社会不適合者の生き方と向いている仕事8選

社会不適合者だと感じている人は、生き方や働き方に悩んでいるかと思います。

 

社会人として働くこと自体向いていない

全てが生きづらい

社会不適合者でも働ける職種は?

 

こう思っていませんか?

 

実際に筆者の私も社会不適合者として生きてきて、6回の転職を経験しています。

 

そこで今回は、社会不適合者の生き方とおすすめの職種を紹介します。

 

人生に生きづらさを感じている人はぜひ参考にしてみてください。

社会人が向いていないと思うあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題好きなことを仕事にできるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

社会不適合者とは?

社会不適合者とは、

「社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。(weblio)」

と定義されています。

 

主に仕事ができない人を表現する時に使われており、生きづらさを感じている人の多くは「社会不適合者だ」と自覚しているようです。

社会不適合者の5つの特徴


まずは社会不適合者の特徴をまとめて紹介します。

協調性がない

社会不適合者は協調性に欠けています。周りの状況よりも自分の考えを優先し、自分本位な考え方をしがちです。

  • 指示通りに動けない
  • 面倒な仕事はしない
  • 愚痴や悪口が多い

など職場の雰囲気を悪くし、自分の居場所を無くしてしまいます。

 

会社は協調性を持って働くところなので、社会不適合者は働きづらさを感じてしまうでしょう。

コミュニケーションが苦手

社会不適合者はコミュニケーションが上手くありません。

 

中には周りに失礼な態度を取り、信頼を失ってしまう人もいます。

  • 挨拶ができない
  • 人と会話をしたがらない
  • 報連相(ほうれんそう)ができない

このように、コミュニケーション不足により、周囲との関係を悪化させてしまいがちです。

 

会社においてコミュニケーションは最も大切な項目です。場の空気を乱す人は、社会不適合者と思われてしまうでしょう。

時間を守れない

社会不適合者は時間を守るのが苦手です。

 

自分中心で動いているため、「相手の時間を大切にする」という意識がありません。

 

遅刻をしたり、集合時間に集まれなかったり、周りに迷惑をかけてしまいます。

 

社会人として時間を守ることは「当たり前」です。しかし、それができないと社会不適合者だと思われてしまうでしょう。

あきらめ癖がついている

社会不適合者は、あきらめ癖があり物事が長続きしません。

  • 転職を繰り返している
  • 勉強を継続できた経験がない
  • 自分には無理だと感じている

特に仕事が長続きしない人は多く、転職を繰り返し職歴を傷つけてしまいます。

 

その結果、自分に自信がなくなり「ダメな人間だ」と自己嫌悪に陥ってしまいます。

社会不適合者に向いている生き方

社会不適合者だからといって落ち込む必要はありません。

 

社会不適合者には社会不適合者なりの生き方があるからです。

 

そこで社会不適合者に向いている生き方を紹介します。

時間や場所に縛られない仕事をする

社会不適合者は縛られることに苦痛を感じています。

 

そんな人は、時間や場所に縛られない仕事を探してみてはいかがでしょうか。

 

在宅勤務ができる会社への就職や、フリーランスとして独立すれば、ほとんどの問題は解決できます。

毎日同じ場所で、同じ時間に、同じ人たちと働くのって意外としんどいですからね。

 

私はフリーライターとして在宅勤務をしており、好きな時間に好きな場所で仕事をしています。

 

時間や場所に囚われることに苦痛を感じている人は、自宅でできる仕事にキャリアチェンジしてみてはいかがでしょうか。

人と関わりが少ない環境を選ぶ

社会不適合者は人間関係のトラブルが絶えません。

 

そういった人は、人との関わりが少ない環境を選びましょう。

 

ひとりで黙々とやる仕事や、単独で行動をする仕事を選ぶと、ストレスも減ります

 

逆にチームで動く仕事や、お客様を相手にする仕事は、衝突の原因になるため避けた方がいいでしょう。

社会不適合の治し方はないと理解する

社会不適合者は治せないと理解しておきましょう。

 

努力をすればある程度は改善しますが、ストレスを抱えてしまい仕事に支障が出てしまうこともあります。

 

私も会社員時代、職場に馴染めず努力した時期もありますが、結局何も改善されませんでした。

 

性格は根本的なものなので変われません。治すのではなく、自分に適した環境を見つけた方がストレスを感じにくいと思います。

社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者に向いている仕事を紹介します。

工場勤務


工場での仕事はひとりで黙々と作業することが多く、社会不適合者でも働きやすい環境が整っています。

 

経験やスキルがなくても採用されやすく、就職や転職しやすいのもメリットです。

 

私も会社員時代に、最も長く続いたのが工場の仕事です。ある程度コミュニケーションは必要ですが、基本的にはひとりで行動するため、かなり気が楽でした。

 

まずは求人を探して仕事内容を確認し、自分でも働けるかチェックしてみましょう。

警備員

警備員もひとりで行動することが多く、人と関わりたくない社会不適合者におすすめの仕事です。

 

特に施設巡回や交通誘導は、単独で業務にあたるため、ストレスを抱えることなく仕事ができます。

 

ただし警備員は人の命を預かる仕事です。時間やルールを守れない社会不適合者の人には向いていないでしょう。

清掃員

清掃員はビルや商業施設、病院などの清掃をする職種です。

 

商業施設やビルの清掃員を見たことがある人は、想像しやすいかもしれません。

 

基本的にはひとりで業務をし、対人関係のストレスは少ないでしょう。

 

勤務先によってはチームで業務を行うこともありますが、担当が割り振られているため、コミュニケーションが苦手でも問題ありません。黙々と仕事に打ち込みたい人におすすめの職種です。

イラストレーター


イラストレーターとは、ポスターやチラシのイラスト、ゲームのキャラクター、本の挿絵などを描く職種です。

 

パソコンやiPadなどで黙々と絵を描くため、人との関わりも多くありません。

 

チームの仕事もありますが、作業自体はひとりなので、対人関係が苦手な人は働きやすいかと思います。

 

またスキルを身につければ、フリーランスとして独立もできます

 

私の友人はフリーランスになり、沖縄でスローライフを送りながらイラストレーターをしています。

 

絵を描くことが好きな人は、イラストレーターに挑戦してみてはいかがでしょうか。

エンジニア(プログラマー)

エンジニアとはプログラミング言語を用いて、Webサイトやアプリを作る職種です。

 

基本的にひとりで作業をし、フリーランスとして働けるため、時間や場所に囚われたくない人におすすめです。

 

日本ではIT人材が不足していることから、エンジニアの需要が高まっています。将来性があり報酬も高いため、スキルを身につける価値は十分にあります。

 

最近はプログラミングスクールに通う人も増えてきているので、興味のある人はぜひスキルを身につけてみてくださいね。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインやロゴの作成、コーディングなどを行う職種です。

 

チームで仕事をすることもありますが、作業自体はひとりで取り組むことが多く、対人関係が苦手な人でも働きやすいでしょう。

 

最近は在宅勤務ができる会社も増え、働きやすい環境が整っています。

 

またWebデザイナーになるために、特別なスキルや資格は必要ありません。IllustratorやPhotoshopなどのソフトが使えれば、即戦力として働けます。

Webライター

Webライターとは、Web上にある記事を執筆する職種です。この記事もWebライターである私が執筆しています。

 

ネット上の記事を執筆するため、取材や写真撮影は必要なく、在宅で仕事ができます。私も在宅勤務をしており、クライアントとのやりとりもチャットのみです。

 

最低限の文章スキルさえあれば誰でも挑戦でき最近は主婦や学生もクラウドソーシングを利用して稼いでいます。

 

動画編集者

動画編集者とは、YouTubeや動画広告などの動画制作を行う職種です。

 

最近はYouTuberという仕事が認知され始め、動画編集者の需要が高まってきました。

 

動画編集者はフリーランスの人が多く、時間と場所に囚われずに働けます。

 

私も友人も動画編集者として働いており、好きな時間に起きて好きな時間に働くという生活を送っています。

 

動画編集のスキルは数ヶ月あれば習得できるため、本業だけでなく副業にもおすすめです。

社会不適合者だった私がフリーランスになった体験談

この記事を執筆している私も社会不適合者として生きてきました。

 

会社で働いていた時は、与えられた仕事も上手くこなせず、6回も転職を繰り返しました。

 

また人と会話するのが苦手なため、いつも緊張状態でミスも多かった覚えがあります。

 

そこで「このままではダメ」だと感じ、ライティングスキルを身につけることにしました。

 

もちろん文章は初心者からのスタート。社会不適合者として生きていくには、フリーランスになるしかないと思いました。

そこからコツコツと勉強し、会社員並みの収入を得られるようになります。

 

ライターはパソコンとネット環境さえあれば、仕事ができるのがメリットです。

 

2018年にはポーランドに移住して、海外生活しながらライターをしていました。

 

人と関わることがなく、自分の好きな時間に働けるため、社会不適合者の自分にとって、まさに天職です。

 

私も周りにはエンジニアやWebデザイナー、動画編集者など、時間や場所に囚われない生活をしている人がたくさんいます。

 

スキルさえ身につければ、誰でもフリーランスとして独立ができます現状を打破したい人は、フリーランスという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

社会不適合者でも自分らしく生きたいあなたへ

社会不適合者だと感じている人は、スキルを身につけて働きやすい環境に身を置くことが大切です。

 

フリーランスや在宅勤務ができれば、社会不適合者が抱える悩みのほとんどを解決できます。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題好きなことを仕事にできるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は、社会不適合者の生き方とおすすめの職種を紹介してきました。

 

社会不適合者だと感じている人は、自分を変えるのではなく、環境を変えることが大切です。

 

ぜひ本記事を参考に自分らしい生き方を実現してみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事