おばさんでも取れる資格15選|50代からの資格選びのポイントも解説
将来を考える人の顔
子育てが落ち着いたからまた働きたい!
将来を考える人の顔

復帰するには資格があった方が有利ですよね?

将来を考える人の顔

50代の主婦でも取れる資格ってなんだろう?

 

50代から資格取得を検討する女性は少なくありません。

 

ただ、今から資格を取れるのか?取れたとして未経験の50歳に仕事はあるのか?と考えて、足踏みしてしまう人も。

 

上記に対する回答は、50代で取れる資格はいくらでもありますし、未経験でも資格さえあれば、年齢不問で応募できる求人は多数あります。

 

ポイントは、需要のある資格選びをすることです。

 

今回は50代の女性におすすめの資格を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

50代からの資格選びのポイント

おすすめの資格を紹介する前に、50代からの資格選びのポイントを解説します。

資格の重要度

どんな資格も、持っていてマイナスになることはありません。

 

でも、世の中には資格がなければできない仕事と、資格がなくてもできる仕事があります。

 

また、持っていると印象が良くなる資格もあれば、さほど影響力のない資格もあります。

 

資格を武器に働きたいのであれば、仕事や業界における資格の重要度を把握しましょう。

資格の将来性

せっかく資格を取得するなら、可能な限り長く活かせるものであってほしいですよね。

  • 今後も需要が見込まれる業界
  • 体力的な負担が少ない仕事
  • 独立開業が目指せる職種

定年を気にせず働きたいと考える人は、50代で経験を積んで、60代から独立開業する計画で、資格選びをするのもいいでしょう。

資格取得にかかるコスト

資格取得にかかるコストとは、勉強時間と勉強に要する費用のことです。

 

参考書を買って独学したり、数万円程度の通信教材を購入して学んだり、そこまでコストをかけずに取得を目指せる資格もあれば、専門学校の卒業が必須条件の資格もあります。

 

ここは取得したい資格への情熱と、現在どの程度自己投資ができるか、バランスを考慮して判断しましょう。

おばさんでも取れる資格15選

おばさんでも取れる資格を紹介します。

1. ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーに必要な資料
ファイナンシャルプランナー(通称:FP)は、年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続などの知識を有する、お金の専門家です。

 

主に個人を相手に、結婚や子どもの誕生、老後生活などのライフイベントに沿った、資金計画のアドバイスをする仕事です。

 

就職先にはFP事務所、銀行、信用金庫、証券会社、保険会社などがあり、個人で独立系FPとして活躍している人もいます。

 

資格の種類国家資格
受験資格3級は受験資格なし。2級以上は受験資格あり
試験の頻度3級・2級は年3回
1級は年1回
受験費用3級:6,000円
2級:8,700円
1級:8,900円
目安の勉強時間3級:80〜150時間
2級:150〜300時間
1級:約600時間
合格率3級:約70%
2級:約30%
1級:約10%

 

一般的には2級以上が実務レベルとされています。3級と比較すると格段に難易度が高いように見えますが、国家資格の合格率としては高い方です。

 

2級は独学で取得可能とされていますし、年3回受験の機会があるので、目指しやすい資格と言えるでしょう。

2. 宅地建物取引士

宅地建物取引士(通称:宅建)は、不動産業に欠かせない存在です。

 

なぜなら不動産業を営む事業者は、従業員の5人に1人以上の宅建保有者を置くことが、法律で義務付けられているからです。

 

不動産取引に際して以下3つの業務が必要なのですが、これは宅建資格保有者だけができる独占業務。

 

  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項の説明書面への記名・押印
  3. 契約書への記名・押印

 

独占業務がある資格は、重要度が高いと言えます。

 

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用7,000円
目安の勉強時間300〜500時間
合格率約15%

3. 不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、不動産の適正な価値を鑑定する専門家です。

 

不動産の売買を希望する人に対して、土地や建物の価値を鑑定したり、土地の有効な使い方をコンサルしたりする仕事です。

 

資格の種類国家資格
受験資格短答式と論文式の2つの試験があり、
短答式:受験資格なし
論文式:短答式試験の合格者
試験の頻度年1回
受験費用13,000円(短答式、論文式の2つの試験分)
目安の勉強時間2,000〜4,000時間
合格率短答式:約33%
論文式:約14%

 

不動産鑑定士は、前述した宅建資格との相性が良いとされています。

 

なぜなら、宅建と不動産鑑定士の学習内容は関連しているからです。

 

宅建を取得した後に不動産鑑定士の勉強に移り、ダブルライセンスを取得し、大きなアドバンテージを持って活躍する人も多くいます。

4. マンション管理士

マンションの写真

マンション管理士は、マンションの維持・管理に関するコンサル業務をするための資格です。

 

マンション管理士試験は受験者の年齢層が高く、令和2年度の合格者の平均年齢は48.5歳、最高齢はなんと85歳。

 

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用9,400円
目安の勉強時間500時間
合格率7〜9%

 

受験者は男性比率が圧倒的に高く、直近のデータを見ると合格者は男性が86.1%、女性は13.9%です。

 

ただ、女性の合格者比率は年々増加しています。また、合格率は男性が9.9%、女性が10.1%で、女性の方が上。

 

マンション管理士は、女性からの注目度が少しずつ上昇している資格です。

5. 全国通訳案内士

全国通訳案内士は、外国人の日本旅行に同行し、観光地の歴史や文化を伝えるなど、旅行中の通訳をする仕事です。民間の外交官とも言われています。

 

第二言語が話せる人や、コミュニケーションを大事に働きたい人には向くでしょう。

 

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用11,700円
目安の勉強時間150〜200時間
合格率約15%

 

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語です。

6. 行政書士

行政書士は、行政に許認可申請が必要な場合に提出する書類の作成や、官公署に提出する書類に関する相談業務などを行う、法律の専門家です。

 

業務の多くは書類を扱うため、事務処理が得意な人に向く仕事です。

 

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用7,000円
目安の勉強時間600〜800時間
合格率8〜15%

 

行政書士は取得難易度が高いですが、独立開業しやすいので、60代以降定年を気にせず、自分のペースで働きたい人におすすめできる資格です。

 

開業は自宅でできるので、大きな初期コストがかからないのも魅力と言えるでしょう。

7. 歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導をするための資格です。

 

将来を考える人の顔
歯科助手のこと?

 

と思われる方もいるかもしれませんが、違います。

 

歯科助手は受付や雑務などを担当する一般事務職ですが、歯科衛生士は医療業務従事者です。

 

資格の種類国家資格
受験資格厚生労働省指定の養成所等を卒業(3年)
試験の頻度年1回
受験費用14,300円
目安の勉強時間養成所等に通う期間
合格率約95%

 

歯科衛生士は養成所(専門学校)を卒業する必要があるのは難点ですが、メリットは多くあります。

 

  • 人手不足で需要が高く、将来性もある
  • 就職先は全国各地にある
  • 圧倒的に女性が多い職業で、女性限定の専門学校もある
  • 専門学校は夜間コースもあるので、仕事と両立もできる
  • 合格率が非常に高いので、資格取得は手堅い

 

女性が多い環境の方が安心する人にとっては魅力でしょう。

8. 栄養士

栄養士学校や病院、福祉施設、保育園などで、食事の計画・調理・提供をする仕事です。

 

栄養学の知識は自分や家族の健康や美容面など、私生活でも役立つのが魅力ですね。

 

仕事だけでなく、幅広く活用できる勉強を望む人には最適でしょう。

 

資格の種類国家資格
受験資格厚生労働省指定の養成所等を卒業(2〜4年)
試験の頻度
受験費用
目安の勉強時間養成所等に通う期間
合格率100%(学校卒業と同時に資格を付与されるため)

9. 登録販売者

登録販売者はドラッグストアや薬局などで、一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる専門資格です。

 

薬剤師との違いは、薬の調剤をしないことと、一部薬剤師でなければ販売できない薬があることです。

 

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用12,800円〜18,100円(都道府県によって異なる)
目安の勉強時間400時間
合格率40〜50%

 

就職先は全国各地にあり、ドラッグストアや薬局によっては資格手当を支給するところも。

 

資格取得コストは低く、合格率は高い方なので、サクッと資格をとって仕事を始めたい人におすすめです。

10. 日商簿記

日商簿記の資格を取った後の会計士の仕事

日商簿記は、企業の経営活動を記録するためのスキルで、会計・税理士事務所や、企業の経理部門で役立つ資格です。

 

簿記は英語力を測る試験でお馴染みのTOEICと同程度、企業からの需要が高い資格として知られています。

 

資格の種類公的資格
受験資格なし
試験の頻度3級・2級は年3回
1級は年2回
受験費用3級:2,850円
2級:4,720円
1級:7,850円
目安の勉強時間3級:約130時間
2級:250〜350時間
1級:500〜700時間
合格率3級:約45%
2級:約25%
1級:約10%

 

求人をみると、多くの企業が日商簿記2級以上を応募資格としていることから、実務レベルは2級以上と考えた方がいいでしょう。

11. 日本語教師

日本語教師はその名の通り、外国人に日本語を教えるための資格です。

 

言葉だけでなく、日本のマナーや文化を教えるのも仕事です。

 

資格の種類民間資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用14,500円
目安の勉強時間300時間
合格率約25%

 

日本語教師の資格があり、英語や中国語などの第二言語も使えると、国内だけでなく海外で働くチャンスもあります。

12. 医療事務

医療事務は、就職・転職・再就職に有利で、女性人気の高い資格のひとつです。

 

主な仕事内容は、医療機関での受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成など。

 

医療事務資格は4つあり、本記事では中でも有名な​​「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」の情報を紹介します。

 

資格の種類民間資格
受験資格なし
試験の頻度毎月1回
受験費用7,700円
目安の勉強時間200時間
合格率約60%

 

独学で合格する人も多いので、資格取得コストを抑えたい人におすすめです。

13. 介護職員初任者研修

介護の仕事をしている女性
介護職員初任者研修は、以前はヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護の基礎から応用までを学び、介護職員として働くための資格です。

 

超高齢化社会になる日本において、介護職の需要は高まるばかり。資格を取得して仕事に困ることはないでしょう。

 

資格の種類民間資格
受験資格厚生労働省指定の養成所で、130時間の講習を受けた人
試験の頻度年2〜4回
受験費用4〜8万円程度(養成所の費用)
目安の勉強時間130時間
合格率ほぼ100%

 

合格率は公表されていませんが、試験は養成所で学んだことの確認の意味合いが強く、ほぼ100%合格と言われています。

14. ケアマネージャー

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする方が介護サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者と調整を行う、介護サービスの専門家です。

 

ケアマネージャーは介護現場で直接介護を行う、介護福祉士や実務者研修修了者などをまとめる立場で、介護の実務は本来業務ではありません。

 

資格の種類公的資格
受験資格特定の国家資格保有者、もしくは介護施設従事者
(実務経験が通算5年以上あり、従事した日数が900日以上)
試験の頻度年1回
受験費用7,800円~14,400円(※都道府県によって異なる)
目安の勉強時間100〜200時間
合格率10〜20%

 

ケアマネージャーは介護職の中で給与水準が高いため、介護業界でキャリアアップを目指す人におすすめの資格です。

15. 終活アドバイザー

終活アドバイザーは、人生の後半期にあるさまざまな課題に対し、総合的なライフプランの設計をサポートする専門家です。

 

エンディングノートの作成サポートや、弁護士や行政書士などの専門家への橋渡しといった仕事内容です。

 

資格の種類民間資格
受験資格なし。通信講座の受講が必須
試験の頻度随時
受験費用35,000円
目安の勉強時間100時間
合格率ほぼ100%

 

終活アドバイザーは単独で仕事にするより、FPのような金融系資格や介護系資格のプラスαとしてあると、より活動の幅が広がります。

資格を取って好きなことを仕事にするのもアリ

もし好きなことや得意なことがある人は、それが活かせる資格を取得して、仕事にするのもいいでしょう。

  • ワインエキスパート
  • ネイリスト
  • ヨガインストラクター

など、好きなことを仕事にしている未来を想像した方がモチベーションが上がる人は、やりがいを重視して資格選びをするのがおすすめです。

 

資格がなくてもできる仕事はたくさんある

パソコンがあればできる仕事

世の中には資格がなくてもできる仕事はたくさんあります。

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • Web広告運用
  • Lステップの構築代行

これらは資格不要で、スキルとパソコンとネット環境があればできる仕事です。

 

場所に縛られずに働けるようにしたい人は、パソコンでできる仕事のスキル習得を目指すのがおすすめです。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はおばさんでも取れる資格をまとめました。

 

50代から取れる資格はたくさんありますが、資格がなくてもできる仕事もたくさんあります。

 

資格取得のコストや将来的なワークライフバランスを考え、最適なものを選んでくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事