航空エンジニアからフリーランスへ|30代からのキャリアチェンジ

「今の会社で一生働き続ける人生でいいのかな?」

「フリーランスになって、会社に縛られない生き方に憧れる」

「でも30超えて新しい仕事って厳しいよな...」

このように思っていませんか?

 

よく未経験職種への転職は35歳が限界なんて言われますが、フリーランスとして活動するのであれば、年齢は関係ありません。

 

今回は航空エンジニアから未経験の仕事でフリーランスに転身した狗巻さんに、30代で働き方を変えた経緯現在の仕事についてお話を伺いました。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

航空エンジニアからフリーランスになるまで

自己紹介をお願いします。
狗巻祐基と申します。35歳です。今のリモートワークという働き方をする前は、ずっと航空業界にいまして、飛行機の整備を担当していました。航空エンジニアですね。
格納庫での整備もやりましたし、空港で最後手を振ってお見送りするような仕事もやっていました。
ちなみにどちらの空港にお勤めだったんですか?
伊丹空港です。大阪国際空港ですね。転勤が1度もなく、大阪から離れたことがありません。

 

 

航空エンジニアも異動はあるものなんですか?
結構多いですよ。毎月のように異動があります。地方の空港は整備士が2〜3人しかいないところもあるので、誰か体調を崩すようなことがあれば行く必要があります。
航空業界というと、今コロナの影響でバタバタしている印象があります。
そうですね。辞めた途端にコロナが流行りだして、大変だと思います。
コロナ関係なく仕事を変えられたんですね。
そうです。もしかしたらまた戻れるかなという淡い期待もありましたが、一瞬でなくなりました(笑)
手に職でいろんなところに行けるチャンスもあって、面白そうな仕事だと思うのですが、コロナの影響と関係なく辞めようと思ったキッカケは何ですか?

いろんな要素がありますが、まず会社が副業NGだったことです。拘束されている感があると言いましょうか。保安上のことなんかもあるので規定が厳しくて、SNSでの発信なんかも非常に気を遣いました。

 

すごくやりがいのある仕事で良かったんですけど、自分の望むライフスタイルとしては、やりたいことをやりたいタイミングでできたらというのがあったので、今のような働き方にしたいと思ったのが1つです。

 

あとは、飛行機の整備士は勉強が大変というのも1つです。整備士がサインするための国家資格があるんですけど、サインできないと飛行機が飛んでいかないので、それがないと仕事になりません。

 

仕事が終わってから資格の勉強をするんですけど、時間がめちゃくちゃ取られるんですよね。試験があるときは1年くらいはプライベートがなくなります。

資格があれば風を切って歩けるというか、先輩のやった作業を自分がチェックするような立場になるので、資格さえ取れればってところではあるんですけどね。

 

ただ資格は飛行機によって付与されていて、更新もあってその度に受験が必要なので、1つ取れば終わりではなく、一生資格と向き合い続ける必要があります。

 

あと18時30分出社の翌朝8時までのような夜勤もあって、昼勤務2日、夜勤2日、休み2日みたいな生活が、体にあんまり良くないとは感じていました。

フリーランスの仕事内容について

現在の仕事内容を教えてください。
マネクルでお世話になってもうすぐ1年経ちますが、ずっとLステップ※業務を担当しています。
Lステップを導入する前の個別相談と、運用中の方のサポートをする運用コンサルをしています。

 

※Lステップとは、LINE公式アカウントに特化した配信スタンド。詳しくはLステップ公式ブログをご確認ください。

 

お客様とZoomでセッションしながら、疑問点を解消していく仕事です。喋るのが苦手なので、まさかこんな仕事をやるとは思っていませんでした(笑)
Lステップの構築代行もしていますか?

その仕事は外部に委託しているので、マネクルでは対応していないです。ここが担当できると思ってたんですけど、その事業がそもそもなかったです(笑)

 

元々エンジニアなので、黙々と作業するのが好きなんです。営業とか絶対に嫌で、人と関わるのが苦手だから飛行機の整備士だったわけで。まさかという感じです。

でもお客様に喜んでもらえますし、最近は喋れるようになってきたその成長を嬉しく感じています

実はこの前に、オンラインのWebデザインスクールで半年ほど勉強していました。その時はデザインでやっていこう!と思っていまして。

 

でも前職を辞めたタイミングくらいにLステップの話があり、Lステップの方が性に合ってそうだなと思って、Lステップをやることにしました。

今はWebデザインのお仕事はされていないですか?
ちょうどついさっき、デザインの件で打ち合わせをしていたんですけど、言われたらやるレベルで、自分から積極的に募集はしないです。1件対応したら、しばらく他の案件は受けないです(笑)
ちなみにWebデザインはどういう案件を請けているんですか?
LPのヘッダーとか、パーツですね。LP全体やるとなると大変ですし、あくまでも文章が主体ですが、ライティングはできないので。
航空エンジニア、Webデザイン、Lステップと、ここ1年で大きく動いてますね。
そうですね、人生はぶっ飛ぶほど変化しました

リモートワークという働き方について

働き方はリモートワークの方が合っていると感じますか?

そうですね。今の方が気が楽です。

フリーランスのリモートワーカーって自由ですよね。やりたいことをやりたいタイミングにできるライフスタイルは楽しくて、めっちゃいいなと思ってます。

 

子どもが体調を崩したときにすぐ対応できるなど、そういった面でも自由度の高さは感じます。

 

今は決まった時間にお客様対応があるので、まだサラリーマン要素もありますが、この仕事から外れたらもっと自由度が上がるだろうと思います。

自分の人生自分次第という感じが好きです。

リモートワークのメリット・デメリットを教えてください。

メリットは自由度が高いところですね。
デメリットは、わからないことをパッと聞けないことと、今はチャットのみのコミュニケーションが基本なので、顔が見えず声も聞こえないため、少々とらえにくいと感じますかね。

 

今後リモートで関わる人が増えていくにつれて、そのあたりが課題に感じられるかもしれません。

 

あと今はフルリモートと言えチームでの仕事なので、人との関わりが結構ありますが、部署によってはほぼ個人プレーの仕事もあるでしょうから、もし違う仕事を担当することになったら、他者とのつながりを感じづらいと思うような気もします。

 

オフィスワークをしていれば、良くも悪くも人との関わりはありますからね。

リモートワークはどんな人に向く働き方だと思いますか?

自分から何かしたいという、意思がちゃんとある人ですかね。逆にそういう意思がないと大変だと思います。

 

会社だとこれやってくださいって勝手に仕事がきますけど、フリーランスは自発的に言わないと業務量の調整ができませんので。
自分で自分をコントロールできる人には向くと思います。

現在の1日のスケジュールを教えてください。

個別相談か運用コンサルのどちらかが、大体以下の時間帯で入っています。

 

  • 9時30分〜10時30分
  • 11時〜12時
  • 13時30分〜14時30分
  • 15時〜16時

なので1日中セッションという感じですね。1件だけ設定代行を受けているものがあるので、それをやる時間が少しあります。

あとは、マネクルが主催する無料コミュニティ「オープンイノベーション大学」の中に、Lステップ部というものがあって、そこで出た課題の添削などもやっています。

 

まとめ

今回は航空エンジニアからフリーランスへ転身した狗巻さんにお話を伺いました。

 

「フリーランスになる前は、航空業界のことしか知らなかった」と仰っていましたが、WebデザインやLステップを学び、まったくの異業種で新たな働き方で活躍されています。

 

30代になると家庭がある人も増え、ガラッとキャリアチェンジすることは勇気がいる人も多いと思いますが、今30代の私たちは今後、65歳どころか75歳、もしくはそれ以上の年齢でも働く未来が予想されています。

仮に75歳まで働くとして、今35歳の人はまだあと40年もキャリアが残っています。これまでのキャリアよりも今後のキャリアの方が圧倒的に長いのに、新しいことに挑戦できないわけがありません。

 

筆者も30歳になってからフリーランスになりましたが、フリーランスは年齢や経歴はほぼ関係ありません。クライアントの多くは、発注した仕事ができるスキルがあって、今動ける人であればOKだからです。

 

正社員転職だと年齢は大事なポイントになってきますが、フリーランスはスキルがあればいくらでもチャンスがあります

 

フリーランスに興味がある人は、まずは隙間時間に副業でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事