一人好きに向いてる仕事|最低限のコミュ力でマイペースに働ける職業とは
話している顔
  • 一人で働きたい
  • 最低限のコミュ力で働きたい
  • マイペースに働ける職種は?

 

一人が好きで、大勢の人と関わると疲れる方は案外たくさんいらっしゃいますよね。

 

そんな方は、なるべく人とのコミュニケーションを抑えて働きたいと思いませんか?

 

そこで、一人でできる仕事が向いてる人の特徴と、一人好きに向くおすすめの働き方をご紹介します。

一人でできる仕事が向いてる人の特徴

家で一人で働く人のイラスト
一人でできる仕事が向いてる人の特徴を解説します。当てはまらない場合は、一人で仕事するよりも、人と長く関わりながら働く方が向くかもしれません。

人間関係が煩わしいと思う

コミュニケーションの得意不得意に関わらず、人間関係に疲労している方は、一人でできる仕事をするのがいいかもしれません。

 

仕事においてコミュニケーションは大切ですが、手段は選ぶことができます。集中しているときに話しかけられるのが煩わしい場合は、リモート勤務などでメールやチャットで連絡を取り合うのがいいでしょう。

 

メール・チャットであれば、自分で時間を決めて確認と返信ができますし、余計な話をする必要もなくなります。

自己管理能力がある

一人でできる仕事をするには、自己管理能力が必要になります。

 

「周りの目がないと働けない」と思ったり、「自分でスケジュールを管理するのは辛い」と思ったりする方は、人が周りにいる場所に勤める方がいいでしょう。

 

自分自身で何でも解決できる「自己完結型」の方は、一人でできる仕事が向きます。

 

一人が寂しいと思わない

一人で家で仕事をすることなどを不安に思わない方は、一人でできる仕事が向きます。

 

逆に、一人の空間を不安に思ってしまう方は、誰かと一緒に働く方が合うでしょう。

 

最初は寂しさを感じたり、不安に思ったりしていても、だんだんと慣れてくる場合もありますので、長い目で見て判断してみてください。

 

一人の方が集中できる

周りに人がいるよりも、一人で作業をする方が集中できる人は、一人でできる仕事が向くでしょう。

 

ちょっとした雑音があった方が落ち着く場合は、オフィスで働くのがいいかもしれません。

 

また、何かあった際すぐに周りの人に声をかけたい場合なども、人と一緒に働く方がいいです。

自分の裁量で仕事を進めたい

自分でスケジュールを組み、全て自分の裁量でマイペースに進めたい方は、一人でできる仕事が向きます。

 

人から指示を受けたい人は、指示が受けられる環境が必要になるので、一人で完結する仕事は合わないでしょう。

 

自己管理力が低い人は、自分の裁量で進めたくてもうまく行きづらいので、一人でできる仕事は避けることをおすすめします。

一人が好きな人に向くおすすめの働き方・仕事

在宅勤務しているイラスト
一人が好きな人に向く、おすすめの働き方や仕事を紹介します。

客足が少なめの店舗

お客様の出入りが少ない小さな店舗であれば、一人で店番担当となり、接客数も少ないので自分の時間を持つことができます。

 

一人で店番担当であれば、決められた時間内に自分のペースで仕事を進められます。

 

雑貨屋や本屋など、自分が好きなものに囲まれていたら、余計に好きな空間となるでしょう。

一人で担当する仕事

一人で担当できる仕事には下記のような職種があります。

 

  • マンション清掃・管理
  • 営業
  • 個人教室

 

一人で担当する仕事をすれば、自分のペースでコツコツと気楽に仕事に励めます。

 

また、一人で担当するということは、自分の裁量で仕事を進められるので、自立心の強い方にはピッタリの働き方です。

リモートワークできる仕事

リモートワークできる仕事には下記のような職種があります。

 

  • 秘書
  • コールセンター
  • 事務職
  • イラストレーター

 

リモートワーカーとして在宅勤務すれば、家の中だけで黙々と作業ができます。

 

チャットやビデオ会議などのコミュニケーションはありますが、雑談や何度も作業を中断させられるようなコミュニケーションからは遠ざかることができます。

 

人とコミュニケーションをとることがあっても、自宅で一人という空間は保たれるので、一人好きにはぴったりの働き方です。

フリーランスとして働く

フリーランスの仕事には下記のような職種があります。

 

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 動画編集者

 

フリーランスとして働けば、人との関わり方を選びやすくなります

 

職種によっては頻繁にコミュニケーションが必要になるものもあります。ですが、例えばこの記事を書くようなWebライターとして働けば、コミュニケーション回数はぐっと低くなります。

 

自分がどのくらいのコミュニケーションを求めるのか加味して、自分に合う職業を探してみてください。

フリーランスとして働きたい方へ

フリーランスとして働きたいと思っても、スキルに不安を持つ方も多くいらっしゃいますよね。

 

そんなときは、自分に合うスキルを診断し、学んでいくことで理想の姿に近づいていきます

 

私たちが運営するオープンイノベーション大学では、起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられます。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職種が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね

 

 

一人で働きたい人の注意点

エクスクラメーションマーク
一人が好きで、コミュニケーションを最低限にしたいからといって、怠ってはならない点もあります。

報連相を怠らない

当然ですが、人と一緒に働く以上、必要な報連相は行わなければなりません。

 

リモートワークやフリーランスなどであれば、チャット等の文字での会話となることも多いです。そのため、口頭で伝えるときよりも、分かりやすさを意識してください。

 

分かりやすく伝えるには、結論から端的に、相手の語彙力に合わせて文章を作りましょう。

 

また、文字では感情が伝わりづらいので、相手を不安にさせてしまわないよう気を使えるとさらにいいです。

人の意見に耳を傾ける

一人が好きだからといって、他人の意見に耳をふさぎすぎないようにしましょう。

 

その意見を取り入れるかどうかは、自分の判断次第ですが、まずは話を聞く必要があります。

 

人の意見を一切聞かなくなると、視野の狭い固定概念だけで生きることになりますので気をつけてください。

ストレス解消をする

一人が好きな繊細な方は、人一倍疲労やストレスが溜まってしまいます。

 

ですので、ストレス解消は常に行うようにしましょう。

 

瞑想で頭をスッキリさせたり、趣味に没頭したり、いつもは行かない場所へ出かけてみたりするのがおすすめですよ。

 

モチベーションを保つ

一人が好きと言っても、一人で仕事をし続けるとなると士気が上がったり下がったりすることもあります。

 

そのため、モチベーションを保つ努力は必要になります。

 

自分に合うスケジュールで、無理なく快適に日々のタスクをこなしていき、モチベーションを一定にして働けるようにしていきましょう。

まとめ

この記事では、一人でできる仕事に向く人の特徴と、一人好きな人に向く働き方をご紹介しました。

 

一人でできる仕事には、ある程度の自立心や自己管理能力が必要となりますが、それさえ備えていれば特に問題なく働けるでしょう。

 

人間関係のわずらわしさに巻き込まれずに、ぜひ一人で行える仕事を見つけてみてくださいね。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

オープンイノベーション大学のセミナー写真

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

 

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事