仕事をしたくないHSPの生き方|10の質問で適職を知ろう

敏感過ぎるHSPは、仕事での悩みが尽きません。

 

些細なことで傷つき、それが原因で仕事が覚えられない「負の連鎖」が起こりがちです。

繊細すぎて働きたくない
人間関係に疲れた
要領が悪いし働けない

こういった悩みを持った人も多いのではないでしょうか。

 

私もHSPが原因で、6回も転職を経験しました。

 

そこで今回は、仕事したくないHSP向けに、仕事が続かない理由や対処法を紹介します。

 

我慢の限界で辞めたいと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

働きたくないHSPの人へ

働きたくない人は、自分に合わない仕事をしている可能性があります。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題やりたい仕事を始めるきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

HSPの特徴

HSPとは「Highiy Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で「とても敏感な人」を意味します。

 

そして、DOESといわれる、4つの特性を持っています。

  1. Depth of processing(考え方が複雑で、深く考えてから行動する)
  2. Overstimulation(刺激に敏感で疲れやすい)
  3. Empathy and emotional responsiveness(人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい)
  4. Sensitivity to subtleties(あらゆる感覚がするどい)

簡単に説明すると、共感力が高く刺激に敏感で、すぐに疲れてしまう性質です。そしてHSPは病気ではなく気質です。性格的なものなので、治すことはできません。

 

そのため、HSPの人は自分の性格と向き合いながら生きていく必要があります。

 

HSPはなぜ仕事が続かない?

HSPはなぜ仕事が続かないのでしょうか?その理由をまとめてみました。

周りに人がいると疲れる


HSPは周りの人に敏感です。人がいるだけで気を遣い、特に人混みを苦手としています。

 

また、人が怒られているの見ると感情移入し、自分ごとのように落ち込むことも。そのため人のいる環境で働くと、モチベーションが下がってしまいます。

仕事が覚えられない

敏感過ぎるが故に、仕事が覚えられない人もいます。

 

HSPは、人の言動を深く読み取るため「今の口調は怒っていたのかな?」「もう一回聞くと迷惑になりそう」と、余計な妄想を膨らませます。

 

その結果、聞きたいことが聞けず、仕事が覚えられません

 

私も上司に質問ができず、ミスを連発した経験があります。「怒られたらどうしよう」という気持ちが先行し、自分で解決することを選んでしまうのです。

要領が悪い

HSPは、話を1聞くだけで10まで想像し考えることができます。一見、仕事ができそうなイメージですが、余計なことまで考えてしまうため、結果的に仕事が遅くなってしまうのです。

このタイミングで連絡したら迷惑かな

もし相手が違う意見だったらどうしよう

今は他の人を手伝うべき?

このように、考え込みすぎて仕事に手がつきません。

 

特に複数の仕事を同時進行している場合、さらに要領が悪くなってしまうでしょう。

些細なことに落ち込む

HSPは、些細なことに落ち込みます。人の表情や仕草で気持ちを察しやく、常に人の顔色を伺ってしまうのです。

 

私も会社員時代に、上司の目の動きや表情を見て「今機嫌が悪そうだな」「なんか怒ってるのかな?」など、気持ちを感じ取っていました。

 

気疲れすることも多く、ずっと精神を削り取られているような気持ちになります。

五感が鋭すぎる

HSPは五感に優れています。強みにもなりますが、あまりにも鋭すぎて疲れることも少なくありません。

  • 上司の体臭が気になる
  • 時計の音が耳から離れない
  • 人の気配がして集中できない

このように、五感が悪い方向に働きがちです。

 

私も人の気配が気になって、仕事に集中できないことがありました。

辞める勇気がない時の「辞め方」

HSPの人は、周りの反応が怖くて「辞めます」と言い出せないのではないでしょうか?

 

そこで辞める勇気がない時の、賢い辞め方を紹介します。

負担が少ない時期に切り出す

部署の負担が少ない時期に切り出せば、お互いの精神的負担が軽くなります。

 

HSPの人はどうしても「迷惑がかかって申し訳ない」「忙しい時期だし言い出せない」と悩みがちです。

 

そんな時は、仕事の閑散期を狙って辞めることを伝えましょう。

 

すると「今なら辞めても周りへ迷惑がかからない」と言い出しやすくなります。

上司の機嫌が良い時


退職を伝えた時に、「何言ってるんだ」と怒られるのは嫌ですよね。

 

そこで、上司の機嫌が良いタイミングを見計らって退職を伝えましょう。

 

機嫌が良ければ、カッとなることもありませんし、親身になって聞いてくれるかもしれません。

人がいないタイミング

HSPに限らず、周りに人がいる時に退職を伝えるのは至難の技です。「〇〇さん辞めるだって」と、注目を浴びるのは避けたいところ。

 

だからこそ、人がいないタイミングで退職を伝えましょう。

  • 早めに出勤して相談する
  • 上司に合わせて残業する
  • 上司の2人きりのタイミングを狙う

このように人がいないタイミングなら、精神的負担も軽減できます。

退職代行を使う


退職代行とは、あなたの代わりに代行業者が退職の手続きをしてくれるサービスです。

 

退職代行のメリットは以下の通りです。

  • 相談した当日に退職できる
  • 会社への連絡は不要
  • 退職届などの書類も全て郵送でOK

退職代行に頼めば、上司や同僚と顔を合わせることなく退職できます。いつものように退社して、次の日から会社に行かなくていいのです。

 

ただし、お世話になった人や仲の良い同僚がいる場合、相手を悲しい気持ちにさせてしまいます。本当に利用するべきか、よく考えてから実行しましょう。

HSPに向いてる働き方とは?

仕事に悩みを抱えがちなHSPですが、環境を変えれば向いてる働き方に出会えます。そこでHSPに向いてる働き方や職種を紹介します。

強みを活かせる業界

弱みが注目されがちなHSPですが、仕事に活かせる強みも持っています。

  • 共感力が高い
  • 五感が鋭い
  • 危機管理能力がある
  • 芸術性に長けている

このように、繊細な部分を活かせば仕事で活躍できます

 

例えば、共感力を活かしてカウンセラーになったり、五感を活かして音楽の仕事に就いたりと、強みを活かせる環境はいくらでもあります。

ひとりでできる仕事


ひとりでできる仕事なら、人間関係で悩む必要はありません。

 

在宅勤務フリーランスになれば、自宅で快適に仕事ができます。周りに気を遣うこともありませんし、マイペースに仕事を進められます。

 

私も在宅ワークをしていますが、本当にストレスフリーです。HSPで仕事ができなかった自分が嘘のように働けています。

 

周りが気になって仕事が手につかない人は、ひとりでできる仕事にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか。

 

働けないと感じた時の対処法

精神的に疲れて「働けない」と感じた時の対処法を紹介します。

休息期間を設ける

疲れた時は、有給や休職などの制度を利用して、休む期間を設けましょう。HSPの人は「ひとりの時間」がないと、精神的に追い詰められます。

 

そのため、疲れを感じたら、素直に休むことが大切です。

自分を否定しない

疲れている時ほど、自分を否定したくなるものです。

やっぱりダメな人間なんだ

いつも失敗する

自分なんて、、、

こう思いがちですが、さらにメンタルを悪化させるだけです。

 

だからこそ、自分を責めずに「今は疲れているからゆっくり休もう」と、自分を許してあげましょう

運動習慣をつける


運動はメンタルに良い影響を与えます。

 

体を動かすと、脳の血流が良くなり、思考力や記憶力が高まります。また「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが増え、メンタルが安定しやすくなります。

 

また運動が習慣化すると、達成感や満足感が得られるようになり、自分に自信がつくのもポイントです。

 

まずはウォーキングなど、簡単な運動から始めてみてはいかがでしょうか。

 

睡眠時間の確保

心と体の不調は睡眠で改善します。疲れている時ほど、睡眠が取れていないことが多いのではないでしょうか。

 

だからこそ、睡眠時間はしっかりと確保しましょう。
また睡眠を質を高めることも大切です。

  • 就寝1時間前からスマホは見ない
  • 朝はしっかり日光を浴びる
  • 寝る3時間前までに食事を済ます

このように、時間だけでなく深い眠りにつけるように気をつけてみてください。

友達と会話する

「友達に話したらすっきりした」という経験はありませんか?

 

自分の悩みや苦痛を人に話すことで、ストレス解消につながります。また悩みを話すことで頭が整理され、解決策が見えてくることもあります。

 

ぜひ仲の良い友達を会話をして、ストレス解消してみてくださいね。

働きたくないHSPの人へ

働きたくない人は、自分に合わない仕事をしている可能性があります。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題やりたい仕事を始めるきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は仕事したくないHSP向けに、仕事が続かない理由や対処法を紹介してきました。

 

HSPが自分らしく働くには、働き方を変えるのが一番です。ぜひ本記事を参考に、ストレスの少ない生活を送ってみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事