HSP(繊細さん)とは?特徴や種類、向き合い方を解説

HSP気質があり、生きづらさを感じている人も多いのではないでしょうか。この記事を読んでいる人の中には、自分がHSPなのか、単純にメンタルが弱いのか、分からない人もいると思います。

自信がない顔
HSPの特徴を知りたい
自信がない顔
セルフチェックをしたい
自信がない顔
生きやすくなりたい

このような疑問を持った人もいるでしょう。

 

筆者の私もHSP気質があり、多くの悩みを抱えて生きてきました。そこでこの記事では HSPの特徴やおすすめの働き方を解説します。 HSPのセルフチェックができる診断テストもご用意しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

HSPで生きづらさを感じているあなたへ

HSPの特徴やおすすめの働き方
HSPの人は、仕事の人間関係で悩むことが多いです。できれば、周りを気にすることなく働きたいですよね。

 

そんな時におすすめなのが、在宅勤務できるスキルを身につける方法です。

 

私たちは在宅勤務や副業に必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの生き方を変えるきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断テストもできますので、ぜひ LINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

HSPとは

HSPとは、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が提唱している心理的な気質です。「繊細さん」とも呼ばれ、細かいことが気になり、感受性が豊かな性質を持った人のことを指します。

 

日本人の5人に1人はHSPといわれており、最近はテレビでも取り上げられるようになりました。

 

そしてHSPは4つの特徴を持っています。

Depth of processing(考え方が複雑で、深く考えてから行動する)

HSPの人は、想像力が豊かで、深く考える癖があります。一を聞いて十のことを想像できますが、考えすぎて悩んでしまうことも。また好きなことへの探究心が強く、調べ物が得意な人も多いです。

 

Overstimulation(刺激に敏感で疲れやすい)

HSPの人はあらゆる刺激に敏感です。音や匂いが気になりやすく、大きな音が出る場所や人混みが苦手です。家族や仲の良い友達と過ごしていても、気疲れすることがあります。

 

Empathy and emotional responsiveness(人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい)

HSPの人は人の気持ちに敏感です。悲しんでいる人をみて共感したり、表情や仕草で感情を読み取ったりできます。

 

Sensitivity to subtleties(あらゆる感覚がするどい)

HSPの人は五感が鋭く、あらゆるものに反応します。小さな音が気になったり、人の体臭で気分が悪くなったりと、敏感な気質の持ち主です。また第六感が働くため、直感力にも優れています。

HSPのセルフチェック(診断テスト)

自分がHSPなのか調べたい人もいると思います。そこでHSPかどうか判断する簡単なチェックリストをご用意しました。

引用:ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

□ 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

□ 他人の気分に左右される

□ 痛みにとても敏感である

□ 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる

□ カフェインに敏感に反応する

□ 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

□ 豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい

□ 騒音に悩まされやすい

□ 美術や音楽に深く心動かされる

□ とても良心的である

□ すぐにびっくりする(仰天する)

□ 短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう

□ 人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)

□ 一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ

□ ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける

□ 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

□ あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる

□ 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

□ 生活に変化があると混乱する

□ デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

□ 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

□ 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

□ 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた

 

以上の項目の内、12個以上当てはまる場合は、HSPの可能性が高いでしょう。

HSPの種類

HSPには4種類の気質があるといわれています。内向的な人だけでなく、外向的な人もいるのが特徴です。

 

そこでHSP4種類の特徴をまとめてみました。

HSP(内向型HSP)

HSP(内向型HSP)は、HSPの約70%を占める気質です。繊細で敏感な性質を持ち、HSPの中で最も内向的といわれています。

 

HSE(外向型HSP)

HSE(外向型HSP)は、繊細ながら外向的な面もある気質です。人とのコミュニケーションも好きで、一見するとHSPには見えません。しかし人の言動や行動にストレスを感じてしまいます。社交的ですが、傷付きやすいのがHSEの特徴です。

 

HSS型HSP(刺激追求型HSP)

HSS型HSPは、HSPで約6%しかいない珍しい気質です。刺激を求めますが、外向的な性格ではありません。何かにチャレンジしたり、新しいことを始めたりする好奇心を持っています。コミュニケーションもできますが、基本的にはひとりの時間を大切にしています。

 

HSS型HSE(刺激追求・外向型HSP)

HSS型HSEは、外向的で刺激を求める気質です。非常に活発な性格で、リーダーシップも取れるのが特徴。多くのHSEはHSS(刺激追求型)の可能性が高いといわれています。

 

HSPを治す方法はある

HSPを治す方法はある
「HSPを改善したい」と感じている人もいるでしょう。しかしHSPには治し方がありません。

 

HSPは「生まれ持った気質」であり、病気や障害のようなものではないからです。

 

だからといって落ち込む必要はありません。HSPは性格や気質なので、上手く付き合っていけば、問題なく生活ができます。またHSP特有の強みを活かせば、仕事で活躍できるチャンスもあるでしょう。

繊細さんが抱える悩みとは?

HSPの人は、どんなことに悩んでしまうのでしょうか。

 

繊細さんが抱えがちな悩みをいくつか紹介します。

周りに敏感すぎて疲れる

HSPの人はあらゆることに敏感です。人の言動や行動だけでなく、音や匂いなどの環境にも左右されます。

  • 悲しそうな人を見ると自分もネガティブになる
  • 人混みの音と匂いで体調を崩す
  • 上司に怒られたことをずっと引きずる

    このように、敏感すぎてストレスを抱えてしまいがちです。

    逃げ癖がつきがち

    HSPの人は、仕事のストレスが絶えません。そのため逃げ癖が付く人も多く、転職回数が増えてしまいます。

     

    しかし、仕事や人間関係が辛ければ逃げてもかまいません。ただし、事前に退職を伝えるなど、正しい順序を踏んで逃げることが大切です。連絡もなしにバックレると、多くの人の信頼を失ってしまいます。

     

    周りに理解されない

    認知度が上がってきたHSPですが、まだまだ一般的ではありません。周りに理解されないことも多く、困ってしまう場面もあります。

     

    HSPが周りに理解されない原因は以下の通りです。

    • 嘘くさい
    • 誰にでも当てはまる
    • 甘えだと思われやすい

    特に日本人は内向的な性格の人が多いため「誰にでも当てはまりそう」と思われがちです。

     

    周りから批判される場合は、環境を変えるしか方法はありません。これから認知度は上がっていくかもしれませんが、受け入れてくれない人は一定数います。

     

    めんどくさいと思われがち


    HSPの人は、周りから「めんどくさい」と思われがちです。

     

    その理由としては、

    • 人付き合いが悪い
    • 繊細すぎて近寄り難い
    • HSPが嘘くさい
    • HSPを自慢してくる

    などが挙げられます。

     

    HSPという気質は、まだまだ世間では一般的ではありません。それを公言すると、「なんだかめんどくさい奴だな」と思われてしまうのです。

     

    HSPにも強みはある

    弱みにフォーカスされがちなHSPですが、他の人にはない強みも持っています。

     

    HSPの強みは以下の通りです。

    • 細かいことに気付ける
    • 共感力が高く、人に寄り添える
    • 想像力豊かでクリエイティブ
    • 危機管理能力が高い

    HSPの強みや長所を活かせば、仕事でも活躍できます。例えば、共感力の高さを活かして、カウンセラーになるという選択もおすすめです。

     

    弱みを改善するのではなく、強みを伸ばす方向にシフトしてみてください。

    HSPにはどんな働き方が向いている?

    HSPにはどんな働き方が向いている?</
    それでは、HSPにはどんな働き方が向いているのでしょうか。

     

    おすすめの働き方や、仕事の選び方を解説します。

    強みを活かした職種を選ぶ

    HSPの人は、強みを活かした職種を選びましょう。繊細で共感力の高いHSPに向いてる職種は以下の通りです。

    • 整体師
    • カウンセラー
    • Webデザイナー
    • Webライター
    • 動画編集者


    特にクリエイティブな仕事は、ひとりで取り組めるため、人間関係で悩みやすい人にもおすすめです。

    弱みを理解して仕事を選ぶ

    HSPの弱みは仕事の妨げになってしまいます。そのため、弱みを理解した上で仕事を選びましょう。

     

    HSPの弱みは以下の通りです。

    • 周りに敏感で傷つきやすい
    • 責任感が強すぎる
    • 落ち込みやすい

    周りが気になるのであれば、ひとりでできる仕事を選ぶのもひとつの手です。責任感が強いなら、派遣社員や契約社員として働く選択もいいでしょう。

    ひとりでできる仕事を選ぶ

    どんなに良い職場環境であっても、ストレスを抱えやすいのがHSPの特徴です。そのため、HSPにはひとりでできる仕事が向いています。

     

    例えば、在宅勤務できる会社に転職したり、フリーランスで在宅ワークしたりなど、人と会う機会を減らすのがおすすめです。

     

    私もフリーランスで在宅ワークをしていますが、誰とも関わることがないため、ストレスフリーで生活ができています。

     

    HSPでよくある質問

    最後にHSPでよくある質問に回答していきます。

    HSPはフリーランスに向いていますか?


    HSPとフリーランスは相性の良い組み合わせです。

     

    HSPは想像力が豊かで、クリエイティブな職種に向いています。クリエイティブ系の仕事は在宅勤務ができるため、ひとりで仕事ができるのもメリットです。

     

    自己管理は必要となりますが、自由でストレスフリーな環境を求めている人には最適な働き方でしょう。

     

    敏感さを和らげるグッズを知りたいです

    HSPの人は、あらゆる刺激に敏感です。そんな時は、グッズを活用して刺激を和らげてみてはいかがでしょうか。

     

    おすすめのグッズは以下の通りです。

    • 耳栓
    • ノイズキャンセリングイヤホン
    • サングラス
    • 消臭フィルターつきマスク
    • ストール(冷え対策)

    これらを活用すれば、刺激を緩和することができます。ぜひ参考にしてみてください。

     

    HSPと相性の良い人を知りたいです

    相性の良い人が周りにいれば、仕事やプライベートも充実します。

     

    HSPと相性の良い人は以下の通りです。

    • 同じHSPの人
    • 前向きな人
    • 感情の起伏が少ない人
    • 自立している人
    • 多様性を認められる人

    これらの人は、HSPを理解してくれやすく、円滑なコミュニケーションが取れます。

     

    HSPで悩んでいるあなたへ

    HSPで悩んでいるあなたへ
    HSPの人は、仕事の人間関係で悩むことが多いです。できれば、周りを気にすることなく働きたいですよね。

     

    そんな時におすすめなのが、 在宅勤務できるスキルを身につける方法です。

     

    私たちは在宅勤務や副業に必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

     

    用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの生き方を変えるきっかけ作りをしています。

     

    どんなスキルが向いているのか診断テストもできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

     

    まとめ

    今回はHSPの特徴や働き方について解説してきました。自分の特性を知れば、向いている働き方や生き方が見えてきます。ぜひ本記事を参考に、HSPについて理解を深めてみてください。

    働き方・生き方を変えたいあなたへ

    この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

     

    オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

     

    私たちの強みは、

    1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
    2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
    3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
    4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

    異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

     

    学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

     

    • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
    • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

    といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

    株式会社マネクルのセミナーの様子

    もしあなたが、

    働き方や生き方を変えたい!
    新たなスキルが欲しい!
    収入の柱を増やしたい!

     

    と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

     

    「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

     

    LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事