社会人5年目で仕事ができない人は頑張るべき?それとも転職するべき?
社会人5年目なのにミスばかり...
新人の前で怒られるのが辛い...
仕事ができない自分に嫌気がさす...

 

社会人5年目というと、大卒の人であれば27歳の頃。

 

早い人ならリーダーポジションに就くため、同期の間で差が出始める頃でもあります。

 

今後のキャリアについてはもちろんのこと、恋人がいれば結婚を考えるタイミングでもあるなど、このままでいいのかと悩むことが多い時期ですよね。

 

なるべく若いうちに転職した方がいいのか、それとももう少し頑張った方がいいのか、悩ましい問題です。

 

そこで今回は、社会人5年目で会社を辞めた筆者の経験も踏まえ、社会人5年目で仕事ができない人はもっと頑張るべきか、それとも転職するべきかについてまとめます。

仕事ができないことに悩む社会人5年目のあなたへ

仕事ができなくて悩んでいる男性
現在の職業や会社に勤めて5年目を迎え、向いてないと感じる場合は、仕事もしくは環境を変えることをおすすめします。

 

向き不向きを判断するのに、5年は十分な時間と言えるからです。

 

とは言えアテもなく辞めて、適当に違う仕事や環境に移っても、また同じ感覚に陥る可能性があるので、まずは自分の適性を再確認してみましょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

社会人5年目で仕事ができないのは向いてない証拠?

社会人5年目で仕事ができないと感じるのはどのような時でしょうか?また、それは向いてない証拠になるのでしょうか?具体例を挙げて解説します。

仕事についていけない

最もわかりやすいのは、仕事についていけないことでしょう。

  • 要領良くこなせない
  • 自分だけ残業が多い
  • その上ミスが多くて上司に呆れられている

 

入社5年目はまだまだ若手の位置付けではありますが、通常業務は卒なくこなし、独り立ちしている頃です。

 

全力で取り組んでいるにも関わらず、明らかに自分だけこなせていないとしたら、向いてない可能性が高いでしょう。

 

ただ、任される業務範囲が増えていたり、能力以上の仕事を任されていたりする場合は、期待されている証拠とも考えられます。

 

自分では仕事ができないと思っていても、周りからは伸びしろがあると思われているのかもしれません。

本質をとらえる能力に欠けている

本質が解らなくて空回りして悩む女性
本質をとらえる能力に欠けていると、何をやってもズレてしまいます。

  • 上司から「こういうことじゃない」とよく怒られる
  • 簡素でいい社内向けの資料作りにこだわってしまう
  • 対応した顧客からクレームをもらうことが多い

 

怒っている人の顔

指示されたことすらできないのか!

 

と言われてしまえば、仕事ができないと思うのも無理はありません。

 

自分なりに工夫してもうまくいかないとしたら、向いていないと考えた方がいいでしょう。

仕事の幅が広がっていない

入社5年目となると主な業務内容は同じでも、トラブル対応や後輩・新人のフォローなど、少しずつ管理者層の役割を経験することが増えてきます。

 

同期入社の人は任される仕事が増えている中、自分には声がかからないとしたら、自分の評価は低いのだろうと思いますよね。

 

仕事ができないとまでは思われていないかもしれませんが、管理者には向いてないと思われている可能性はあるでしょう。

社会人5年目に求められること

次に、社会人5年目に求められることを解説します。

自走できること

自走できるエネルギッシュな男性
社会人5年目に求められることはまず、自走できることです。

  • 業務を1人で任せられる
  • 暇な時もやることを見つけて動ける
  • トラブルやクレーム処理ができる
  • 他部署の人との関係構築ができる

 

通常業務を卒なくこなせるのは当たり前で、自分で考え判断して行動できたり、働きやすい環境づくりを構築できたり、手がかからない状態=自走できている状態です。

 

自走できるようになれば自然と信頼度が上がり、重要な案件や上司の代理を任されるようになっていきます。

後輩や新人の育成・フォロー

入社5年目となれば自分にある程度余裕が出る頃なので、後輩や新人のサポート役として機能することも求められます。

 

上の立場からすると、入社5年目をフォローしながら、さらに後輩や新人の育成をするのでは、自分の仕事が進まなくて大変ですよね。

 

教育は上司の務めですが、上司以外の人にもできること。多忙な上司からすると、奪える仕事はどんどん奪ってほしいと思っているものです。

仕事ができない人は頑張るべき?それとも転職するべき?

仕事ができない人はもっと頑張るべきか、それとも転職するべきかを解説します。

頑張るべき人

まず頑張るべき人は、以下のような人です。

  • 今の仕事や会社が好き
  • 努力が足りていない自覚がある
  • 人間関係は良く精神的に余裕はある
  • 尊敬できる先輩や上司がいる

つまり、辞めたいとまでは思ってない人は頑張るべきです。

 

悲しい人の顔

周りに迷惑をかけて申し訳ない。辞めた方がいい

 

と考える人もいますが、あなたの評価は他者がすることです。自分の中で勝手に決着をつけるのはやめましょう。

 

成長のペースは人それぞれなので、あるタイミングから急激に伸びる人もいますからね。

 

もし仮に今辞めて、人間関係が劣悪な環境に行ってしまった場合、スキルアップどころではありません。最終的に転職するにしても、今吸収できることはすべて吸収するべきです。

 

頼れる同期や先輩、上司がいる場合は、1度正直に相談してみるといいでしょう。きっともう少し頑張ろうと勇気づけてもらえますよ。

転職を検討した方がいい人

逆に転職を検討した方がいい人もいます。

  • 仕事に向いてないと言われた
  • 職場環境が劣悪で精神的に辛い
  • 他にやりたいことが見つかった

自他共に今の仕事に向いてないと感じているとしたら、本当に向いてない可能性が高いのでしょう。

 

また、怒られる恐怖心から萎縮して本来の力が出せず、仕事ができないことにつながっている場合も離れるべきです。

 

仕事ができないことによる転職は逃げだと思うかもしれませんが、自分の苦手なことや嫌なことは明確になりましたよね。これも社会人経験から得られたひとつの財産です。

 

転職をする際は同じ展開にならないよう、しっかり自己分析をした上で、慎重に決定することを心がけましょう。

仕事を続けるべきか辞めるべきかわからない人は

仕事を続けるべきか辞めるべきかわからない人は、仕事を続けながら新しいことに挑戦することをおすすめします。

 

どんな仕事もできるようになると楽しさが見えてくるので、今の仕事がいずれ天職に感じられる可能性もあります。

 

一方で他の仕事に適性がある可能性も当然あります。学習や副業を通じて他の仕事に触れることで、視野が広がるでしょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は社会人5年目で仕事ができない人はもっと頑張るべきか、それとも転職するべきかについてまとめました。

 

今は副業でさまざまな仕事を経験できる時代なので、気になる仕事がある人は、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

 

副業を通して自分に適性がある仕事が見つかれば、悩みは自然と解決しますからね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事