人間関係がめんどくさいと感じるときの対処法6つ|NG行為も解説
人間関係がめんどくさい...
ストレスが溜まりすぎてつらい...
人付き合いがめんどくさいから1人になりたい

 

大人になるにつれて、人間関係がめんどくさいと感じることが増えますよね。

 

円満な人間関係を築くためには、我慢したり合わせたりするしかないのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

この記事では、めんどくさい人間関係をラクにするための対処法を紹介します。

「職場の人間関係がめんどくさい...」そんなときは

 

退職理由ランキングで常に上位に位置するのが「職場の人間関係の問題」です。仕事は好きで待遇が良くても、人間関係が原因で続かない人は本当にたくさんいます。

 

その煩わしさを解消するひとつの方法が、フリーランスになって、自由に自分らしく働ける道に進むことです。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

人間関係がめんどくさいと感じるとき


人間関係がめんどくさいと感じるのはどのようなときでしょうか?
職場の人付き合いとプライベートの人付き合いに分けて解説します。

職場の人付き合い

まずは職場の人付き合いがめんどくさいと感じるときを紹介します。

上司のご機嫌取りをしないといけないとき

ご機嫌取りが必要かどうかは上司の人柄によりますが、ご機嫌取りするかしないで仕事のしやすさが全然違ってくる上司はいます。

  • ヨイショしないといけない
  • 超絶つまらない冗談に付き合わないといけない
  • いいリアクションを取らないといけない

好きでもない相手にやるにはどれも相当めんどくさいですよね。

接待に参加するとき

接待も相手と場の雰囲気によってめんどくささの度合いが大きく異なりますが、相手がお酒と夜遊びが好きなタイプだとかなり面倒です。

 

また、相手側がそこそこ重役だと、こちら側の上司が気を張ってピリピリしてめんどくさくなるパターンもあります。

同僚がめんどくさいとき

苦手な同僚からなぜか好かれて、仕事終わりやプライベートにしつこく誘われるような展開もかなりめんどくさいです。

 

今だとSNSのアカウントをフォローし合うことになり、プライベートの投稿にいちいちリアクションされて、めんどくささ倍増に感じるときもあるでしょう。

 

部下や後輩を指導するとき

部下や後輩を持つのは、自分の成長にも役立ついい機会です。

 

ただ仕事上、注意したりプレッシャーをかけたり、本当は言いたくないことを言わなければいけない場面もあります。

 

相手も人間なので、嫌な顔をすることもあれば、反発してくることもあります。指示するのも気を遣うので、1人の方が気楽でいいと思うときもありますよね。

悪口や愚痴を聞かされているとき

悪口や愚痴も共感できるものであれば、笑い話にできたり結束が強くなるキッカケになったり、いい側面もあります。

 

しかし、自分に関係ないよくわからない話を聞かされる時間はつらいですよね。飲みに行って遅くまで悪口や愚痴を聞かされるはめになれば、めんどくさいと感じるでしょう。

噂が一人歩きしているとき

自分の知らないところで噂が一人歩きしているときも、めんどくさいと感じます。

 

たまたま帰りのタイミングが一緒になったのを見ただけで「あの2人はデキてるに違いない」と言うような人っていますからね。

 

根も葉もないネガティブな噂話ならうんざりするでしょう。

プライベートの人付き合い

次にプライベートの人付き合いがめんどくさいと感じるときを紹介します。

友達がマウンティングしてくるとき


収入や恋人の話、休日の過ごし方などでマウンティングをしてくる人と関わるときはかなりめんどくさいです。

 

こう言ってほしいんだろうなと思う回答をしてる時間は、早く帰って1人になりたいと思いますよね。

 


嫉妬されたとき

マウンティングとは逆に、嫉妬されるのもめんどくさいです。

 

自分からは自慢など何もしていないのに「お前はいいよな」と一方的に妬まれるのもしんどいですよね。

集団行動を強いられるとき

 

何をするにもどこに行くにも一緒というのが苦手な人には、強い集団意識を求められるのはかなりめんどくさい感覚です。

 

関わりたいときだけ関われればいいと思う人にとっては、疲れて仕方ありません。

 

人間関係がめんどくさいと感じる理由

人間関係がめんどくさいと感じるときについて紹介しましたが、その理由は何なのでしょうか?

 

めんどくさいと感じる理由を認識した上で、対処法をみていきましょう。

我慢しないといけない


人間関係には立場や集団の強さがあるので、自分の主張が通らず、我慢しないといけない場面はたくさんあります。

 

自分ばかり我慢することが多いと、1人の方が気楽でいいと感じるわけです。

自然体でいれないから

他人の目や評価を人一倍気にしてしまう性格の人は特に、自分らしくいれない自分が嫌で、人間関係がめんどくさくなる人が多くいます。

 

他人に合わせて、嫌われないような振る舞いばかりしていたら疲れますよね。

言い訳を考えないといけない

例えば予定がない日に誰かに誘われたけど、今日は家で1人ゆっくり過ごしたくて断りたいときってありますよね。

 

一言パスすると言って済むならいいですが、それっぽい言い訳がないと断りづらい相手もいます。

 

「それなら仕方ないね」と言われる理由をいちいち考えるのも、人間関係がめんどくさいと感じる理由です。

人間関係がめんどくさいと感じたときの対処法6つ

人間関係がめんどくさいと感じたときの対処法は以下6つです。

  • 極力関わらない
  • 無理に好かれようとしない
  • 自分の意見を正直に言う
  • プライベートを充実させる
  • 相手のいいところを見つける
  • 生活環境を変える

順番にみていきましょう。

極力関わらない

基本ですが、めんどくさい人や集まりには極力関わらないようにしましょう。

 

2人で会ったり連絡をとったりするのはもちろんのこと、めんどくさいと感じる相手がいる集まりには参加しないなど、とにかく接触機会を減らすのがオススメです。

 

そうすればめんどくさいと感じることは当然減ります。

無理に好かれようとしない

あなたは「2:7:1の法則」というものをご存知でしょうか?

 

あなたの周りに10人いたとき、人間関係は以下のような割合になるとされています。

2人は、自分の言動に無条件で肯定的な人(気が合う人)
7人は、その時の状況や気分で変わる人(どちらでもない人)
1人は、自分の言動に無条件で否定的な人(気が合わない人)

つまり、どう接しても合わない人は一定数いるということです。

 

誰からも好かれようとする必要はありません

自分の意見を正直に言う

良くも悪くも、自分の意見を正直に言えるとかなりラクになります。

  • 好き/嫌い
  • 行きたい/行きたくない
  • 面白い/面白くない

例えばみんながある企画についてすごくネガティブ評価をしているけど、自分は良いと思ったと正直に言えるような、少数派になることを恐れず、自分の意見を言いましょう

 

それによって自然体で過ごせるようになります。

プライベートを充実させる

めんどくさい人間関係を忘れ、ストレス発散するには、プライベート時間の充実が欠かせません。

 

趣味などでプライベートが忙しければ、めんどくさい人や集まりに誘われても断りやすいですからね。

 

暇を持て余している人は、趣味探しをしてみてはいかがでしょうか。

 

相手のいいところを見つける


人間印象の生き物なので、1度めんどくさい、苦手と思うと、相手の嫌なところばかりが際立って目に付くようになってしまいます。

 

もしかしたら、たまたま相手の嫌な一面を見てしまっただけかもしれません。

 

個人でいるときと集団でいるとき、会社にいるときとプライベートでいるときで印象が変わる人も多いですからね。

 

先入観を捨てて、いいところを見つけるつもりでいろんな角度から見てみるのもひとつの手です。

生活環境を変える

人間関係があまりにもめんどくさくてしんどい場合、生活環境を変えるのがオススメです。

 

筆者は20代後半で会社を辞めて、そこから数年海外生活をしましたが、それくらいガラッと環境を変えられるとかなりスッキリします

 

今はリモートで仕事ができる時代なので、今の仕事や住環境にこだわりがない人は、すべて手放してみるのもいいでしょう。

 

人間関係がめんどくさいと感じたときのNG行為

いくら人間関係がめんどくさくて、どうなってもいいと感じたとしても、取るべきではない行動はあります。

 

余計にめんどくさい展開にならないよう、気をつけたいNG行為について解説します。

支障が出る避け方をする

以前職場の同僚が、他のメンバーのことをあまりにも嫌すぎて、何か確認事項があるときは筆者や誰か近くにいる人を経由して確認する状況がありました。

 

これでは仕事が円滑に進みませんし、頼られる側もいい迷惑です。

 

会話が必要な場面も避けるようでは大人の対応とは言えません。

感情的になる

よっぽど失礼がない限り、感情的になるのはやめましょう。感情をコントロールできない人は、自分自身が誰よりもめんどくさい人になってしまいます。

 

人の怒りの感情のピークは6秒とされているので、深呼吸してやり過ごして、冷静な状態で自分の思いを伝えるよう心がけましょう。

陰口を言う

気心知れた仲間内での話ならまだしも、それ以外のコミュニティで陰口を言うのは危険です。

 

裏表が激しい、腹黒いと思われると自分が損をします。相手の評判を下げるような行為はやめましょう。

良好な人間関係を築くためにできること


良好な人間関係を築くためにできることを紹介します。

最初に自然体で接する

1度自分のイメージが定着してしまうと、素の自分を出しづらくなりますよね。

 

人間関係は最初が肝心です

 

無理に好かれようとしない、自分の意見を正直に言うといったスタンスは、なるべく早い段階でやりましょう。

 

コミュ力を鍛える

コミュ力が乏しいために、人間関係がめんどくさく感じる自覚がある人は、コミュ力を鍛えましょう。

 

「コミュ力がある人=明るくて話すのが得意な人」という印象があるかもしれませんが、生まれ持った明るさがなくても、コミュ力の高い人にはなれます。

 

適度な距離感をとる

家族や恋人のような身近な人でさえ、距離感が近すぎるとめんどくさいと感じるよう、人間関係には適度な距離感が必要です。

 

合わない人にはなるべく自分のプライベートの話をしたり、SNSアカウントを教えたりしないことをオススメします。

どうしても人間関係がめんどくさいときは

職場の人間関係にお悩みの方は、フリーランスになって、自由に自分らしく働ける道に進むことをオススメします。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

人間関係がめんどくさいと感じるときの対処法についてまとめました。

 

人付き合いのある環境にいる以上、人間関係は切り離せません。

  • 自分らしく生きれるよう関わり方を工夫する
  • 自分らしく生きれるよう生活環境を変える

自分に合った選択をして、ストレスの少ない生活を実現しましょう。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「IT社長養成学校」が提供しています。

 

IT社長養成学校とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事