年収1000万円を稼げる職業10選|文系でも高収入を目指せる

年収1000万円以上を稼ぎ、生活を豊かにしたい人もいるでしょう。

 

稼いで生活レベルを上げたい
文系や高卒でも年収1000万円狙えるの?
年収1000万円を稼ぐには?

 

年収1000万円と聞くと、途方もない道のりに感じますよね。

 

しかし、稼げる職業の特徴や業界の成長を理解しておけば、年収1000万円も夢ではありません。

 

そこで今回は、年収1000万円以上稼げる職業の特徴やおすすめの職業を紹介します。

 

年収1000万円を目指したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

年収1000万円以上稼げる職業の特徴

まずは年収1000万円以上稼げる職業の特徴を紹介します。

難関資格を所持している


手堅く年収1000万円を稼いでいる人は、難関といわれる国家資格を取得しています。

 

医師や弁護士、公認会計士など、「士業」と呼ばれる資格を持っている人は、年収1000万円以上を稼いでいます。

 

高度な知識とスキルが求められるため、その分、収入にも反映されるのです。

完全成果報酬

収入に上限がない完全成果報酬なら、年収1000万円を目指せます。

 

完全成果報酬とは、仕事の成果や売上に対して報酬がもらえる仕組みです。

 

代表的なものを挙げると、営業職がいい例です。制約数や売上に応じてインセンティブがもらえ、トップセールスマンになると年収1000万円を軽く超えます。

 

営業力やマーケティングスキルが高い人は、完全成果報酬の仕事がおすすめです。

上流工程に位置している

仕事が上流工程に位置しているほど収入は高くなります。

 

簡単に説明すると、上流工程は大企業、下流工程は大企業の下請けをする中小企業といった感じです。

 

例えば、A社が1000万円の案件を受注し、B社に500万円で依頼。そしてB社はC社に100万円で依頼をするといったことも、社会では当たり前に行われています。

 

要するに上流工程と言われる大企業に就職すれば、高収入を狙えるということです。

将来性のある業界


将来性のある業界は年々、平均年収が上がり続けています。

 

特に伸びているのがIT業界です。その成長は凄まじく「第三次産業革命」ともいわれています。

 

経済産業省の調査によると、2020年までに約59万人ものIT人材が不足すると予測されています。

 

そのためITエンジニアの給料は高く、初任給で月収50万円も珍しくありません。私の知り合いのエンジニアも、月収50万円を超えています。

 

IT業界は成果重視のため、高卒や文系は問われません。スキルさえ身につければ、誰でもチャンスのある業界です。

年収1000万円以上稼げる職業

それでは年収1000万円以上稼げる職業を紹介します。

医師


高度な知識とスキルが求められる医師は、年収もずば抜けています。

 

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査の統計データ」によると、医師の平均年収は1240万円。開業医になれば、年収2500万円を軽く超えます。

 

人の命を預かる仕事で「ハイリスク・ハイリターン」ともいわれますが、一生仕事に困らないメリットを考えれば、医師になる価値は十分にあるでしょう。

パイロット

航空機のパイロットは、年収が高いことで知られています。

 

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査の統計データ」によると、パイロットの平均年収は2,047万円。2位の医師に大きな差をつけ、堂々の1位に輝いています。

 

パイロットは、乗客の命を預かり、航空機の操縦を行う職種です。高度なスキルと責任感が伴うため、収入の高さは当然といえるでしょう。

 

しかしパイロットは、非常に倍率が高いことで有名です。医師や弁護士のように、資格を取れば就職できるわけではありません

 

最近はコロナの影響もあり、航空業界の景気は落ち込んでいます。そのため、今度の動向を確認しつつ、パイロットに挑戦するか考えてみてください。

外資系企業

外資系企業も給料が高いことで有名です。

 

外資系企業の平均年収は約800万円。経験やスキル次第では、年収1000万円を超えます。

 

年収が高い理由は、成果主義を採用しているからです。日本のように年功序列の文化はなく、個人の成果で給料が決められます。

 

そのため、勤続年数が長くても仕事ができなければ給料は低いままです。逆に、1年目でも結果を残せば、年収1000万円を目指せます。

大学教授


大学教授は手堅く年収1000万円を目指せる職種です。

 

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査の統計データ」によると、大学教授の平均年収は約1070万円。平均年齢は57.6歳となっており、年齢と共に給料が上がっていく仕組みです。

 

ただし、博士号があるからといって、すぐに大学教授になれるわけではありません。まずは大学講師として経験を積み、准教授、教授とステップアップしていきます。

 

大学教授になるのは長い道のりです。しかし研究したい分野がある人は、目指す価値があるでしょう。

弁護士

法律の専門家である弁護士は、高収入の職種として知られています。

 

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査の統計データ」によると、弁護士の平均年収は約1097万円。独立開業をした人の中には、年収1億という人もいます。

 

ただし弁護士には収入格差があり、事務所によっては年収300万円代で働いている人も珍しくありません。

 

弁護士にも、営業力やコミュニケーション能力が求められる時代に突入しています。

 

これから弁護士を目指す人は、他のスキルと掛け合わせることも視野に入れておきましょう。

エンジニア


急成長を続けるIT業界では、エンジニアの売り手市場が続いています。

 

2020年までに約59万人ものIT人材不足が予測されており、企業では給与の上乗せや待遇の改善が行われています。

 

企業や案件によって給与は異なりますが、基本的に高単価の案件が多く、上流工程に行けば年収1000万円のエンジニアを目指すこともできます。

 

最近はプログラミングスクールに通って、エンジニアになる人も増えてきました。

 

経験なし、スキルなし、から年収1000万円を目指すなら、エンジニアを強くおすすめします。

 

ITコンサルタント

IT業界が伸びていくにつれ、ITコンサルタントの需要も高まってきました。

 

ITコンサルタントとは、経営やビジネスに関して、IT活用したサポートをする職種です。エンジニアの上流工程よりも、さらに上流にあたる仕事で、収入も高い傾向にあります。

 

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、ITコンサルタントの平均年収は928.5万円。企業の経営に手を差し伸べるため、その分、高い収入を得られます。

 

とはいえ、ITコンサルタントは高いレベルが要求されます。エンジニアからステップアップした人、税理士や公認会計士の資格を生かしてコンサルをする人、などライバルが強いのも事実です。

 

そのため、ITコンサルタントになるには、経験を積んだり資格を取得したりする必要があります。

大手テレビ局社員

大手テレビ局と聞くと「華やか」「高収入」というイメージを持つ人も多いでしょう。

 

実際に、大手テレビ局員は30〜40代で年収1000万円を超えています。地方局でも年収700万円以上は堅く、安定した職種として人気です。

 

しかし最近は、若者のテレビ離れが深刻になり、視聴率の低下が問題となっています。そのため、今後は収入が下がることも、視野に入れておいた方がいいかもしれません。

アフィリエイター

アフィリエイターは稼げる職業として注目を集めています。

 

アフィリエイトとは、自身のサイトで商品を紹介し、その商品が売れたら成果報酬を受け取るビジネスモデルです。

 

私も友人にも、アフィリエイターやブロガーがいて、年収1000万円どころか、年収5000万円を稼ぐ猛者までいます。

 

厳しい世界と言われているものの、収入に上限はないため、大きく稼ぎたい人におすすめの職種です。

不動産投資家


不動産投資家と聞くと「お金持ち」「稼いでいる」というイメージがありますよね。実際に不動産投資家の平均年収は、1000万円前後といわれています。

 

不動産投資家の収入は、物件の売却益よりも家賃収入がメインです。アパートやマンションを購入し、入居者からの家賃で収益を得ています。

 

不動産投資家は、副業で取り組む人が多く、50%以上が会社員です。

 

やはり銀行からの融資を受けるとなると、会社員という信用が必要となります。

 

そのため、不動産投資を始めたい人は、副業から開始することをおすすめします。

高卒や文系でも年収1000万円稼げるの?

高卒や文系でも年収1000万円を狙えます。

 

なぜなら、経験や学歴を問わない業界があるからです。

 

例えば、エンジニアならスキルさえあれば、未経験でも就職や転職ができます。IT業界は人手不足が深刻なため、誰でも挑戦できる分野です。

 

私の友人に、高卒で工場勤務10年を経て、エンジニアに転職した人がいます。その友人は、プログラミングスクールに通い、半年でエンジニアになりました。

 

高卒工場勤務からでも、年収1000万円を目指せる業界に入れるのです。特にIT業界は伸び続けているため、狙い目といえるでしょう。

年収1000万円を目指したいあなたへ

年収1000万円を目指すことも大切ですが、自分に合った職種で働くことはもっと大切です。

 

仕事が合っていないと、ストレスが溜まり、会社を辞めてしまう原因になります。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は年収1000万円以上稼げる職業の特徴や、おすすめの職業を紹介してきました。

 

高卒や文系でも年収1000万円は目指せます。自分の市場価値を高め、興味のある業界にチャレンジしてみてくださいね

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

      • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
      • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事