優柔不断の直し方|改善して後悔しない選択をしよう
口角が下がった顔
悩みすぎて決められない
無表情の顔
自分の選択が正しいか分からない
口を開けた顔
「何でもいい」が口癖
汗かいて笑った顔
どれでもいいから人に決めてほしい

 

こんなふうに優柔不断になってしまうことってありませんか?

 

そんな決断力のなさに嫌気がさすこともありますよね。この記事では、優柔不断の直し方をご紹介します

 

ぜひ改善して後悔しない選択ができるように、できることから少しずつ変えていってみてくださいね。

優柔不断になる理由

黒板に書かれたぐちゃぐちゃとはてなを見る女性
なぜ優柔不断になってしまうのか、その理由を解説します。

失敗するのがこわい

その選択によって「失敗してしまうのでは?」と思いすぎて、なかなか選択・決断できない状態になってしまうことがあります。

 

心配性過ぎて踏み出せない状態です。けれども、その思考だと、結局はどの選択をしてどんな結果になっても後悔をしがちです。

 

本当に失敗しているというよりは、失敗に焦点を当てすぎている可能性が高いです。

間違えるのが恥ずかしい

自分が選択したものが間違っていたら恥ずかしいという気持ちがあり、優柔不断になることもあります。

 

他人は大して気にしていないことや、そもそも間違った選択がない場合でも、自分の意見を出すことに恥ずかしさを感じてしまいます。

 

日本の周りと合わせる文化も、人と合わない意見にならないか気にする要因となっているかもしれませんね。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低く、自分の意見を尊重できずに優柔不断さがでることもあります。

 

自己肯定感とは、自分を肯定できるかどうかです。良い部分も悪い部分も全てを含め、認められたら自己肯定感は高いと言えます。

 

自分の劣っている部分を受け入れられないと、それに関する選択も難しくなっていきます。

怠け心がある

怠ける気持ちがあると、決めるときに「面倒くさい」と思ったり、後回しにしたり、他人任せにするなど決断を避けてしまいがちです。

 

すると、なかなか何も決めきれずに優柔不断になります。

 

やる気が出せないことが、考えて選択できない状態を作ってしまいます。

判断軸を持っていない

どんな時にどんな選択をするのかという判断軸を持っていないと、優柔不断になりがちです。

 

判断軸がない人は「何でもいい」と思っていたり、何を基準に考えたらいいのか分かっていなかったりします。

 

目標や理想像などを持っていないと、判断軸を持つのは難しくなります。

優柔不断を克服する理由

複数のはてなと虫眼鏡の中にあるビックリマーク
なぜ優柔不断を克服するのか、その理由を解説します。

自分の意見で行動するため

優柔不断を克服するのは、自分の意見で行動するためです。何でもいいから人に決めてほしいと他人の意見に任せていれば、自分の意志はどこにも存在しなくなります。

 

けれども、何をするにも自分の意見で行動していないと、後悔したり人のせいにしたりしてしまいます。

 

ただ、「この選択はこの人に任せる」と一部分を自分の意志で人に頼る分には問題ありません。それを自分の本心で決めているかどうかを考えてみてください。

時間を無駄にしないため

時間を無駄にしないためにも、躊躇している時間は短縮しましょう。

 

優柔不断ということは、迷い悩む時間が多くなるということです。けれども、その時間を短縮できれば、他のことに使えるようになります。

 

くよくよして生産性のない状態よりも、決断・行動して身になる時間を過ごしていきたいですよね。

後悔しないため

優柔不断で悩みすぎて行動せず、機を逃してしまうことがあれば後悔してしまいます。

 

そのため、後悔を減らすには、悩んでいるだけで行動しない時間は削っていきましょう。

優柔不断を直す方法

三つに別れた道を歩く男性
それでは、優柔不断を直す方法をご紹介します。

「面倒くさい」で片付けない

優柔不断の人の中には、そもそも考えるのが「面倒くさい」と考える人もいます。

 

けれども、いつも考えることから逃げていては、何一つ前進しません

 

そのため、考えることに面倒くささを感じた場合でも、そこで終わりにしてしまわないよう気をつけてみてください。

 

「面倒くさい」と思っても、判断・決断・行動をするために思考を止めないようにしていきましょう。

周りの目を気にしすぎない

周りの目を気にして自分の意見を出せない場合は、一旦気にするのをやめて判断していくようにしましょう。

 

うまくいかないことが多くても大丈夫です。それでも自分の意志を尊重して、判断・決断してみてください。

 

何事も知識と経験が必要ですので、分からないことは学びながら挑戦していくと、だんだんうまくいくことは増えてきます。

 

いつでも自分の意見と意志を持って、周りの意見に合わせることを主体としないようにしていきましょうね。

失敗と思わないようにする

失敗を恐れすぎて、何事も決められずに優柔不断になってしまう場合もありますよね。

 

ですが、「失敗した」と思いすぎないようにしましょう。誰でも間違えることはありますので、失敗自体に問題はありません。失敗したことは後悔して悩むのではなく、反省してそこから学び、次に活かしていけるものです。

 

絶対的に正しく完璧な選択というものは、そもそも存在しないと考え、何事も経験と捉えて決断と行動をしていきましょう。

 

考えることを放棄し逃げることは問題ですが、会社を辞めるなどの行動としての逃げる選択に問題はありません。どんなことでも、決断後の対応力を重視して考えてみてください。

疲労感を感じたら休養を取る

考えるのに疲れて優柔不断になっている方は、まずは休養を取りましょう。

 

体も脳も疲れていれば、正常な判断はできなくなってしまいます。

 

何事も健康の上に成り立っていますので、心身ともに健康第一でいきましょう。

考えなくていいことは気にしない

不安な思いや、まだ起きぬことに対する心配な気持ちは考えても無駄な場合が多いです。

 

そんなマインドワンダリング(な状態にならないよう、気をつけてみてください。

 

また、人には選択のパラドックス(という選択肢が多すぎると選べなくなり、結果どれを選んでも後悔してしまう心理があります。

 

選択肢は増やせば増やすほどいいというわけではないので、「まだ他にもいい選択肢があるのでは?」と決断を先延ばしにしすぎないようにしましょう。

仕事で決断ができない方へ

パソコンと奥にいる3人の人
仕事で判断・決断力がなく、くよくよと悩んでしまう方は、知識と経験が足りていないだけかもしれません。

 

そんなときは、今からただ学んでいけばいいのです私たちが運営するオープンイノベーション大学では、あなたに合うスキルを学べる環境が整っています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたのペースで学習を進められます。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

 

まとめ

この記事では、優柔不断を直す方法をご紹介いたしました。決断力を鍛え、行動を起こしていきましょうね。

 

ですが、ときには短所が長所になることもあります。優柔不断さが慎重な考えを生むこともあるかもしれません。

 

折り合いを付けながら、自分の意志で決断・行動していくことを目指してみてください。

働き方・生き方を変えたいあなたへ

オープンイノベーション大学のセミナー写真

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

 

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事