双極性障害(躁鬱病)でも続けられる3つの働き方!仕事が続かないを解決しよう

双極性障害(躁うつ病)が原因で、仕事がうまくいかないと悩む人は多いです。

不安げな顔
職場に迷惑をかけている
不安げな顔
仕事が続かない
不安げな顔
転職を繰り返すばかり

このような悩みを持っているのではないでしょうか。

 

この記事では、 双極性障害で悩んでいる人向けに、おすすめの働き方をご紹介します。働きたくても失敗ばかりで辛いという方は、ぜひ参考にしてみてください。

双極性障害で仕事が続かないあなたへ

双極性障害の方は、自宅で働く選択肢を持っておくことが大切です。自宅であれば、体調が悪い時でも周りを気にすることなく休めます。

 

そして私たちは、在宅勤務に必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの理想とする生き方を実現するきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

双極性障害(躁うつ病)の特徴と悩み事

双極性障害(躁うつ病)の特徴と悩み事
双極性障害とはポジティブな「躁状態」と、ネガティブな「鬱状態」を交互に繰り返す精神疾患です。調子が良い時は問題なく仕事ができますが、鬱状態になると仕事に大きな支障をきたします。

 

そして、双極性障害には「双極性障害Ⅰ型」「双極性障害Ⅱ型」2種類があります。

 

それぞれの特徴と悩み事を解説します。

双極性障害Ⅰ型

双極性障害Ⅰ型は、躁状態と鬱状態がはっきり分かれている病気です。一般的に認知されているのはⅠ型で、本人だけでなく周りも異常な状態と気づけます。

 

——躁状態の時は、「自分にはなんでもできる」と自信に満ち溢れるのが特徴です。しかし人の話を聞かなかったり、ルールを守らずに仕事を進めるなどの、異常行動がみられる場合も。

 

——そして鬱状態になると、動けないほど無気力状態となり、全く仕事に手が付かなくなります。そのため、仕事が上手くこなせず人間関係も上手くいかないループに入ってしまうのです。

双極性障害Ⅱ型

双極性障害Ⅱ型は、躁状態と鬱状態が軽度である時に診断される病気です。症状が軽いので、軽視されがちですが、Ⅰ型よりも深刻だといわれることもあります。

 

——なぜなら、症状が軽いため本人も周りも気づかないことが多いからです。躁状態でも、少し明るいくらいなので違和感を感じることもなく、うつ病になってから初めて病気だと分かります。

 

しかも、双極性障害Ⅱ型とうつ病の区別は難しく、病院側も正しい判断を下せない時があります。そのため、摂食障害、不安障害、アルコール依存症などを併発しやすく、Ⅰ型よりもひどい症状になってしまう可能性も。

 

現状に問題はなくても、将来的に大きなダメージを負う可能性のある深刻な病気です。

双極性障害の人が働く時のポイント


双極性障害の人が働く時のポイントを紹介します。

休みやすい仕事を選ぶ

双極性障害の人は、休みが取りやすい仕事を選びましょう。

 

なぜなら、双極性障害は体調の良い日と悪い日が交互に訪れるからです。体調の悪い日に仕事に行っても、メンタルが悪化してしまいます。

 

そのため、当日でも休みやすい職種や、有給休暇を取得しやすい会社を選ぶといいでしょう。

 

例えば、派遣社員やパート勤務に切り替えて、休みやすい環境を整えるのもひとつの手です。

 

正社員になっても辞めてしまっては意味がありませんので、自分が長く働き続けられる働き方を模索してください。

自分でコントロールできる仕事を選ぶ

自分で仕事をコントロールできれば、体調が悪い日でも休むことができます。

 

仕事を調整しやすい働き方としては、

  1. フリーランス
  2. 歩合制の仕事(営業職など)
  3. フルコミッションの仕事

 

などがあります。

 

ただし歩合制やフルコミッションの仕事は、ノルマがきつく、プレッシャーに押し潰されてしまう可能性があります。そのため、自分ですべて決められるフリーランスをおすすめします。

ひとりでできる仕事を選ぶ

双極性障害の人は、躁状態でも鬱状態でも周りに迷惑をかけがちです。

 

ひとりでできる仕事を選べば、周りを気にすることなく働けます。

 

例えば、

  • トラック運転手
  • フードデリバリー配達員
  • フリーランス

 

など人と関わりの少ない働き方を選ぶといいでしょう。

双極性障害におすすめの3つ働き方


双極性障害におすすめの働き方は以下の3つです。

  • 障害者雇用
  • 派遣社員
  • フリーランス

 

それぞれ解説していきます。

1.  障害者雇用

双極性障害の方は、「精神障害者保健福祉手帳」を取得できます。精神障害者保健福祉手帳を持っていると、 障害者雇用の求人にも応募できるのがメリットです。

 

障害者雇用であれば、急に体調が悪くなっても、安心して休みが取れます。そもそも障害者雇用は周りからの理解を得た上での雇用なので、無理なく仕事を続けられるでしょう。

 

報酬が低いなどのデメリットはありますが、転職を繰り返してメンタルがボロボロになるより、長く続けられる障害者雇用の方が、良い側面もあります。

 

まずは病院で双極性障害の診断書をもらい、障害者手帳の申請を行ってみてください。

2.  派遣社員

派遣社員は、正社員よりも自由な働き方ができます。

 

派遣社員のメリットは、ライフスタイルによって職種や勤務地を選べる点です。

 

週4勤務や短時間勤務など、体に負担をかけない働き方もできます。また正社員よりも責任が少なく、比較的休みが取りやすいのもメリットです。

 

そして派遣社員は期間が決まっているため、職場が合わなくても「契約満了まで乗り切ればいい」という安心感があります。

 

正社員がキツいという方は、派遣社員という働き方も考えてみてください。

3.  フリーランス

フリーランスになれば、自分に合った働き方が実現できます。

 

働く場所や時間には囚われることなく、仕事も自分で選べます。また体調が悪くなれば、すぐに体を休めることも可能です。

 

筆者もフリーランスとして働いています。体調が悪い日は、「今日は休もう」と自分で決められるのが良いと感じています。

 

体調に波がある双極性障害の人は、フリーランスという働き方も検討してみてください。

 

無理しない働き方をしたいあなたへ


双極性障害の方は、自宅で働く選択肢を持っておくことが大切です。自宅であれば、体調が悪い時でも周りを気にすることなく休めます。

 

そして私たちは、在宅勤務に必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの理想とする生き方を実現するきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひ LINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回は 双極性障害の働き方について解説してきました。

 

まずは自分が双極性障害Ⅰ型なのかⅡ型なのかを、病院で診断してもらいましょう。そして体調を崩しても働ける仕事を探すことが大切です。

 

ぜひ本記事を参考に、無理なく働ける環境を見つけてみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事