会話が苦手な人が自然に話せるようになる7つのコツ

会話が苦手な人は、コミュニケーション能力を改善したいですよね。

 

口角が下がった顔
話すのが苦手
涙を流した顔
自然な会話ができない
叫んだ顔
おしゃべりに苦手意識がある

 

このような悩みを抱えていませんか?

 

筆者の私もコミュニケーションが苦手で、会話中に言葉が出てこない時があります。

 

しかしポイントを押さえることで、人並みに会話ができるようになりました。

 

そこで今回は、私の経験を含め、会話の苦手意識を克服する方法を紹介します。

自然な会話ができないあなたへ

自然な会話をしたい人々
会話が苦手な人は、コミュニケーションの少ない環境に身を置くことも考えましょう。

 

例えば、スキルを身につけて在宅勤務をすれば、職場でのストレスを最小限に抑えられます。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。在宅ワークができるスキルが身につきます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

コミュニケーションが苦手な人の特徴

まずはコミュニケーションが苦手な人の特徴を解説します。

自分の話ばかりする

人の話を聞かずに自分の話ばかりする人は、コミュニケーション能力が低いといえます。

 

相手も話したいはずなのに、耳を傾けないと

 

相手を好きでない顔
会話したくない

 

と思われるでしょう。

 

例えば、相手が「この前北海道に旅行行ってきたんだ」と話すと「私も行ったことある!2年前に行った時は〜で」と、自分の話を始めてしまう人は要注意です。

 

結果的に人から避けられるようになり、コミュニケーション能力も低下していきます。

会話の引き出しが少ない

会話の引き出しが少なくて何を話そうか悩んでいる人

引き出しが少ないと会話が気まずくなります。

 

特に会話経験が少ない人は、自分の意図しない会話内容になった時、言葉に詰まってしまうでしょう。

 

会話に消極的な人は、引き出しが少ないまま過ごすことになります。

過去の失敗を引きずっている

コミュニケーションで失敗した経験のある人は、会話に苦手意識を持ちます。

 

人と会話する場面になると

 

涙を流している顔
今回も上手くいかないのでは

 

と不安になるのです。

 

その結果、コミュニケーションを避けるようになり、会話が下手になっていきます。

人と話す機会が少ない

人と話す機会が少ないと、自然な会話ができません。

 

日常的な会話なら問題ありませんが、想定外の内容になると言葉に詰まります。

 

私は在宅勤務なので久しぶりに人と話すと

 

声がでなくて焦っている顔
あっ、あっ

 

と言葉が出てこないことがあります。

 

会話は場数が大切なので、話す機会を設けることが一番の近道です。

空気が読めない

空気が読めなくて自分のことばかりを示す虫眼鏡と文字

空気が読めない人は、会話を続けられません。

 

いきなり話題を変えたり、話を途中で遮ったりと場の空気を乱してしまいます。

 

本人は自覚がなく悪気もないので、一番タチの悪いパターンです。

 

周りから指摘されたことがある人は、自分の性格を見直す必要があります。

コミュ障は2種類に分類される

コミュ障にはダウナー系コミュ障とアッパー系コミュ障の2種類があります。

 

自分がどちらに分類されるのか、チェックしてみてくださいね。

ダウナー系コミュ障

ダウナー系コミュ障とは、いわゆる「隠キャ」「人見知り」と呼ばれる人を指します。

 

自分に自信がなく、コミュニケーションを避けがちです。

 

私もダウナー系コミュ障で、人との会話が上手くいきませんでした。ただ周りの空気は読めるので、相手を不快にさせないのは唯一の救いです。

アッパー系コミュ障

アッパー系コミュ障の男性

アッパー系コミュ障とは、自分勝手で空気が読めない人を指します

 

急に話題を変えたり、人の気にしていることを言ったりする厄介なタイプです。周りが嫌な顔をしているのに、全く気づかないため、ダウナー系コミュ障よりも嫌われます。

 

私の知り合いにも同じタイプの人がいます。相手が嫌がってるのに楽しそうに話してくる、非常に鬱陶しい人です。

 

こういった人は、周りからの指摘がないと改善できないでしょう。

 

一緒に読みたい記事

会話の苦手意識を改善する方法

それでは会話の苦手意識を改善する方法を紹介します。

見た目に気を遣う

まずは会話の内容以前に、見た目に気を遣いましょう。

 

なぜなら、あなたのコミュ障は見た目の問題かもしれないからです。

 

「人は見た目が9割」という言葉があるように、相手はあなたの見た目で性格を判断します。

 

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱したメラビアンの法則によると、

 

  • 視覚情報55%(身だしなみ、しぐさ、表情)
  • 聴覚情報38%(声のトーン、大きさ)
  • その他の情報7%(話の内容)

 

という結果が出ています。

 

実は話の内容よりも、見た目で判断されることが多いのです。

 

そのため身だしなみに気を遣えば、話しやすい人だと思われるでしょう。

笑顔を心がける

笑顔を心がける
相手に安心してもらう意味でも、笑顔を心がけましょう。

 

明るい笑顔の人の周りには人が集まります。自分も楽しい気持ちになり、会話も弾みやすくなるはずです。

 

あなたも笑顔の人に安心感を覚えますよね。

 

笑顔が苦手な人は、鏡の前で口角を上げる練習をしてみてください。

 

明るい表情になれば、周りから話しかけてきてくれますよ。

相手7・自分3の割合で会話する

相手7・自分3の割合で会話すると、コミュニケーションが円滑に進みます。

 

人は基本的に自分の話をしたい生き物です。聞き上手な人は、相手に話題を振ります。

 

特にアッパー系コミュ障の人は、相手の話を聞くことを心がけましょう。

 

相手に会話の主導権を渡せば、話題がなくても盛り上がれます。

5Sの相槌

相槌が上手い人は会話を盛り上げられます。

 

会話に苦手意識がある人や、引き出しが少ない人は相槌を意識しましょう。

 

おすすめは「5Sの相槌」です。

 

5Sの相槌
  • 驚き(Surprise):ええー、そんなことがあったんですか?
  • 茶化し(Spoof):いやいや、何言ってるんですか(笑)
  • 残念(Sorry):それは大変でしたね。今は大丈夫ですか?
  • 疑念(Suspect):それでどうなったんですか?
  • 共感(Sympathy):分かります!さすが〇〇さん!

 

このように、話題に対してリアクションを取ることで相手は気持ちよくなります。

 

話題を提供しなくても盛り上がれるため、いつもより大きなリアクションを取ってみてください。

会話する機会を増やす

会話する機会を増やし練習している男女
場数を踏めば、コミュニケーション能力が鍛えられます。

 

会話の機会が少ない人は、積極的に話す場を設けましょう。

 

  • 社会人サークルに参加してみる
  • 習い事を始める
  • アパレルも揃っている
  • マッチングアプリで異性と会ってみる

 

最初はぎこちないかもしれませんが、だんだん会話のコツを掴めるはずです。

知識を身につける

知識を身につければ、会話の引き出しが増えます。

 

相手が話題を振ってくれた時でも、言葉に詰まらず返せるようになるでしょう。

 

まずは話したい相手の好きなことや趣味に関する本を読んでみてください。

 

その知識を元に会話を広げると、相手も喜んでくれるはずです。

話すスピードを合わせる

人によって話すスピードやテンポが異なります。

 

相手と会話のスピードが合わないと、お互いにストレスを感じます。

 

会話のペースが一緒だと、相手は

 

笑顔で前向きな顔
もっと話したい

 

と思うものです。

 

だからこそ、相手のスピードやテンポに合わせることを心がけましょう。

 

一緒に読みたい記事

話すのが苦手なあなたへ

スキルと書かれた新聞の上に立っている男性
会話が苦手な人は、コミュニケーションの少ない環境に身を置くことも考えましょう。

 

例えば、スキルを身につけて在宅勤務をすれば、職場でのストレスを最小限に抑えられます。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。在宅ワークができるスキルが身につきます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

今回は会話の苦手意識を克服する方法を紹介してきました。

 

ちょっとしたコツを意識するだけでも、コミュ障は改善できます。

 

ぜひ本記事を参考に、人との会話を楽しんでみてくださいね。

 

一緒に読みたい記事
働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事