保育士に向いていないと感じる5つの理由と対処法|自分に自信がない人へ

子供が好きで昔から夢だった保育士。しかし実際に働くと「向いていない」と感じる人も少なくありません。

 

保育士に向いてないと言われた
自分に自信がない
どんな人が向いているの?

 

こう悩んでいる人もいるでしょう。

 

そこで今回は、保育士に向いてないと感じる理由と対処法を紹介します。

保育士に向いてなかったと感じるあなたへ

保育士が向いてないならスキルを身につけて転職をしましょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

保育士に向いていないと感じる理由

なぜ保育士に向いていないと感じるのか?
その理由をまとめてみました。

体力的にキツい

保育士は、子供と走り回ったり、抱っこしたりと体力勝負の仕事です。そのため体力がない人はキツいと感じてしまうでしょう。

また子供と遊ぶだけでなく、書類作成やお遊戯会の準備、持ち帰りの仕事もあります。業務量の多さについていけず、保育士に向いていないと感じてしまうのです。

子供に苦手意識を感じ始めた

子供が好きで保育士になったのに「なんだか苦手かも」と感じ始める人もいます。

 

仕事をする中で、言うことを聞いてくれなかったり、いたずらをされたりしてイラッとすることもあるでしょう。

 

また排泄や嘔吐の世話も必要で、子供に対して優しくできなくなる人もいます。

 

最初は子供が好きだったのに、「気付いたら苦手になっていた」と悩む人は少なくありません。

失敗やミスが多い

失敗やミスが多く自信をなくす人もいます。

 

保護者から注意された
お遊戯会の司会が上手くできなかった
書類作成でいつもミスしてしまう

 

失敗が連続すると、周りに迷惑がかかり落ち込んでしまいますよね。

 

そのため、保育士としてやっていくイメージが湧かず、向いていないと感じるのです。

コミュニケーションが苦手

子供は好きだけどコミュニケーションは苦手という人もいます。

 

保育士は子供と遊ぶだけでなく、上司や同僚との連携、保護者との話し合い、イベントの取りまとめなど、コミュニケーション能力が必要とされる仕事です。

 

そのため、会話が上手くいかなかったり人前で失敗してしまったりすると、自信を無くしてしまうでしょう。

職場の人間関係が上手くいかない

保育士の職場は女性中心であり、人間関係の悩みが尽きません。新人いじめや派閥争い、悪口など、体力的にも精神的にも疲れてしまいます。

 

また「自分が原因なのでは?」と疑心暗鬼になり、落ち込んでしまう人も少なくありません。

 

そのため、人間関係が原因で保育士が向いていないと感じることがあるのです。

保育士が向いていないと感じた時の対処法

保育士が向いていないと感じた時の対処法を紹介します。

保育士になった理由を振り返る

まずは保育士になった理由を振り返りましょう。

 

多くの人は「子供が好き」というきっかけだと思います。

そこから「なぜ子供が好きなのに向いていないと感じるのか?」を深堀してみてください。

 

すると自分がどんな理由で悩んでいるのか、どんな行動に移せばいいのかが明確になってきます。

休暇を取る

向いていないと感じたら少し休む期間を設けましょう。
体を休めるだけでなく、自分の将来を考える時間にもなります

 

職場に迷惑がかかるという気持ちも分かりますが、一番大切なのは自分の体です。だからこそ、精神的にも体力的にも疲れたら、自分を整える時間を作りましょう。

 

働きやすい職場へ転職

ブラックな環境で働く保育士も少なくありません。保育士の業務は多岐に渡り、残業や持ち帰りで仕事をするのが当たり前です。

 

だからこそ、今の職場がキツいなら働きやすい職場への転職をおすすめします。

 

最近は働き方に取り組む保育施設も増えています。まずは求人情報を確認し、どんな職場があるのかチェックしてみてくださいね。

 

派遣やパートに切り替える

職場の労働環境に問題があるなら、派遣やパートに切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

派遣やパートなら業務量も抑えられ、残業や持ち帰りを強いられることもありません。

 

実際に正社員として働いても、サービス残業や持ち帰りで、時給数百円という人もいるでしょう。

 

それなら派遣社員やパートとして働き、自分の時間を確保した方がましです。

働き方を変える

保育士以外の働き方に変えるのもおすすめです。

 

なぜなら、あなたの強みや特性は保育士以外に活かせる可能性があるからです。日本人は”資格に縛られて動けない”という人で溢れています。

 

せっかく保育士になったんだし
時間とお金をかけて取った資格を使わないと

 

こう感じて保育士にしがみついている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし資格に縛られていては、いつまでたっても辛いままです。

 

だからこそ、興味のある職種に挑戦し、保育士に縛られず仕事探しをしてみましょう。

保育士の資格を活かせる他職種

保育士の資格を生かせる他職種を紹介します。

ベビーシッター


ベビーシッターとは、個人の自宅に伺い子供の世話をする職種です。

 

保育士だけでなく、看護師や教師の資格を持っている人も活躍しています。

 

ベビーシッターは、保育士の知識や経験を最大限に活かせる職種です。最近は業務委託で働ける会社もあり、ワークライフバランスを見直したい人にもおすすめです。

 

まずはベビーシッターを募集している会社に、登録をしてみてはいかがでしょうか。

病院内保育園

病院内保育園とは、医療従事者のための病院内の保育園です。時間が不規則な医師や看護師の子供を預かり、施設内もしくは近隣で保育業務にあたります。

 

病院内保育園は、預かる子供の人数が少なく、行事もほとんどないため、働きやすいのが特徴です。

 

ただし、医療従事者のために24時間365日開園している保育園もあります。そのため、夜勤や早朝勤務、宿直勤務などが発生する場合があり、注意が必要です。

 

勤務形態を確認してから、応募することをおすすめします。

児童養護施設

児童養護施設とは、親がいない子供や支援が必要な子供が生活する施設です。

 

全国に600以上の施設があり、2万人以上の子供が生活をしています。半数以上の子供が虐待で入所しており、心に大きな傷を負っています。

 

保育士の資格があれば、子供の世話をする児童指導員として働けます。子供の役に立ちたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください

子ども写真館


子供写真館とは、お宮参りや七五三、お誕生日など子供の記念行事の撮影をする仕事です。

 

子供に特化した写真館のため、子供の扱いに慣れている保育士の経験が活かせます。大切な思い出を切り取る写真の仕事はやりがいもあるでしょう。

 

別の形で子供と関わりたいという人におすすめの仕事です。

子供服の販売員

子供に関連する仕事がしたいなら子供服の販売員がおすすめです。

 

来店したお客様の接客をし、どんな服が似合っているのか、どんな組み合わせがいいのか提案します。

 

ファッションに興味がある人なら、やりがいを持って取り組めるでしょう。

テーマパーク・遊園地

テーマパークや遊園地のスタッフは、保育士の資格を活かせる仕事です。

 

来園者が楽しく過ごせるように、笑顔で接客をします。お客様の多くは親子連れなので、子供の扱いに慣れている保育士なら、スムーズに働けるでしょう。

 

ただしテーマパークのスタッフは、立ち仕事なので体力に自信がない人にはおすすめしません。

キッズ系YouTuberの動画編集者

YouTubeの需要が高まり、キッズ系YouTuberも注目を集めています。保育士の経験を活かせば、動画編集者として活躍できるでしょう。

 

子供の扱い方に慣れているため、キッズ系YouTuberの動画編集だけでなく、子育てのアドバイスができるのもポイントです。

 

動画編集のスキルは、オンラインスクールで学べます。興味のある人はぜひチェックしてみてください。

 

保育士の働き方でよくある質問

保育士の働き方でよくある質問に回答していきます。

絵が下手でピアノ弾けなくても保育士になれますか?

絵やピアノが下手でも保育士になれます。
なぜなら、保育士に求められるレベルはそこまで高くないからです。

保育士は、画家やピアニストではありません。絵も練習すれば一定のレベルになりますし、ピアノに関しては、誰でも知っている童謡を弾けるようになればいいだけです。

 

絵やピアノの技術は大学や専門学校でも教えてくれますので、安心して進学してください。

保育士3年目ですが要領が悪くて失敗ばかりです

要領の悪さは誰でも改善できます。

 

要領が悪いのは、自分のキャパを理解していないからです。まずは自分の作業をストップウォッチで計ることから始めましょう。

 

するとキャパが理解でき、無理のないタイムスケジュールを組めます。

 

多くの人はスケジュールを組まずに仕事をしています。だからこそ、自分のキャパを見極め、スケジュールを立てることが大切です。

保育士に向いてる人はどんな特徴がありますか?

保育士に向いてる人の特徴は以下の通りです。

  • 体力に自信がある
  • スケジュール管理が上手い
  • 文章を書くのが上手い
  • メンタルが強い
  • コミュニケーション能力がある

この5つの能力がある人は保育士に向いています。

 

どれも克服できるものばかりですので、最初から諦めず努力することを心がけましょう。

保育実習で保育士に向いてないと言われました

保育士に向いてないと言われても問題ありません。

 

なぜなら、相手は感情にまかせて発言している可能性があるからです。

保育実習の現場では「向いてない」と言うのは禁止になっています。それでも発言するということは、教え方が下手、もしくは相手の人格に問題がある場合がほとんどです。

 

そのため、気にせず保育実習を進めた方が、あなたのためになります。

保育士に向いてなかったと感じるあなたへ

保育士が向いてないならスキルを身につけて転職をしましょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は保育士に向いてないと感じる理由と対処法を紹介してきました。

 

まずは自分がなんで向いていないのかを明確にし、対処法を考えましょう。

 

それでは本記事を参考に、自分らしい働き方を見つけてみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事