将来性のある仕事ランキングベスト10!これからの仕事を考えよう

AI(人工知能)の発達やコロナの影響で、将来に不安を感じている人も多いでしょう。

 

今の仕事は無くならないだろうか?
将来性のある仕事に転職をしたい
需要のある仕事や資格は?

 

このような疑問を持ったまま働き続けていませんか?

 

そこで今回は、将来性のある仕事をランキング形式で紹介します。需要のある業界への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

将来が不安なあなたへ

今の時代を生き抜くには、スキルを身につけて需要のある業界で働く必要があります。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

将来性のある仕事の特徴

まずは将来性のある仕事の特徴を紹介します。

機械・AIに代替できない


AI(人工知能)の発達により、「人間の仕事が奪われる」と騒がれる時代になりました。

 

実際に自動レジや事務作業など、人間に代わって機械が導入される事例も増えています。だからこそ、人間にしかできない仕事を選ばなければなりません

 

例えば、カウンセラーや弁護士など、細かいコミュニケーションが必要な職種や、新しいものを生み出すクリエイターなどの職種は、この先も安定した需要が見込めます。

流行に左右されない

流行に左右されない市場なら、今後も安定して働けます。

 

電気やガス、水道などのインフラ系、農家や漁師などの食糧供給といった生活を支える業界は、いつの時代も需要があります特に医療や介護は、少子高齢化が進む日本において需要が高まってきています。

 

私たちの生活に関わる仕事は、将来性のある仕事といってもいいでしょう。

市場が伸びている

市場が伸びている仕事は将来性があります。

 

特にIT業界は急成長で、今後10年以上は伸び続けるといわれています

 

業界動向サーチの調査によると、IT業界の規模は「2013年から2018年にかけて増加している」という結果に。

 

スマートフォンやアプリ、自動運転、VR、5Gなどは、私たちの生活に欠かせないものです。

 

そのため、IT業界は急激に成長しています。今のうちからスキルを身につけておけば、安定した職種に転職できるかもしれません。

需要に対して人手が足りていない


人手不足の業界は、今後も安定した需要が見込めます。

 

先ほど紹介したIT業界に加え、少子高齢化やコロナの影響を受けている介護や医療業界も人手不足が深刻です。

 

介護や医療は、機械で代替できない部分があり、今後も需要が無くならない業界です。

 

ただし、給与や待遇が不十分である場合も考えられるため、転職活動は慎重に行いましょう。

 

その点、IT業界は給料も高く、待遇も良いため転職にはおすすめの業界です。

将来性のある仕事ランキングトップ10

それでは将来性のある仕事をランキング形式で紹介します。

1位:プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてシステムやアプリを開発する職種です。

 

近年、AIや自動化などにより、プログラマー需要が高まりつつあります。

 

情報処理推進機構が調査した「IT人材白書2020」では、IT人材が「大幅に不足している」割合は、2019年度においては39.5%。2016年から2018年までは33%前後だったのが、大幅な人手不足になっていることが分かります。

 

これらのデータから、プログラマーを含め、IT人材の需要は高まっていくと予想されています。

 

2位:Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインやコーディング、ロゴの作成などを行う職種です。

 

プログラマーと同様に、Web上のコンテンツを生み出すIT人材として、高い需要が見込まれています。

 

特に女性からの人気が高く、オンラインスクールで学んで、在宅勤務をする人も増えています。

 

3位:医療系


医師や看護師など医療系の職種は、いつの時代も求められるスキルです。

 

高齢化が進む日本では、医療機関を受診する人が増え続けています。最近はコロナの影響もあり、医療人材の需要がさらに高まりました。

 

内閣府が調査した「平成30年版高齢社会白書」によると、2017年度の高齢化率(65歳以人)の割合は27.7%という結果に。そして2065年までに38.4%に達し、日本人の約2.5人に1人は65歳以上の高齢者になると予測されています。

 

医療業界は、景気に左右されないだけでなく、高齢化やコロナの影響で人手不足が深刻です。

 

結婚や出産、育児などでブランクがあっても採用されやすく、再就職や転職にも有利なスキルです。

4位:Webマーケター

Webマーケターとは、マーケティングスキルを生かし、Web上の商品やサービスの売上を伸ばす仕事です。

 

例えば、FacebookやTwitterの広告を運用してサービスを販売する「広告マーケター」、Webサイトやブログを検索エンジンに上位表示させアクセス数を増やす「SEOマーケター」など、さまざまな種類があります。

 

ITやインターネット業界は年々伸びており、今後は人材不足が加速していくでしょう。

 

またWebマーケティングのスキルは、全ての職種で役立ちますプログラマーやWebデザイナーが案件を獲得したり、自分のサービスを宣伝したりする時に必要となります。

 

どの業界に転職しても潰しが効くスキルなので、学んでおいて損はありません。

5位:介護福祉士


介護福祉士とは、介護に関する国家資格です。介護の専門知識を持ち、ヘルパーや職員を指導するリーダー的存在として活躍しています。

 

日本は少子高齢化により、介護職が不足しています。とはいえ、「キツくて給料が低い」と呼ばれる介護職に就くのは勇気がいることです。

 

しかし、介護系で唯一の国家資格である介護福祉士を取得すれば、給与や待遇面も悪くありません。

 

他の介護職員と比べて、月収が3〜5万円ほどアップするので、介護職に就くなら取得しておいて損はない資格です。

6位:動画編集者

動画編集者とは、YouTube動画やPR動画、広告動画などを編集する仕事です。

 

最近はYouTuberが増え、その動画を編集する人材が求められるようになりました。

 

あなたも昔に比べて、YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツの視聴時間が増えているのではないでしょうか。

 

今後は5Gの時代が到来し、さらに動画の需要が伸びるといわれています。

 

今から動画編集を学んでおけば、将来的に大きく稼げるようになるかもしれません。

 

7位:農家

私たちの食生活を支えているのが農家です。あまり注目されていませんが、生きる上で欠かせない職種として注目を集めています。

 

農業の世界では高齢化が進み、人材や後継者不足が深刻化しています。

 

農林水産省「平成29年 農業労働力に関する統計」によると、2017年の農業就労者の平均年齢は66.7歳。2000年の61.1歳から6歳以上も上昇しており、今後はさらに高齢化が進むといわれています。

 

しかし、その一方で49歳以下の新規就農者が増えているのをご存知でしょうか?

 

2013年まで2万人を切っていた新規就労者も、2014年以降は4年連続で2万人を超えています。

 

実は農家の平均年収は高いことで有名です。作物の種類にもよりますが、

  • 露地野菜:平均年収580万円
  • 果樹:平均年収600万円
  • 施設花栽培:平均年収1500万円

と一般的なサラリーマンに比べて高水準となっています。

 

人々の生活を支える農業は決して無くなることはありません。田舎に住むのに抵抗がない人は、農業という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

8位:カウンセラー

精神疾患や心の悩みを抱える人のサポートをするカウンセラー。医療業界を始め、教育や福祉、スポーツなど、さまざまな分野で活躍する職種です。

 

カウンセラーは、人の心に寄り添う仕事です。そのため、AIや機械では代替できず、今後何十年も需要が無くならない職種として注目を集めています。

 

とはいえ、求人数は少なく正社員のカウンセラーになるのは狭き門です。非常勤やアルバイトとしてなら採用されやすいので、家事や育児をする主婦の方は検討してもいいかもしれません。

9位:弁護士

「日本で最も難易度の高い資格」と呼ばれる弁護士資格。

 

最近はAIの発達で、業務の一部が奪われたり弁護士の人数が増えたりと、あまりいい話を聞きません。

 

しかし弁護士は今後も需要がある資格です。なぜなら、弁護士資格でカバーできる範囲が広いからです。

なぜなら司法試験に合格すると弁護士だけでなく、

  • 弁理士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 海事補佐人

これらの士業資格の登録ができるからです。

 

税理士や社会保険労務士も難関資格として知られていますが、弁護士はそれをもカバーします。

 

弁護士として活躍できなくとも、他の士業資格を活かして働くという選択肢もありです。

10位:公務員

公務員はいつの時代も安定した職種として人気があります。

 

流行や景気に左右されにくく、一般の会社員よりも給与や待遇が高い水準も魅力のひとつです。

 

また公務員は、法律により身分保障が保たれています。

 

国家公務員を例に挙げると

「法律又は人事院規則に定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、休職され、又は免職されることはない(国家公務員法75条)」

とされています。

 

要するに、どんなに仕事ができなくてもリストラの対象にはならないのです。そもそも、公務員にはリストラという概念がありません。

 

そのため、安定して働き続けたいなら公務員という選択肢もありです。

2021年に注目されているのはクリエイティブな仕事


ここまで将来性のある仕事を紹介してきましたが、最も注目を集めているのがクリエイティブな業界です。

 

プログラミングやWebデザイン、動画編集などは、AIや機械では代替できない仕事です。

 

IT業界が伸びていることを考えれば、クリエイティブなスキルを身につけた方が、将来的に大きく稼げます。

 

最近はオンラインスクールで、Web系のスキルを気軽に学べる時代になりました。今のうちからスキルを身につけて、活躍できる人材の仲間入りをしてみてはいかがでしょうか。

需要のある仕事に就きたいあなたへ

今の時代を生き抜くには、スキルを身につけて需要のある業界で働く必要があります。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は将来性のある仕事をランキング形式で紹介してきました。

 

将来的に安定して働きたい人は、参考になったのではないでしょうか。

 

ぜひ自分に合った職種を見つけ、あなたらしい働き方を実現してみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事