仕事を辞めるタイミングはいつがオススメ?退職時期のベストを知ろう
やりたいことが見つかったから挑戦したい!
もっとフレキシブルに働きたい!
今の職場が辛いから辞めたい...

仕事を辞める意思はある程度固まっている一方、どのタイミングで辞めるべきか悩んでいませんか?

 

筆者は退職経験がありますが、退職を考え始めてからいつ辞めるか決めて、上司に伝えるまで時間がかかったのでよくわかります。辞めるタイミングって悩みますよね。

 

この記事では、仕事を辞めるオススメのタイミングについて解説します。今まさに仕事の辞めどきを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

仕事を辞めるタイミングを悩んでいるあなたへ

まず結論ですが、仕事を辞めたい理由が精神的に辛い、もしくは長時間労働が常態化していて体が悲鳴をあげているなど、身体に影響が及んでいる場合は、タイミングなど考えずにすぐ辞めましょう。

 

転職先が決まってないから...
まだ勤続年数が浅いから...

と考えがちですが、心身のダメージが行きすぎると、働くこと自体困難になりかねません。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

仕事を辞めるまでの流れ


ここでは実際に仕事を辞めるまでの流れを解説します。会社によって就業規則は異なるため、あくまで一般例として参考にしてください。

退職の旨を伝える

仕事を辞める決意が固まったら、上司にまずは口頭で伝えましょう。

 

民法上では退職の2週間前までに伝えればいいとされていますが、会社にはそれぞれ就業規則があります。

 

一般的には退職希望日から1〜2ヶ月前に設定されていることが多いですが、自分の会社の就業規則を確認し、希望日から逆算して伝えましょう。

 

特別な事情がある場合を除いて、直属の上司に直接伝えるようにしましょう。

退職日を決めて退職願を提出する

上司に退職の旨を伝え、退職日が確定したのちに退職願を提出します。

 

会社のフォーマットがある場合はそちらに従い記入しましょう。フォーマットがない場合は自身で作成し提出します。

 

会社のフォーマットの場合も自身で作成する場合も、トラブルを避けるために提出前にコピーをとって保管しましょう。

引き継ぎをする

退職願を提出し、退職が確定したら業務の引き継ぎをします。

 

会社によって業務の引き継ぎ量は異なるため、引き継ぎを踏まえ退職日や有給消化を設定する必要があります。

 

自己都合で退職する場合、会社や同僚に迷惑のかからないように引き継ぎしましょう。

「どうせ辞める仕事だから…」と投げやりになってはいけません。最後まで給料は発生しますし、これまでお世話になった方に対して失礼にもなります。

 

退職するまでは社員です。会社と揉めて辞めるのでなければ、立つ鳥跡を濁さずでキレイに去りましょう。

 

特に同業他社に転職する場合は、前職の評判が伝わる可能性もありますからね。自分で自分の評判を下げないようにしましょう。

支給品の返却や身辺整理をする

最後は支給品の返却や身辺整理です。退職日当日に出社するか、有休消化開始の前日までに完了させるか、状況によって異なるので流れを確認しましょう。

 

個人情報漏洩防止のため会社側も書類の処分を厳重に行っています。処分しなければならないものを持ち帰ったり返却し忘れたりすると、トラブルになる可能性もあるため、チェックリストを用意して正確に行いましょう。

 

経費精算を忘れてしまうと金銭的に損してしまうので注意してください。

仕事を辞めるタイミングの考え方

ここからは、仕事を辞めるタイミングの考え方について解説します。

転職先の都合を優先する


既に転職先が決まっている場合、転職先から「いつから働けるか」と相談されます。いつから転職先で働くのがいいかを話し合い、そこから逆算して仕事を辞める時期を決めましょう。

 

これから転職先を探す場合は、転職活動のしやすい時期に退職するのがオススメです。

 

新卒採用と異なり、中途採用は年間を通して行われていますが、厚生労働省の一般職業紹介状況によると、1年のうち3月と10月に求人が増えます

 

求職者が増えることや、企業の人事も忙しくなることを踏まえ、求人のピーク時より前から転職活動を始めましょう。

ボーナス支給後に退職する

ボーナスがある企業に勤めている場合、ボーナス支給後に退職するのが無難です。金銭的にゆとりができますからね。

 

会社によっては退職者、退職予定者にはボーナスを支給しない、または減額するとしているところもあるため、就業規則を確認の上、退職を伝える時期を調整しましょう。

仕事の区切りで考える

仕事を辞めるタイミングで悩んでいる人は、仕事の区切りで考えるのもオススメです。

 

特にプロジェクトで複数のメンバーと一緒に仕事をしている場合は、仕事の途中で辞めてしまうと他のメンバーへの負担になります。

 

仕事が全くない時期はないでしょうから、ひとつのプロジェクトの完了が見えたときや、ピークを超えたあたりで辞める旨を伝えましょう。

人事異動の時期から考える


会社によっては決まった周期で人事異動があるので、その時期を見越して伝えるのもひとつです。

 

人事異動が決まってから退職となると、また配置の検討し直しになるため、余計な仕事を与えてしまいますし、内々に異動を知らされていた人がキャンセルになるなど、意外と影響が大きいからです。

 

退職の意向が決まっているのであれば、異動決定の前に知りたいのが会社の本音です。会社の都合を考える余裕があれば、こういった事情を踏まえて仕事を辞めるタイミングを考えましょう。

繁忙期を避ける

仕事を辞めるタイミングで重要なのは、会社の繁忙期を避けることです。

 

働く側としては繁忙期こそ働きたくないのが本音ですが、繁忙期に仕事を辞めるのは、一緒に働くメンバーや会社にとって負担が急増するのは言うまでもありません。

 

円満退職を望むのであれば、繁忙期に仕事を辞めるのは避けるべきでしょう。

仕事を辞めるときのポイント

ここからは仕事を辞めるときのポイントを解説します。

 

仕事を辞めるのは勇気が必要なことです。どのように会社に伝えればいいか、どのようなことに気をつければいいかを解説するので、参考にしてください。

会社の都合も考える

人間関係が辛い、会社と揉めているという状況ではなく、自分の中に余裕がある場合は、仕事の区切りや人事異動、繁忙期など、会社の都合も考えて仕事を辞めましょう。

 

現在の会社で良い人間関係を築いているのであれば、退職がキッカケで不仲になるのはあなたにとっても損です。良い人間関係は仕事を辞めてからも続いていくため、大切にしましょう。

 

また、引き止められるのが嫌で、仕事を辞める理由に本音ではなく、引き止めようがない作り話を伝えるか悩む人もいますが、仕事を辞める理由は本音で伝えるのがオススメです。

 

作り話では会話の中でボロが出て、不信感に繋がる可能性もあります。仕事を辞めた後も良い人間関係を続けたいと思うのであれば、本音で伝えましょう。

引き継ぎをしっかり行う


仕事を辞めるときは引き継ぎをしっかり行いましょう。

 

退職が決まるとホッとして仕事が雑になってしまうことがあります。「もう自分には関係のないことだから」と投げやりになってはいけません。

 

引き継ぎがしっかり行われていないと、取引先やお客様へも迷惑をかけてしまいます。

 

上司とも相談し、引き継ぎ期間はどれくらい必要かを考えた上で、退職日や有休消化を決める必要があります。後々トラブルにならないためにも、やるべきことはやりましょう。

勝手に言い振らさない

仕事を辞めるのが決定したあとも勝手に言い振らしてはいけません。

 

あなたが仕事を辞めることで、一緒に働いているメンバーのモチベーションが下がってしまう可能性もあります。上司と相談の上、いつメンバーに伝えるのかを決めましょう。

 

事前に仕事を辞めることを相談していた同期や同僚がいる場合は、情報が逆流しないように、自分や上司の口から発表があるまでは内密にしてもらいたいと伝える必要があります。

仕事を辞める理由を優先しよう

ここまで仕事を辞めるタイミングやポイントを解説しましたが、最終的に判断するのは自分自身です。

 

自分がなぜ仕事を辞めるのか、どういったキャリアを歩みたいのかを踏まえて決断しましょう。

ステップアップしたい


自身のステップアップのために転職したい場合、自分が望む会社への転職を最優先としたスケジュールを組む必要があります。

 

時期によっては今の会社の繁忙期と重なるなど迷惑をかけてしまう可能性もありますが、ステップアップのために決断しなければなりません。中途半端な決断は禁物です。

仕事や職場環境が辛い

冒頭でも述べた通り、仕事を辞めたい理由が精神的に辛い場合は、タイミングを気にせずにすぐ辞めるべきです。

 

仕事の適性が合わない、職場の人間関係が合わないのは、もう少し頑張れば解決する問題ではありません。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料でLINE上で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は仕事を辞めるタイミングについて解説しました。

 

仕事を辞めるのは勇気がいりますし、周囲への負担増加を考えると躊躇する気持ちも出ますが、タイミングを逃すとどんどん辞めづらくなります。

 

決断できなかった後悔は大きく残ってしまうので、自分の直感を信じて行動しましょう。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事