ダメ人間の特徴と克服する方法8つ|ダメ人間から変わりたい人必見
ダメ人間過ぎて辛い
なんで自分はこんなにダメ人間なんだろう...
ダメ人間を克服したい!

自分をダメ人間だと自覚して、変わりたいと思っているあなたなら変われます。

 

この記事ではダメ人間を克服する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダメ人間を克服したいあなたへ

まず結論ですが、ダメ人間を克服するには、生活の根本を変えるのが1番です。

 

ダメ人間と呼ばれる人の多くは、自分に合った仕事や働き方ができていないため、仕事を変えることで変われる人は多いでしょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

ダメ人間によく見られる特徴12個

ダメ人間と呼ばれる人にもさまざまな特徴があります。自分に当てはまるものがないか、確認してみましょう。

整理整頓をしない


ダメ人間の多くは整理整頓をしません。

 

職場のデスクなど共有部分は普通に使うので、整理整頓自体はできるわけですが、家の中はめちゃくちゃな状態になっている人がめずらしくありません。

 

布団は敷きっぱなしで、足元は踏み場がないほど散らかり、溜まるゴミや使用済みの食器、あちこち蜘蛛の巣だらけの始末。

 

実家暮らしの人だと、社会人になっても親が部屋の掃除をしている人もいるほどです。

時間にルーズ

ダメ人間は時間にルーズな人も多いです。

 

多少の遅刻で済む人ならまだしも、飲み過ぎて寝ていたりゲームに没頭していたり、音信不通になってしまう人も。

 

仕事での大事な打ち合わせのような、外せない用事はさすがに時間を守る人が多いですが、プライベートでは予定に合わせて行動することができません。

約束を忘れる

ダメ人間は、飲んでいるときなどに決めた約束を忘れがちです。

 

話だけして予定をメモしないので、翌日になればすっかり忘れて、結局忘れたままになってしまいます。

 

「なんか予定あった気がするけど、まぁいいや」と別の予定を入れてしまい、ダブルブッキングになることもザラです。

お金にだらしない

ダメ人間の典型とも言えるのが、お金にだらしない人です。

 

欲望をコントロールできないため、お酒やお菓子、タバコ、ギャンブル、ゲームへの課金など、湯水のようにお金を使ってしまいます。

 

「今月使い過ぎたな...」という瞬間は誰しもあるものですが、多くの人は節制するなりして調整します。

 

ところがお金にだらしない人は、クレジットカードのリボ払いを多用するなどして、そこからさらにお金を使ってしまいます。

 

収入の範囲内でやりくりができず、借金までしてしまう人は、ダメ人間と言われても仕方がありません。

仕事をサボる

前日の飲み過ぎによる二日酔いや、恋人にフラれたショックで何もする気が起きないなど、プライベートの理由で仕事をサボるのもダメ人間の特徴です。

 

ほかの特徴にも共通していますが、今の自分のことしか見えていないため、周りに与える迷惑など考えられないわけです。

めんどくさがり

  • 自炊せず、常にコンビニ弁当や冷凍食品を食べている
  • 髪の毛のセットやアイロンがけをしないなど、身だしなみが適当
  • 自転車のパンクを修理しない

すぐ近くのコンビニまで買い物に出かけることすら面倒で、食事を抜く人もいるほど、めんどくさがりな人もいます。

 

こんな生活のため、ダメ人間は廃人のような雰囲気をまとっている人もいます。

継続力がない

ダメ人間は継続力がない人も目立ちます。貯金、ダイエット、禁煙、禁酒、脱ギャンブル、早起きなど、大抵のことが三日坊主で終わります。

 

ひどい場合は明日からやろう!と決めたものの、起きたらやる気がなくなっていて、結局何もやらずに挫折してしまいます。

 

有言不実行なのも、ダメ人間の特徴です。

忍耐力がなく、嫌なことからすぐ逃げる

ダメ人間は忍耐力がなく、嫌なことからすぐに逃げる傾向にあります。

 

わかりやすいのは仕事でしょう。少し怒られたり、相性の悪い人がいたりすると、それだけでやる気を失い、すぐに辞めてしまいます。

 

筆者が昔アルバイトをしていた時の事例では、想像よりキツかったらしく、休憩に行ったっきり帰って来ない人もいました。1日どころか半日で辞めてしまったわけです。

 

辞めると言ったら脅されるような危険な環境であれば話は別ですが、無断で辞めてしまうのは基本的にダメ人間と言わざるを得ません。

生活リズムが不規則


大体夜更かししていて寝不足、休みの前の日や休みの日は朝方まで起きていて、昼過ぎに起床するような、生活リズムが不規則な人も多くいます。

 

寝たい時に寝て、食べたい時に食べて、という生活リズムなので、不健康な見た目になっている人も少なくありません。

 

基本睡眠不足の状態では、日中パフォーマンスは出せないため、よりダメな部分が出てしまうわけです。

寄生虫気質

ダメ人間は、頼れる人にはどこまでも頼ろうとする人もいます。

 

例えば親や恋人に依存していて、お金に困ったら援助してもらったり、食事や洗濯、掃除のすべてをしてもらったりする人はいますよね。

 

働いていてお金を収めている人ならまだしも、本当にダメな人は働かないどころか、借金をつくって、その肩代わりまで頼むことも。

自分に甘く他人に厳しい

ダメ人間は、自分に甘く他人に厳しい傾向があります。

 

例えば店員さんが間違えてお釣りを多く返してきたような、自分に都合の良いことは黙り、逆の場合は烈火の如く怒るイメージ。

 

言える立場にあると思ったらここぞとばかりに突っかかるのも、ダメ人間の特徴です。

平然と浮気をする

ダメ人間は平然と浮気をするなど、恋愛面でもだらしなさが目立ちます。

 

自分に甘く他人に厳しい傾向があるため、自分はするけど恋人が浮気するのはダメといった思考の人もいます。

 

このように全体的にだらしなく、自分中心の考え方をするのがダメ人間の特徴的です。

ダメ人間になる原因

なぜダメ人間になってしまうのでしょうか?考えられる原因をみてみましょう。

甘やかされて育った

甘やかされて何でも許され、与えられて育った人は、ダメ人間になる傾向にあります。

 

自分の言うことは何でも通るのが基本なので協調性はなく、家事などやりたくないことをやるのをバカらしいと思ってしまうわけです。

 

その人自身の問題というより、育った環境がそうさせてしまったのかもしれません。

挫折があって絶望している

  • 受験に失敗した
  • 就活がうまくいかなかった
  • 大切な人に裏切られた

人生を賭けていた何かで失敗し、絶望して自暴自棄になってしまうケースもあります。

 

すごく意欲をもって前向きに仕事に取り組んでいたのに、いつからか急に何事にも無関心になった人は、燃え尽き症候群かもしれません。

 

めんどくさいことを後回しにする

ゴミ捨てや散髪など、めんどくさいことを後回しにする癖がついている可能性もあります。

 

汚い環境や身だしなみを整えていない自分が当たり前になると、徐々に全てがどうでもいいと思うようになるからです。

 

そうなると「どうせまたゴミ溜まるんだから、ギリギリまで溜めてまとめて捨てればよくない?」という発想になり、次第にゴミだらけになるわけです。

 

めんどくさがりな性格が、ダメ人間にしている人もいるでしょう。

やりたいことがない

家でダラダラしたり、ギャンブルをしたりする以外に、やりたいことがないからダメ人間になっている可能性もあります。

 

今や大企業の社長をやっている人の中にも、ギャンブルに明け暮れた自堕落的な生活を送った過去や、ホームレスを経験した人もいます。

 

自分が夢中になれて、人から求められることが見つかった途端、生活が180度変わる人もいますからね。

ダメ人間でいることが許されている

世の中には一定数、ダメ人間が好きな人もいます。

  • 自分がなんとかしてあげたいと思う
  • 自分より下の人を見ると安心する
  • ダメすぎておもしろい

ダメ人間からすれば、ダメな部分が受け入れられていれば、自然体でいられるので楽です。

 

むしろ変わる必要がないため、ダメ人間であり続けるわけです。

ダメ人間でいるデメリット

次に、ダメ人間でいるデメリットを紹介します。

信頼されない

あらゆることにだらしなく、めんどくさがりだと、どうしても信頼されません。

 

友達や恋人に見切りをつけられたり、昇進できなかったり、滞納歴があればクレジットカードが作れないといった場合もあるでしょう。

 

ダメ人間でいると失うものや得られないものが多く、それは自信喪失にもつながるため、自己嫌悪で生きるのがつらくなってしまいます。

健康を害する

食事は適当、運動はしない、睡眠時間もバラバラ、このような生活では健康を害するのは目に見えています。

 

将来的に食事やお酒、タバコなど制限されてしまえば、楽しみはどんどん減っていきます。不摂生が原因で、入退院を繰り返す生活になるのは嫌ですよね。

時間を損する

めんどくさがってあらゆることをすべて後回しにしていると、いざやる時に余計に時間がかかるので、時間を損します。

  • 探し物がなかなか見つからない
  • 汚れがひどくて掃除に時間がかかる
  • 手続きを忘れていてやり直しが必要になる

日々少しずつ片付けていれば大した作業ではなかったことも、後回しにすると大変になり、余計めんどくさく感じられます。

 

時間がかかる上に、めんどくさい気持ちも割増になるので、損ばかりです。

お金を損する

ダメ人間生活をしていると、時間の損だけでなく、お金を損することもあります。

  • 賃貸で汚れがひどければ、清掃代が多くかかる
  • 虫歯を放置していて、治療代がかさむ
  • リボ払いにして多額の手数料を支払う

特にリボ払いは危険です。

 

仮に100万円まで支払額がかさみ、毎月元金1万円で返済する計画だと、返済期間は7年、手数料は約48万円かかるため、100万円の利用に対して150万円支払うイメージになります。

 

返済した分の利用可能額をまた消費するようでは、いつまでも損しっぱなしです。

 

また、仮に税金を滞納していれば延滞税もかかります。本来支払う必要のないお金に追われるのは、デメリット以外の何ものでもありません。

ダメ人間を克服する方法8つ

ここからはダメ人間を克服する方法を紹介します。

整理整頓をする


あなたは割れ窓理論という言葉をご存知でしょうか?

 

1枚の割れた窓ガラスを放置しておくと、さらに割られる窓ガラスが増え、ゴミが捨てられるようになり、やがては地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになるという理論です。

 

軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を抑止できると言われています。生活スペースの乱れは心の乱れ。些細な気持ちのゆるみから、ダメ人間は加速してしまいます。

 

家の中が散らかっている人は、まず整理整頓をしましょう。

身だしなみを整える

身だしなみを整えると、気持ちの切り替えができます。

  • 髪を切る
  • ヨレヨレの服を買い換える
  • かかとのすり減った靴を変える

など、自分を大切に扱うことで、モチベーションが変わります。

 

「おしゃれなんかよくわからないし、どうでもいい」と思っている人はぜひ試しに、身だしなみに投資してみてください。

先延ばし癖を治す

今やろうと思えばできることを、何でも先延ばしにするのはやめましょう。

  • 食べ終わったらすぐに食器を洗う
  • ゴミを溜めずにすぐ捨てる
  • 免許の更新はすぐに行く

など、めんどくさいから今度でいいやと思いがちなことほど、早く片付けるのがおすすめです。

 

思い出してもう1度めんどくさいと思ったり、忘れていて後になってバタバタしたり、先延ばしにしてよかったと思うことは基本ありません。

 

性格的に無理と思うかもしれませんが、すぐやる習慣がつけば変わります

 

規則正しい生活リズムにする


食事や睡眠などが不規則な生活リズムだと、知らず知らずのうちに身体と精神にダメージが及び、糖尿病や動脈硬化、うつ病を発症する恐れがあるとされています。

  • 毎日なるべく決まった時間に起きる
  • 朝食をきちんと食べる
  • 就寝の90分前に入浴する

毎朝スッキリ目覚められるようになると、めんどくさくて何もやる気が起きない自分を変えられます。

 

運動をする

運動不足の人はぜひ、何かしら運動を取り入れましょう。

 

適度な運動は健康状態が良くなるだけでなく、自分に自信が出たり、外見にも清潔感が出て印象が良くなったり、何かを継続する力も養われます

 

散歩、ジョギング、筋トレ、スポーツなど、自分に合ったものであれば何でもOKです。急に運動するのが面倒と感じる人は、駅でエスカレーターではなく階段を使うなども効果的です。

 

お金の使い方を見直す

しっかり働いているのに手元にお金がない、もしくはリボ払いがかさんでいて、借金がある状態の人は、お金の使い方を見直しましょう。

 

貯金はあればあるほどいいというものでもありませんが、心にゆとりができるのは間違いありません。

 

まとまったお金があれば、やりたいことが見つかった時にすぐ行動もできますからね。1人暮らしの人はまず、収入の10%を目安に貯金されることをおすすめします。

 

もしリボ払いの返済がある場合は、貯金の前にマイナスを精査しましょう。

 

自立する

ずっと実家暮らしをしている人は、実家を離れ、1人暮らしを始めるのもおすすめです。

 

1人暮らしは洗濯、掃除、ゴミ出し、日用品の買い出しなど、何事も自分でやらなければいけないので、無理矢理でも動くことが習慣になります。

 

また、働きながら家事と子育てをこなす親のありがたみがわかるものです。

付き合う人を変える

付き合う人を変えるのも効果的です。

 

最も多くの時間を過ごす5人の平均が自分、と言う成功者もいるほど、身近な人付き合いが私たちに与える影響力は巨大です。

 

自分に何か才能があっても、怠惰な人間しか周囲にいなければ、自分も次第に怠惰になりますが、逆も然り。

 

自発的に自分を変えられない人は、人付き合いを変えて、自分を変えていくという発想もいいでしょう。

 

ダメ人間から変わりたいなら

ダメ人間を克服するには、やりがいのある仕事をするのがひとつの方法です。

 

日中楽しくない環境にいては、それを埋めるために夜更かししたり、散財したりしてしまいますが、日中が充実していれば生活は自然と変わるからです。

 

もし今、やりがいを感じられる仕事をしていない人は、仕事を変えるのがおすすめです。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はダメ人間を克服する方法を紹介しました。ダメ人間と聞くと、当然ダメなところばかりが目につきますが、度胸があるとも言えます。

 

例えば多くの人は貯金など気にせず、もっと今を楽しく生きたいと思っていても、実際は将来が不安でそうできないからです。

 

ダメ人間にも強みはあります。ダメ人間で社会不適合者だったから、起業するしかなかったという人もいますが、成功している人もたくさんいますからね。

 

悲観的にならず、少しずつ行動してダメ人間を克服しましょう。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事