文章を書く仕事と文章に関わる職業14選|必要な資格やスキルも解説
嬉しそうな顔
文章を書くのが好き
嬉しそうな顔
文章力を活かせる仕事に挑戦したい
嬉しそうな顔
文章を書く仕事ってどんなものがあるんだろう?

文章に触れるのが好きであったり、文章力を褒められた経験があったりする人の中には、文章を書く仕事に興味を抱く人も少なくありません。

 

文章を書く仕事にはどのようなものがあり、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

 

今回は現役でライター業をしている筆者が、文章を書く仕事の種類や必要なスキルをまとめて解説します。

文章を書く仕事9選

早速、文章を書く仕事を紹介します。

1Webライター

Webライター
Webライターとは、本記事のようなWeb上にある記事制作をする人のことです。筆者自身、フリーランスのWebライターとして活動しています。

 

現代の文字を書く仕事の中でおそらく最も仕事量が多く、最も人口が多い職業です。

 

Webライターと一口に言っても書くジャンルはさまざまで、SEOや評判・口コミ、体験談など、書き方もさまざまあります。

 

ジャンルや書き方が多種多様なため、未経験者OKの仕事も多数あり、初心者からでも入りやすいのが特徴です。

 

一緒に読みたい記事

2コピーライター

コピーライターとは、コピーライティング※のスキルを活かし、主に広告文を作成する人を指します。

 

※コピーライティングとは

 

人の興味関心を惹きつける、魅力的なキャッチコピーや文章作成技術のこと。

 

コピーライターは単純な文章力より、商品やサービスの特性と魅力を理解し、潜在顧客の心理に刺さる言葉選びが求められます。

 

そのため、コピーライターとして成果を出す人の中には、心理学の心得がある人も少なくありません。

3小説家

小説家
小説家とは、頭の中に描く物語を言語化し、作品を創り出す文学者のことです。

 

文筆業の中で最も創作性が高い仕事のひとつで、ミュージシャンの世界のようにプロの敷居は高く、プロとして活動し続けられる人はほんの一握りの世界です。

 

最近では小説投稿サイトから書籍化する流れも増えており、デビューの間口は広がっていますが、それでもデビューできる割合は1%以下。

 

デビューして小説だけで生計が立てられる作家は、その中の1%と言われるほどです。

 

非常に厳しい世界である一方、上位層の売れっ子になれば収入は億単位。夢のある職業ですね。

4エッセイスト

エッセイストとはエッセイを書く人のことで、随筆家とも呼ばれます。

 

そもそもエッセイが何かというと、自分の思いや意見、感想などを、形式にとらわれずに自由に書き記した文章のことです。

 

文筆業の中で、最も自分の書きたいことが書ける仕事と言えるでしょう。

5放送作家

放送作家は、主にテレビやラジオ番組の台本作りをする人のことです。

 

放送作家になるための決まったルートはなく、専門学校を出て就職する人もいれば、芸人から転身する人や、ラジオのはがき職人が放送作家に抜擢されるケースもあるよう。

 

今はインターネット配信の番組も増えているので、放送作家の活躍の場は広がっています。

6記者

記者とは、政治、経済、事件、事故など、世の中で起こるあらゆる出来事を取材し、記事にしたり、リポートしたりする人のことです。

 

新聞記者、テレビの報道記者、雑誌記者、Webメディアの記者など、媒体は多数あります。

 

突発的な事件や災害などがあれば、早朝・深夜問わず稼働になるため、体力的に大変な仕事ですが、その分やりがいも大きな仕事です。

 

記者と似た職業にジャーナリストがありますが、記者との違いは、記者は事実のみを発信するのに対し、ジャーナリストは個人の意見を交えて情報発信をする点です。

 

また、記者とルポライターの違いは、記者はあらゆる出来事を取り上げるのに対し、ルポライターは特定のテーマに対して活動する点とされています。

7シナリオライター

シナリオライターとは、主にテレビドラマや映画、舞台の脚本を作る人のことで、脚本家とも呼ばれる職業です。

 

最近ではゲームのシナリオや世界観を創る、ゲームシナリオライターも増えています。

 

シナリオライターはフリーランスが多く、プロとして活動するには実力はもとより、人脈が重要な世界です。

 

シナリオコンテストに応募して自分で道を切り開く人もいますが、著名な脚本家に弟子入りして修行し、デビューする人もいます。

8ブロガー・アフィリエイター


ブロガー・アフィリエイターとは、自身のブログやサイトに記事を投稿し、広告収入を得る人のことです。

 

特定の商品を紹介する記事を書き、楽天やAmazonの商品ページにつながるリンクを貼り、そこから購買が発生したら手数料がもらえるイメージです。

 

一昔前に比べると稼ぎづらくなったと言われますが、それでも月に数百万円単位で稼ぐ人もいます。

9作詞家

作詞家は、歌詞となる言葉を創り上げる人のことです。

 

ミュージシャンやアイドルが歌う曲用の作詞もあれば、コマーシャルのテーマソングや、童話、校歌の作詞もあります。

 

作詞家になるためには、音楽作家事務所に所属するか、オーディションやコンペに応募し、フリーで活動するのが一般的です。

 

作詞は歌手自身や芸能人などが担当することも多く、競争が激しいため、専業でやっていくのは難しいと言われています。

 

そのため、コピーライターや小説家、放送作家をしながら作詞もする人が多いようです。

文章に関わる職業5選

次に、文章を書くのがメインの仕事ではないですが、時に文章を書いたり、文章をチェックしたりするなど、文章に関わる機会が多い職業を紹介します。

1校正・校閲

校正とは、文章中の誤字脱字や、文法上の誤りがないかといった、表面的な部分をチェックする仕事です。

 

校閲とは、書かれている内容に誤りがないか、無許可の引用がないかなど、中身をチェックする仕事です。

 

担当が分かれる場合もありますが、校正・校閲を兼任する場合も少なくありません。

 

文章を書く仕事ではないですが、文章力がある人でなければ務まらない仕事です。

2編集者

編集者とは、書籍や雑誌の企画、取材、原稿の確認、表紙のデザイン依頼、進行管理などを行い、企画を作り上げる仕事です。

 

記事は担当ライターが執筆するので、編集者は基本執筆しませんが、原稿の編集で手を加えることはあります。

 

原稿の確認や添削、編集をするには、編集者自身の文章力が必要不可欠なので、文章を書ける人が担当できるポジションと言えます。

3翻訳家

翻訳家
翻訳家とは、外国語を日本語に変換する仕事です。

 

映画の字幕や小説・ビジネス書の翻訳など、対象と扱う言語はさまざまあります。

 

自分で1から文章を書くわけではないですが、常に文章と向き合う仕事です。

4広報

広報とは、企業内外に向けて事業活動の報告をしたり、事業方針や新商品の発表をしたりする仕事です。

 

広報部門が書く文章と言えば、プレスリリース(報道機関に向けた情報発表)です。

 

かっちりとした形式的なビジネス文章を好む人には向くでしょう。

5マーケター

マーケターの仕事を一言で表すと、モノやサービスが売れる仕組み作りをすることです。

 

マーケターと聞くと、市場調査をしたり販売戦略を考えたりするイメージが強いかもしれませんが、そればかりではありません。

 

パンフレットのような販促物制作をするにあたって文章を書いたり、メルマガを作成したり、文章を書く機会は比較的多くあります。

文章を書く仕事に関するよくある質問

文章を書く仕事に関するよくある質問と回答をまとめます。

書きたいことや好きなジャンルだけを書ける?

書きたいことや好きなジャンルを書くことはできます。

 

ただ、本当の意味で自由に自分の書きたいことや好きなジャンルを書けるのは、小説家やエッセイスト、ブロガーくらいです。

 

なぜなら多くの場合、会社やクライアントの意向や、メディアのテイストに沿った文章作りをする必要があるからです。

 

テーマが自分の好きなジャンルだったとしても、構成や文字数は決まっていて、自分が知りもしない商品紹介をすることはよくあります

 

自分のメディアやブログを立ち上げて、書きたいことだけ書く選択もできますが、そうするとなかなかお金にならないのが現実です。

文章を書く仕事は在宅でもできる?

文章を書く仕事は在宅でもできる
雇用形態がフリーランス(業務委託)であれば、ライター業は基本的に在宅ワークが可能です。

 

筆者はフリーランスでライター業をしていますが、フリーランスになってから1度も出社をしていません。

 

会社員でも在宅ワークが可能なところはありますが、それは会社次第なので、一概にできるとは言い切れません。

文章を書く仕事をするために資格は必要?

文章を書く仕事はどれも、基本的に資格不要でできます。

 

そもそも文章を書く仕事をする上で、持っていて強みになる資格はないと言っても過言ではありません。

 

例えば金融系メディアでライターをする場合に、FP資格があると重宝されたり、高単価で取引してもらえたり、資格が有利になることはあります。

 

ただ、文章能力を示すための資格は不要です。

 

また資格とは少し違いますが、記者や編集者として出版社や新聞社に就職したい場合、大卒が応募条件になるのが一般的なので、職業によっては学歴が必要です。

文章を書く以外にやることはある?

文章を書く以外にやることはある
文章を書く以外にもやることはたくさんあります。

 

例えばWebライターであれば、文章を書く前段階の記事のテーマ策定や、構成作りから担当する場合もあります。

 

その他、記事内で扱う内容を裏付ける調査データを集めたり、専門家にインタビューをしたり、見やすくするためにグラフを作成するなど、意外と執筆以外の作業もあります。

文章を書く仕事に必要なスキルは?

読み手の目線に立って、わかりやすい文章にまとめる要約力は最低限必要です。

 

その他、特定のテーマについて調査しながら書くのであれば情報収集力、インタビューをするのであれば質問力などが必要になります。

 

編集者のようなポジションに就くのであれば、スケジューリング力やコミュニケーション力も問われます。

文章を書く仕事にはノルマや締め切りはある?

ノルマの有無は、所属する会社やクライアント次第です。

 

締め切りはある場合が多く、例えばWebライターであれば、1記事につき数日〜1週間程度の納期が設定されるケースが多いです。

文章を書く仕事はどれくらい稼げる?

文章を書く仕事はどれくらい稼げる?
収入は職業と雇用形態、個人の実力によって大きく異なります。

 

どの職業でも飛び抜けて稼ぐ人はいますが、大体がフリーランス(個人事業主)や、法人化して活動しています。

文章を書く仕事をするならフリーランスがおすすめ

文章を書く仕事をするなら、会社員よりもフリーランスとして活動することをおすすめします。その理由を、フリーランスで活動するメリット・デメリットでみていきましょう。

フリーランスで文章を書く仕事をするメリット

フリーランスで文章を書く仕事をするメリットは、以下の通りです。

  • 自由な場所と時間に働ける
  • 自分のペースで働ける
  • 人間関係を選べる
  • 仕事内容を選べる 
  • 収入が飛躍的に上がる可能性もある 


フリーランスで活動するメリットを総括すると、会社員ではコントロールできないことをすべて、コントロールできるようになるということです。

 

一緒に読みたい記事

フリーランスで文章を書く仕事をするデメリット

逆にフリーランスで文章を書く仕事をするデメリットは、以下の通りです。

  • 仕事探しからする必要がある
  • 仕事が安定しないと収入も安定しない
  • 1人仕事なので孤独を感じやすい

 

小説家やエッセイストを目指す場合は作品力次第ですし、放送作家やシナリオライターは人脈次第なところもあるため、仕事を安定させるのは至難です。

 

ただ、Webライターやコピーライターのように、Web上で容易に仕事探しができる職業であれば、フリーランスになる難易度は決して高くありません。

 

一緒に読みたい記事

文章を書く仕事をするための知識やスキルを身につけよう


私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。文章を書く仕事で役立つ、コピーライティング講座のご用意もあります。

 

ぜひLINE登録(無料)して、学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回は、文章を書く仕事の種類や必要なスキルを解説しました。

 

文章を書く仕事はやりがいがあるだけでなく、フリーになれば人付き合いがラクで、パソコン1つで仕事ができるのが大きな魅力だと感じています。

 

副業もしやすい仕事なので、興味がある人はぜひ挑戦してみてください。

 

一緒に読みたい記事
働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事