後悔しない人生を送る10の方法|考え方を知って正しい選択を

一度きりの人生、後悔なく生きたいですよね。

 

絶対後悔したくない
自分らしい生き方をしたい
仕事や恋愛を思い切り楽しみたい

 

こう感じている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、人生で後悔したことランキングと後悔しない生き方を解説します。

 

後悔しない人生を歩みたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

後悔しない人生を送りたいあなたへ

後悔しないためには、自分らしく働ける環境が必要です。人生の1/3を占める仕事。それが楽しいものであれば、きっと人生は輝きます。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

人生後悔したことランキング

人は死ぬ時にどんな後悔を口にするのでしょうか?
そこで、人生を振り返って後悔することをランキングにまとめてみました。

1位:自分に正直に生きればよかった

最も多いのが、自分に正直に生きればよかったというものです。

 

自分のやりたいことを諦め、周りと足並みを合わせて生きてきた人は強い後悔を覚えます。

 

例えば、海外で働きたい夢を親に反対され、公務員として定年まで働いたとします。すると死ぬ間際に「反対を押し切って海外に行けばよかった」と後悔するでしょう。

 

あなたは本当にやりたいことをしていますか?

 

そうでないのなら、後悔する人生を歩んでいるのかもしれません。

2位:働きすぎなければよかった


働きすぎたことに後悔する人もいます。

 

特に日本人は働く時間が長く、後悔する人は他の国よりも多いかもしれません。

  • 仕事優先で家族との時間が取れなかった
  • 定年を迎えたが妻に先立たれた
  • 働きすぎて体を壊した

こういった理由で、自分の働き方に後悔を覚えてしまうのです。

 

ブロニー・ウェア著「死ぬ瞬間の5つの後悔」のエピソードに印象的なものがあります。

 

ジョンという男性は、定年後に妻とのんびり暮らす予定でした。しかし仕事を優先し、15年も定年を伸ばしました。

 

しかし、引退まで3ヶ月というところで妻を病気で亡くします。その時「なんで仕事を優先してしまったんだ」という強い後悔を覚えたのです。

 

このように、仕事を優先した結果、大切なものを見失ってしまう人も少なくありません。

3位:自分の気持ちを伝えればよかった

自分の気持ちを伝えられなかったことに後悔する人も多いです。

  • 感謝を伝える前に両親に先立たれた
  • 昔好きだった子が結婚した。あの時告白していれば。。
  • 仕事で意見が言えずずっとモヤモヤしていた

このように、言わなかったことに対して後悔する場面はありますよね。

 

伝えなかった後悔は人生の最後だけでなく、好きな人に告白できなかったなど、若い頃に経験する人もいるのではないでしょうか。

4位:友人と連絡を取り続ければよかった

人生の終わりが近づく時、一番辛いのは「孤独」です。

 

結婚もしてない、友人もいないという状態で年老いていくと「友達と仲良くしていればよかった」「交友関係を広めておけば」と後悔します。

 

あなたも些細なことがきっかけで、友人と疎遠になった経験はありませんか?

 

今は問題なくても、死ぬ時に後悔してしまうかもしれません。

5位:自分の幸せをあきらめなければよかった

自分の幸せを諦めて働いていると死ぬ間際に後悔します。

  • 結婚を諦めて仕事ばかりしてきた
  • 親に指示された人生を歩んでしまった

1位の「自分に正直に生きればよかった」と似ている部分がありますね。

 

本当の自分を見失ってしまい、幸せになることを放棄した結果、後悔してしまうのです。

人生を後悔しないための方法や生き方

それでは、人生を後悔しないための生き方を紹介します。

自分のことは自分で決める


自分のことは自分で決める。

 

当たり前のことですが、実行できている人はそう多くありません。親に認められるために公務員になったり、友達に反対されて独立を諦めたり、など他人の意見で人生を決めてきた人もいます。

 

しかし、親や友達は責任を取ってくれません。

 

例えば、親の勧めで公務員を目指していたとします。そこで公務員試験に落ちたら、親は人生の責任を取ってくれるでしょうか?

 

自分のことは自分で決めないと、失敗した時に親や友達を恨むことになります。逆に自分で決めた道なら、失敗しても反省して次へ進めます。

 

周りの意見は参考程度にし、自分で決定することを心がけてみてください。

他人と比較しない

他人と比較する人は幸せに慣れません。なぜなら、人と比べだすとキリがないからです。

 

例えば、お金が欲しいと思ってエリート商社マンになっても、もっと上のお金持ちが気になり、ずっと劣等感を抱えてしまいます。

 

どうしても他人とする癖がある人は、「過去の自分と比べる」ことを心がけましょう。過去の自分と比べれば、成長を実感できますよ。

傍観者にならない

傍観者になると、後悔を生みやすいことが分かっています。

 

心理学には「傍観者効果」というものがあり、周りの人に流されることを指します。あなたも、電車やバスで「お年寄りに席を譲る勇気」が出なかった経験はありませんか?

 

これは周りに声をかけない人が多いため、自分も声をかけないという選択肢を取ってしまうからです。

 

しかし傍観者になると「あの時席を譲っていれば。お年寄りに辛い思いをさせてしまった」と後悔するでしょう。

 

だからこそ、小さな勇気を出して声をかけることが大切です。人助けをしたあとは、気持ちもスッキリとしますよ。

付き合う人を変える

付き合う人で人生は変わります。

 

「最も親しい5人の平均が自分の人生になる」という言葉もあるように、周囲の人はあなたに大きな影響を与えます。

 

例えば、家族や友人が挑戦に否定的な人なら、あなたも挑戦を諦めてしまうでしょう。だからこそ、後悔しない道を歩んでいるポジティブな人との関係を作ることが大切です。

 

それが難しいなら、ネガティブな人と距離を置くだけでも効果がありますよ。

周りの目を気にしない

周りの目を気にしないことも大切です。

 

何かに挑戦する時、周りの目を気にして足踏みしてしまう人がいます。

  • 失敗して笑われたらどうしよう
  • 周りからの評価が気になる
  • 嫌われるかも

周りの目を気にしている時点で、あなたは自分の人生を生きていません。

 

まずは自分自身にフォーカスし、何をすべきなのかを考えてみましょう。

過去や未来に悲しまない


人は過去や未来をネガティブに捉える癖があります。

 

心理学的にも、人は「今」という瞬間を一番不幸に感じることが分かっています。あなたも、ふとした瞬間に「あの時はムカついたな」「将来のお金は大丈夫かな」などネガティブな考え事をすることもあるでしょう。

 

ではネガティブな感情をどうすればいいのか?

 

そんな時は、不安や不満を紙に書き出すことが大切です。紙に書き出せば思考が整理され、解決策が見えてきます。

先延ばしにしない

先延ばし癖をやめると後悔しなくなります。

 

ずっと先延ばししていると、常に不安がある状態なので、メンタルが安定しませんまた先延ばししている最中に病気になり「早く挑戦していれば」と後悔する人もいます。

 

だからこそ、先延ばしをやめて今すぐ行動することが大切です。

 

気持ちを伝える

気持ちを伝えると気持ちがスッキリします。

 

大切な人に伝えないままいると、死ぬ時に後悔してしまいます。
「言った後悔は強い、言わなかった後悔は長い」という言葉があります。

 

例えば、好きな人に告白して振られたとします。その瞬間は「告白しなければよかった」と強い後悔を覚えますが、次のステップへと進める経験となります。

 

しかし気持ちを伝えないと「伝えればよかったな」という後悔がずっと続きます。気持ちを伝えることにデメリットはありません。ぜひ勇気を出して気持ちを伝えてみましょう。

死に近づいていることを意識する

後悔したくないなら「死」を意識しましょう。

 

いつか死ぬことは分かっていても、実際に死に直面しないと、自分が何に後悔するのか分かりません。スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」に、「終わりを思い描くことから始める」というものがあります。

 

これは自分が死ぬ時に、周りにどんな反応をしてほしいか考えるというものです。

 

例えば「家族を大切にする人だった」「いつも友達のことを想ってくれた」と言われたいなら、仕事ばかりに没頭せず、今から家族や友人との時間を大切にするべきです。

 

そうすれば、死ぬ間際になって後悔することも減るでしょう。

後悔しない人生を送るための名言・格言

後悔したくない人に向けて、偉人や著名人の名言や格言を紹介します。

夢に向けてチャレンジしているかぎり後悔はない。

福島正伸:日本の起業家

自分に欠けているものを過大に考えると不幸になる。

スタンダール:フランスの小説家

第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい。

イチロー:野球選手

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。

ガンジー:インドの弁護士、宗教家

明日に死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くないのです。

中村天風:日本人初のヨガ行者

自分が怖いと思っているところに焦点をあててはいけない。自分が行きたいところに焦点を当てるんだ。

アンソニー・ロビンズ:アメリカの講演家

絶対に起こりもしないことを恐れて、人生をダメにしちゃいけないわ。

チャールズ・M・シュルツ:アメリカの漫画家

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

ボブ・マーリー:ジャマイカのレゲエミュージシャン

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

スティーブ・ジョブズ:アップル創業者

危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ。

シドニー・ポワチエ:アメリカの映画、映画監督

人の生き方を一番よく表すのは、言葉ではありません。それは、その人の選択なのです。わたしたちの選択とは、つまるところ、わたしたちの責任なのです。

エレノア・ルーズベルト:アメリカの人権活動家

後悔しない人生なんてない

後悔しないために生き方を変えることは大切です。

しかし、「後悔しない人生なんてない」という考え方も存在します。
死ぬ前に後悔する行為は、過去に対して抱く感情です。

 

この瞬間には、「今」しか存在せず、死んだあとは後悔どころか、全ての思い出も消え去ってしまいます。

 

要するに、過去に目を向ければ向けるほど、後悔は大きくなってしまうのです。もしあなたが後悔している最中なら、「今」に目を向けてみてはいかがでしょうか

 

今なにができるかを考えれば、過去に対しての後悔も軽減できますよ。

後悔したくないあなたへ

後悔しないためには、自分らしく働ける環境が必要です。

人生の1/3を占める仕事。働きすぎていては、家族や友人を大切にできません。

 

私たちは起業やフリーランスに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけづくりをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は、人生で後悔したことランキングや後悔しない生き方を紹介してきました。

 

後悔しないために今なにができるのか、自分なりに考えてみることが大切です。

 

それでは本記事を参考に、後悔しない道を選んでみてくださいね。

 

働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「株式会社マネクル」が提供しています。

 

マネクルが提供するオープンイノベーション大学では、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルを無料で提供しています。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事