美容師を辞めたいと思う理由と正しい辞め方5つ

美容師を辞めたい人もいるのではないでしょうか。

 

美容師に疲れた
仕事の辞め方を知りたい
辞めるのはもったいない?

 

このような悩みを持った人も少なくありません。

 

そこで今回は、美容師の辞める理由ランキングや辞め方を徹底解説します

 

美容師に限界を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

美容師に疲れたあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか自己分析もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

美容師を辞めたいと悩む人は多い


美容師を辞めたいと悩む人は多いです。

 

JOBOONが美容室のオーナー33名を対象にしたアンケート調査では、11名の人がバックレられたことがあると回答しています。

 

約33%の美容室がバックレを経験しているとなると、辞めたいと感じている人はそれ以上にいそうですよね。

美容師を辞める理由ランキング

美容師を辞める理由をランキング形式で紹介します。

1位:給料が低い

美容師はハードな割に給料が低い職種です。

 

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、美容師の平均年収は男性が約317万円、女性が約284万円となっています。

 

日本人の平均年収が約440万円なので、100万円以上も給与が低いことがわかります。

 

そのため生活が苦しくなり、仕事を辞めたいと感じる人が多いのです。

2位:下積み期間が長い

美容師になるには、アシスタントとして下積みしなければなりません。

 

スタイリストのサポートや雑務をこなし、休みなく働きます。朝は準備のために一番に出勤し、閉店後は清掃やカット練習で遅くまで居残りします。

 

この修行を1〜2年ほど続けるのは、体力的にも精神的にも辛いですよね。

 

そのため、アシスタント期間に辞めたいと感じる人も多いのです。

3位:長時間労働・サービス残業


美容師は、長時間労働やサービス残業に苦しんでいます。

 

通常の勤務に加え、出勤前や退勤後に講習やカット練習をするのも当たり前。もちろん残業代が出ることはありません。

 

またお客様が来店されれば、昼休憩が取れないことも。1時間の休憩を取ることは稀です。

 

そのため、体力的に疲弊してしまい、辞めたいと感じてしまうのです。

4位:休日が少ない

美容師は休日が少ない職種として知られています。

 

休日の平均は月6〜7日、年間の休日日数は90日前後。この数字は他のサービス業と比べて少なく、過酷な労働環境だということがわかります。

 

土日祝は確実に出勤で、休みも練習で潰れることも珍しくありません。

 

休みが少ないとリフレッシュできず、ストレスが溜まっていきます。そのため、美容師に限界を感じている人が多いのです。

5位:職場の人間関係

職場の人間関係に悩む美容師も少なくありません。休日も少なく長時間労働していると、相手を思いやる気持ちが欠ける場合もあります。

 

JOBOONが美容師やオーナーを対象にしたアンケート調査では、人間関係で職場を変えようと思ったことがある人は71.4%にものぼっています。

 

要するに3人に2人は、人間関係で悩んだ経験があるということです。

 

このように、職場の人間関係に悩む人は多い傾向にあります。

美容師を辞めて転職を成功させる方法

それでは、美容師からの転職を成功させる方法を紹介します。

美容師を辞めたい理由を明確にする

まずは美容師を辞めたい理由を明確にしましょう。

 

なぜなら、次の転職先でも同じ悩みを抱えてしまう可能性があるからです。例えば、休みが少ないのが原因なら、休みが多い業界への転職を選択できます。

 

このように理由を明確にすることで、転職の失敗を予防できるでしょう。

美容師の経験が活かせる職種を探す

美容師に限界を感じているなら、美容師の資格が活かせる他業種に転職するのもありです。職種によっては、美容師よりも待遇がよい場合もあり、働きやすい環境が整っています。

 

美容師の資格が活かせる職種は以下の通りです。

  • アイデザイナー
  • ヘアメイク
  • ヘッドスパ
  • ウィッグ取扱店

これらの職種は、美容師の経験をいかせます。

半年分の生活費を貯めておく


転職を考え始めたら貯金を心がけましょう。

 

転職先が決まっているなら問題ありませんが、休日の少ない美容師は辞めてから仕事探しをすることも珍しくありません。だからこそ、転職先が決まらない事態に備えて、生活費を貯めておくことが大切です。

 

貯金がないと焦って仕事を決め、転職に失敗することもありますからね。

必要に応じて退職代行サービスを使う

「バックレたいほど職場の環境が最悪」と悩んでいる人も少なくありません。

 

そんな時は、退職代行サービスを活用してみましょう。退職代行に依頼すれば、職場への連絡は不要で当日にすぐ辞められます。

 

逆にバックレてしまうと、美容室の間で名前が広まって、転職が難しくなるかもしれません。辞めたいけど勇気が出ないという人は、退職代行を活用してみてください。

スキルを身につける

スキルを身につければ転職を有利に進められます。

 

美容師の多くは、資格がもったいないと感じ、美容業界から出られないループに陥ってしまいがちです。もちろん資格を活かすのは大切ですが、自分に合わないのなら潔く辞める勇気も必要です。

 

そのため、興味がある業界や職種のスキルや資格を調べて取得してみてはいかがでしょうか。

 

美容師を辞めて後悔することはある?


美容師を辞めて後悔することはあるのでしょうか?

 

実際に美容師を辞めて後悔する人はそう多くありません

 

なぜなら、美容師業界はどこに行っても同じような悩みを抱えてしまうからです。

 

お店を変えても給料の変化はなく、休みも少ないまま。そのため、本当に仕事が好きな人しか生き残っていけないでしょう。

 

元美容師の人に話を聞くと「辞めてよかった」「美容師はやめとけ」という声もあります。もし後悔するか分からない人は、なぜやめたいのかを明確にし、決断を下すようにしてくださいね。

美容師に疲れたあなたへ

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか自己分析もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は美容師の辞める理由ランキングや辞め方を解説してきました。

 

もし美容師を辞めたいと悩んでいるなら、辞めたい理由を明確にしてみましょう。

 

ぜひ本記事を参考に、自分らしい働き方を見つけてみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事