副業に役立つ資格17選|おすすめの資格ランキングTOP3も紹介
将来を考える人の顔
副業を始めたい
将来を考える人の顔

資格があった方が有利だよね

将来を考える人の顔

副業で活かせる資格って何だろう?

副業時代と呼ばれる今、ダブルワークを検討する会社員はめずらしくありません。

 

中でもなるべく効率よく稼げる仕事や、将来につながる仕事がしたいと考える人は、資格取得を視野に入れる傾向があります。

 

そこで今回は、副業に役立つ資格をまとめて紹介します。

そもそも副業に資格は必要?

副業に資格取得の勉強をしている人
副業をするのに資格が必要かどうかは、仕事によって大きく異なります。

 

資格の必要性は以下のように分かれるからです。

  • 資格必須の仕事
  • 資格があると有利な仕事(必須ではない)
  • 資格の影響力がない仕事

どんな資格も持っていてマイナス評価になることはありませんが、かと言ってプラス評価になるとは限りません。

 

なのでまずは、資格を取得するべきか否かを見極める必要があります。

資格を取得するべき仕事や人の特徴

資格を取得するべき仕事や人の特徴を紹介します。

資格必須の仕事

軽トラック
例えば軽トラックでの配送業を副業にするには、運転免許が必要です。

 

このように、資格必須の仕事を副業にしたい場合、言うまでもなく資格取得が必要です。

 

やりたい仕事が明確で、その仕事には資格が必要なのであれば、迷わず資格取得に向けて準備を始めましょう。

資格があると有利な仕事

資格があると有利な仕事の特徴は以下のとおりです。

  • 募集要項に有資格者歓迎と書かれることが多い
  • 資格手当が付与される
  • 資格によって明らかに権威性が増す

影響力のある資格、というイメージです。

 

例えばワインの専門資格である「ソムリエ資格」は、持っていなくてもホテルやレストランで働くことはできます。

 

ただ、有資格者の方が需要は高く、資格手当によって待遇も良くなる傾向があります。

 

また、一般的にソムリエ=ワインのスペシャリストという印象が強いため、資格を持つと存在感や発言力が大幅に増します。

 

お客さんだけでなく仲間内でも、影響力のある存在として働けることを考えると、取得価値のある資格と判断できるでしょう。

異業種に挑戦したい人

異業種に挑戦したい人は、資格があった方が有利です。

 

実務経験がなくても、資格さえあれば応募の土俵に上がることはできますからね。

 

本業とは違う職種で副業をしたい人にも、資格取得はおすすめです。

いずれ独立開業したい人

資格があると、独立開業しやすい仕事はあります。

 

代表的なのは、税理士や弁護士のような士業と呼ばれるものですね。

 

いずれ独立開業したい人は、独立しやすい資格を目指すのもいいでしょう。

副業に役立つ資格17選

それでは副業に役立つ資格を紹介します。

私生活でも活かせる資格5選

ここでは副業としてだけでなく、プライベートにも活かせる資格を紹介します。

 第一種運転免許

第一種運転免許
第一種運転免許は、普通自動車(+原付)を運転するために必要な免許です。

 

車が運転できると主に、配送業を副業にすることができます。

資格の種類国家資格
受験資格18歳以上、教習所を卒業していること
試験の頻度試験場によって異なる
受験費用3,800円(試験+免許交付手数料)
目安の勉強時間50時間程度
合格率70〜76%

今は若者の車離れが進んでいると言われており、新成人の免許保有率は50%程度。

 

教習所の費用や通学期間がネックになっている人も多いですが、運転免許があると便利な場面は結構あるので、運転に抵抗がない人には取得をおすすめします。

 FP(ファイナンシャルプランナー)

FPとは、金融や税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度に関する知識を保有するお金の専門家です。

 

お金の悩みを抱える人の相談に乗り、資金計画をアドバイスするといった副業が可能になります。

資格の種類国家資格
受験資格3級は受験資格なし。2級以上は受験資格あり
試験の頻度3級・2級は年3回
1級は年1回
受験費用3級:6,000円
2級:8,700円
1級:8,900円
目安の勉強時間3級:80〜150時間
2級:150〜300時間
1級:約600時間
合格率3級:約70%
2級:約30%
1級:約10%

資格がなくてもお金のアドバイスはできますが、よほど実績がなければ仕事に結びつけるのは難しいでしょう。

 

お金の勉強は自分の人生にも大きく影響するので、学んで損はありません。

 PFT(パーソナルフィットネストレーナー)

PFT(パーソナルフィットネストレーナー)をしている人
PFTは、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーニング協会)による認定資格です。

 

本資格保有者は世界80カ国で活躍しており、世界標準のトレーニング資格と呼ばれています。

 

パーソナルトレーニングを副業にしたい人におすすめの資格です。

資格の種類民間資格
受験資格NESTAの認定する養成講座、養成コースの受講など複数あり
試験の頻度東京は毎月、名古屋と大阪では2ヶ月に1回
受験費用72,500円(教材費込み)
目安の勉強時間150〜200時間
合格率50〜60%

資格がない人も指導はできますが、パーソナルトレーナーの多くは、資格の勉強を通じて人体やトレーニングについて学んだ有資格者。資格があった方が活動しやすいでしょう。

 

日頃トレーニングをする人は、自身のパフォーマンスを高める目的で勉強するのもアリですね。

介護福祉士

介護福祉士とは、認知症や寝たきりのお年寄り、障害がある人に対して、入浴や食事などのサポートをする仕事です。

 

介護業界はすでに慢性的な人手不足で、副業OKの求人も多くあります。

資格の種類国家資格
受験資格養成学校卒業者、実務経験(パート可)3年以上など
試験の頻度筆記・実技が年に1回ずつ
受験費用18,380円
目安の勉強時間250時間程度
合格率約70%

介護の知識と経験があれば、もし親族に介護が必要になった時にも役立ちます。

 

超高齢化社会を迎える日本では、今後さらに需要が高まる職業のひとつなので、将来的に転職するにも困らないでしょう。

趣味にまつわる資格

趣味にまつわる資格とは、例えば以下のようなものです。

料理が好き➡️調理師
・ワインが好き➡️ソムリエ
・ヨガが好き➡️ヨガの認定資格
・ネイルが好き➡️ネイリスト
・動物が好き➡️トリマー

自分の好きなことだと無理なく勉強できて、継続しやすいのが大きなメリットです。

 

単にアルバイトで副業をするだけでなく、情報発信をしたり週末起業をしたり、自分の好きなように活動しやすいのも魅力と言えるでしょう。

取得難易度が低いけどお金になる資格5選

次に、取得難易度はそこまで高くないものの、お金になる資格を紹介します。

第二種運転免許

バス
第二種運転免許とは、旅客自動車(バスやタクシーなど)を運転するにあたって必要な免許です。

資格の種類国家資格
受験資格21歳以上、運転歴3年以上
試験の頻度試験場によって異なる
受験費用3,750円(自動車学校卒業者の場合)
目安の勉強時間50時間程度
合格率約35%

第二種運転免許があれば、隙間時間に個人タクシーの副業ができるようになります。好きな時だけ働けるのはメリットですよね。

登録販売者

登録販売者とは、ドラッグストアやコンビニで、一般医薬品の販売ができる資格です。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用12,800円〜18,100円(都道府県によって異なる)
目安の勉強時間400時間程度
合格率40〜50%

おすすめの副業場所は、ドラッグストアです。

 

ドラッグストアはあちこちにありますし、平日の夜間や土日だけなど都合よく働けて、時給も高めなので言うことなしでしょう。

危険物取扱者

危険物取扱者は、危険物を取り扱う場所に必要な資格で、身近なところで言うと、ガソリンスタンドでの副業に活かせます。

資格の種類国家資格
受験資格丙種と乙種はなし、甲種はあり
試験の頻度年複数回
受験費用丙種:3,700円、乙種:4,600円、甲種:6,600円
目安の勉強時間最も人気のある「乙種第四類」は40〜60時間
合格率最も人気のある「乙種第四類」は30%程度

ガソリンスタンドで働く上で求められる資格は、「乙種第四類(通称:乙4)」です。

 

乙4があると採用されやすかったり、資格手当がつくところもあったりするので、ガソリンスタンドで副業したい人は持っておきたい資格です。

電気工事士

電気設備の工事
電気工事士は読んで字の如く、電気設備の工事・取扱いをする上で必要な資格です。

 

資格は第一種・第二種に分かれており、扱える電力の大きさに違いがあります。

 

第二種は一般住宅や小規模店舗のイメージ、第一種はビルや工場まで扱えるイメージです。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度筆記・実技が年に1回ずつ
受験費用第二種:9,300円(インターネット申し込みの場合)
第一種:10,900円(インターネット申し込みの場合)
目安の勉強時間第二種:150時間程度
第一種:300時間程度
合格率第二種:約63%
第一種:約42%

副業求人も豊富ですし、電気がある限りなくならない職業なので、将来性のある資格が欲しい人におすすめです。

日商簿記

日商簿記は、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能で、主に会計・税理士事務所や、企業の経理部門で役立つ資格です。

 

簿記は公的資格ですが、企業ニーズが非常に高いことで知られているので、経理部門で働きたい人は取得すべき資格と言えます。

資格の種類公的資格
受験資格なし
試験の頻度3級・2級:年3回
1級:年2回
受験費用3級:2,850円
2級:4,720円
1級:7,850円
目安の勉強時間3級:約130時間
2級:250〜350時間
1級:500〜700時間
合格率3級:約45%
2級:約25%
1級:約10%

副業で言うと、経理代行といった仕事があります。

 

3級は基礎レベルで、2級からが実務レベルとされるので、2級を目指すのがおすすめです。

取得難易度が高い分稼げる資格7選

取得難易度は高いですが、その分稼ぎやすかったり独立しやすかったり、メリットも大きい資格を紹介します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(通称:宅建)は、不動産業に必要不可欠な存在です。

 

なぜなら、不動産契約の際に必要な「重要事項の説明」「重要事項の説明書面への記名・押印」「契約書への記名・押印」は、宅建資格保有者のみができる独占業務だからです。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用7,000円
目安の勉強時間300〜500時間
合格率約15%

不動産業界では、従業員5人に1人以上の宅建保有者を置くことが法律で義務付けられているため、かなり需要の高い資格です。土日だけの副業を探すのは難しくありません。

行政書士

行政書士は、行政や官公署に届ける書類の作成や相談を受ける、法律の専門家です。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用7,000円
目安の勉強時間600〜800時間
合格率8〜15%

副業でもやりやすく、1件あたりの単価がいい案件もあるので、短い稼働時間でもそれなりの収入を目指すことができます。

 

行政書士は独立がしやすい資格でもあるので、独立願望がある人には特におすすめです。

社会保険労務士

社会保険労務士(通称:社労士)は、社会保険や労働関連の法律の専門家として、人事や労務管理を行う人のことです。

資格の種類国家資格
受験資格学歴や実務経験など諸条件あり
試験の頻度年1回
受験費用15,000円
目安の勉強時間800〜1,000時間
合格率約6%

社労士は資格取得後、各都道府県に設置される社労士会に所属することになります。

 

そこで社労士のアルバイト情報が得られます。割良く稼げる仕事も多いようです。

マンション管理士

マンション管理士
マンション管理士は、マンションの維持管理に関する提案や、大規模改修工事の計画をする人のことです。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用9,400円
目安の勉強時間500時間程度
合格率7〜9%

マンション管理士も土日だけの副業が可能です。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家で、経営コンサルタントの国家資格と呼ばれるものです。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度年1回
受験費用1次試験:13,000円、2次試験:17,200円
目安の勉強時間1,000時間程度
合格率1次試験と2次試験を合わせた合格率は4%程度

取得難易度はかなり高いですが、会社員であれば本業でも評価対象になる資格です。

 

資格取得が評価されて、経営層に近いポジションに異動したという人も。

 

副業でも企業とコンサル業務で契約できれば、高額報酬を継続的に得ることができます。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、2016年に創設された新しい資格です。

 

自分のやりたいことが見えていない就活中の相談者に対し、職業選択やキャリア開発の支援をするといった役割を担います。

資格の種類国家資格
受験資格厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した人など
試験の頻度年3回
受験費用38,800円
目安の勉強時間300時間程度
合格率約60%

ハローワーク主催の就職支援セミナーや、合同説明会での個別相談など、活動できる幅は広く、副業需要もあります。

 

まだ有資格者が少ないことを考えると、狙い目かもしれません。

弁理士

弁理士は、知的財産に関する専門家で、主な仕事は知的財産(特許や商標など)を権利化することです。

資格の種類国家資格
受験資格なし
試験の頻度短答式・論文式・口述式が年1回ずつ
受験費用12,000円
目安の勉強時間2,000〜3,000時間
合格率6〜10%

知財コンサルティングや、専門知識を活かして記事の監修をするなど、副業の選択肢はいくつかあります。

 

弁理士の仕事は単価が良いので、副業でもしっかり稼げるでしょう。

資格選びのポイント

資格はどのように選ぶといいのでしょうか?資格選びのポイントを解説します。

自分のやりたいことから考える

自分のやりたいことを見つけている様子
資格は取得することが目的ではなく、仕事なりプライベートに活かすことが目的です。

 

取得した結果どこにも活かされないようでは、取得する意味がありません。

 

なので、難関で価値が高そうな国家資格から選ぼうとするのではなく、自分のやりたいことに資格が必要なら取得を目指す、という考え方をしましょう。

資格取得のコストバランスを考える

資格取得にかかるコストとは、勉強時間と教材費のような学習にかかる費用です。

  • そのコストを払う十分な余裕はあるか
  • 自分の年齢だと何年くらい資格を活用できそうか
  • かけたコストを回収できそうか

総合的に判断して、コストに見合う資格選びをしましょう。

おすすめの資格ランキングTOP3

次に、おすすめの資格ランキングを紹介します。

1位:行政書士

行政書士<

1位は行政書士です。

 

理由は、資格の影響力と取得コスト、副業のしやすさなど、全体的なバランスが良いからです。

 

また、初期費用をほとんどかけずに独立できる上、体力仕事でもないので、定年後の仕事にしやすいのも魅力と言えます。

 

2位:日商簿記

2位は日商簿記(2級以上)です。

 

理由はまず、資格取得を目指しやすいことが挙げられます。

 

多くの資格試験は年に1回しかありませんが、簿記は3級・2級は年に3回、1級も年に2回とチャンスが多いので、仮に落ちてもモチベーションをキープしやすいでしょう。

 

1級合格者は予備校で学ぶ人が多いですが、2級までは通信講座や独学で合格する人も多いため、低コストで取得が目指せるのも魅力です。

 

そして何より、簿記の資格にはニーズがあります。1級なら会計のスペシャリストとして扱われるため、副業だけでなく転職時にも大きな武器になります。

3位:趣味にまつわる資格


3位は趣味にまつわる資格です。

 

理由は試験勉強を途中で諦めたり、取得後に宝の持ち腐れになったりするリスクが低いからです。

 

ただの趣味から権威性のある趣味に格上げする目的で、資格を取得するのもアリですよね。

 

今はネットやSNSを通じて、個人がビジネスを起こしやすい時代なので、独自路線を開拓するのに役立つでしょう。

番外編:TOEIC

英語力の指標としてよく使われるTOEICは、英語力を測るテストであって、資格ではありません。

 

資格ではありませんが、資格と似たような扱いをされることが多く、ニーズもあるので番外編として紹介します。

 

英語力を鍛えたい、TOEICのスコアを伸ばしたいという需要は常にあるので、TOEICのハイスコアを持っていれば、副業はいくらでも見つかります。

 

独学での勉強のしやすさは抜群でコストバランスは良く、テストは年に10回と挑戦しやすさも◎。

 

TOEICのスコアを強みに活動するには、800点以上あるのが望ましいでしょう。

資格は掛け合わせると希少価値を上げられる

資格は掛け合わせることで希少価値を上げられます。

 

例えば以下のようなイメージです。

・調理師栄養士
・調理師ふぐ調理師
・調理師野菜ソムリエ

資格を武器にしたいのであれば、相乗効果のある資格取得も検討されるといいでしょう。

 

まずは自分に合った仕事を知ろう

まずは自分に合った仕事を知ろう
資格取得に向けて準備を始める前に、まずは自分に合った仕事を理解しましょう。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身に付けられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。資格なしで活躍できるスキルが学べます。

 

どんな職業が向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は副業に役立つ資格を紹介しました。

 

日本には国家資格と民間資格を合わせて、3,000以上の資格があると言われているので、今回ご紹介した以外にも、副業に役立つ資格はたくさんあります。

 

それらの資格を取得するべきかどうかや、資格選びの考え方は同じなので、本記事を参考に、ニーズや取得コストを考慮し、自分に合った資格選びをしてみてください。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事