【2022年】YouTubeの収益化条件と登録者や再生数を増やすコツを紹介

なりたい職業ランキングでも注目を集めるYouTuber。誰でも動画をアップできることから、挑戦する人が増えています。

 

そして、これからYouTubeを始める人は、収益化を狙いたいですよね。

 

筆者は登録者数1万人以上のYouTubeチャンネルを運営し、収益化を成功させています。

 

この記事では、YouTubeの収益化条件や登録者数を伸ばすコツを紹介します。

YouTubeで広告収入を得たいあなたへ

YouTubeで広告収入を得るための作業
YouTubeを収益化するには、ユーザーを満足させる動画を作らなければなりません。

 

私たちはフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

 用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。YouTubeを含めたSNS講座を用意しています。登録者100万人以上のYouTuberのセミナー動画は必見です。

 

ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

【2022年最新版】YouTubeの収益化条件

それではYouTubeの収益化条件を解説します。

YouTubeの収益化ポリシーを遵守している

登録者数や再生時間を伸ばす前に、YouTubeチャンネル収益化ポリシーを遵守しているか確認します。

 

自身のチャンネルがYouTubeポリシーとガイドラインを遵守し、コミュニティガイドラインに違反がないかチェックしてください。

 

申し込みをするとYouTube側で審査が行われます。審査は定期的に行われ、収益化後であっても、違反していると途中で広告が剥がされてしまうこともあります。

 総再生時間が直近の1年間で4,000時間以上

総再生時間が伸びている再生されている様子<
直近1年の動画の総再生時間が、4,000時間を超えている必要があります。動画の本数は関係なく、どれだけの時間再生されたかが重要です。

 

最後まで観てもらえるコンテンツを作成すれば、自ずと再生時間も伸びていきます。

 

逆に動画を100本アップしても面白くなければ、途中で離脱され再生時間は伸びません。

 

そのため、なるべく最後まで視聴してもらえる仕組みや工夫を施すことが大切です。

チャンネル登録者数1,000人以上

続いて、チャンネル登録者1,000人を超える必要があります。収益化条件で最も難しく、伸び悩む人も少なくありません。

 

どんなに再生時間が伸びても、チャンネル登録してもらえるとは限りません。特に視聴者は、登録の少ないチャンネルに対して「面白くない」という先入観を持ちがちです。

 

私もYouTubeを始めて3ヶ月でやっと登録者100人を達成しました。100人は「最初で最大の難関」といわれるほど難しいハードルです。

 

そのため「次の動画も観たい」と思わせるコンテンツを作成することが大切です。

 

一緒に読みたい記事

収益化後の広告収益の受け取り方

収益化後の広告収益の受け取っている様子
収益化条件をクリアしたら、設定を行って収益を受け取ります。

1. 収益化の申請

YouTube Studioの収益化の画面にて「参加条件を満たしたら通知する」のボタンを押します。

 

審査は数日〜数週間かかるので、焦らずに待ちましょう。ちなみに私は3日くらいで審査が終わりました。

2. GoogleAdSenseと紐付け

審査に通ったらGoogleAdSenseと紐付けします。Google AdSenseのアカウントを持っていない人は、ここで登録を済ませてください。その後は口座情報の入力などを行います。

3. YouTube広告の設定

設定が終わったら、YouTubeに広告をつけましょう。これまでに投稿したコンテンツには金額のマークが表示され、広告をつけることができます。

チャンネル登録者と再生時間を伸ばすコツ

YouTubeの収益化条件をクリアするのは至難の技です。コツコツ動画をアップしても、なかなか収益化まで至らない人もいます。

 

そこでチャンネル登録者と再生時間を伸ばすコツを紹介します。

投稿頻度を上げる

動画の投稿頻度を上げると、登録者や再生時間が伸びていきます。

 

YouTubeのアルゴリズムでは、投稿頻度が多いと「活発なチャンネル」と認識されます。すると、おすすめや関連動画に表示されやすくなり、チャンネルの認知度が上がっていきます。

 

また動画が多くなると、再生回数や再生時間が比例して伸びていきます。YouTubeのアルゴリズムは公表されていませんが、最低でも週2本は動画投稿した方が良いでしょう。

検索を意識した動画作成

検索を意識した動画作成 料理
ジャンルにもよりますが、初期段階では検索を意識した動画を作成してください。

 

なぜなら登録者が多いチャンネルの方が、おすすめや関連動画に載りやすいからです。登録者1,000人未満のチャンネルがどう足掻いても、おすすめに載ることは稀です。もちろんテクニック次第で表示はできますが、それは上級者になってからです。

 

まずはキーワードを決めて、検索からの流入を意識しましょう。

例えば、「カレー」「作り方」のキーワードを狙う場合

 

【カレーの作り方】30分で本格的なお店の味に仕上げる方法


このように、キーワードをなるべく左寄せでタイトルを作るといいでしょう。

まずは検索流入をメインに登録者と再生時間を確保し、YouTubeのアルゴリズムに評価されるように動いてください。

データを元にPDCAを回し続ける

動画投稿を続けていくと、アナリティクスにデータが蓄積されます。そのデータを元に、PDCAを回せばより視聴者に刺さる動画ができます。

 

PDCAとは、

  • Plan(計画)
  • Do(実行
  • Check(評価)
  • Action(改善

の略で、計画から改善までをひとつのサイクルとして行う手法です。

 

例えば、アナリティクスの視聴維持率をチェックすると、視聴者が離脱した部分が分かります。どんなシーンで離脱を招くのか明確になれば

アイデアが浮かんだ様子
次は離脱したシーンを省こう
アイデアが浮かんだ様子
他のカットを入れてみよう

と改善していけます。

 

他の項目においても視聴者の行動が可視化されていますので、ぜひアナリティクスを確認しながらPDCAを回してみてください。

収益化して稼ぎたいあなたへ

収益化して稼いでいる様子
YouTubeを収益化するには、ユーザーを満足させる動画を作らなければなりません。

 

私たちはフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

 用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。YouTubeを含めたSNS講座を用意しています。登録者100万人以上のYouTuberのセミナー動画は必見です。

 

ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回はYouTubeの収益化条件と、登録者や再生時間を伸ばすコツを紹介してきました。

 

収益化をするためには、YouTubeのアルゴリズムを理解して、定期的な動画投稿を行う必要があります。

 

ぜひ本記事を参考に、YouTubeの収益化を目指してみてください。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事