒に読みたい記事

在宅ワーク探しにおすすめのサイト3つ

在宅ワーク探しは、在宅ワークに特化した求人サイトの利用がおすすめです。

 

  1. ママワークス主婦のための在宅ワークを紹介するサイト
  2. Reworker主婦のための在宅ワークを紹介するサイト
  3. クラウドワークスフリーランス案件探しの定番サイト

 

上記サイトで探せば何かしら見つかると思うので、ぜひ活用してみてください。

まずは自分に合った仕事を知ろう

シングルマザーが働けるベストな条件
さまざまな仕事を紹介しましたが、何が自分に合っていて、どのようにスキルを身につければいいのかピンとこない人もいるでしょう。

 

そんなあなたには、起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学に参加することをおすすめします。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。女性に人気のWebデザインや動画編集、Lステップについて学べる講座もあります。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回はシングルマザーにおすすめの仕事と、賢い働き方を紹介しました。

 

今はフリーランスで在宅ワークをするという選択も当たり前になっていて、シングルマザーにはいい意味で選択肢が多い時代です。

 

何事もやる前から「自分には無理」と決めつけず、まずは挑戦してみましょう。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事