親の介護で仕事ができない時はどうする?介護離職しないための方法

親の介護が原因で、仕事を辞めるか迷っている人も多いのではないでしょうか。

不満足そうな人の顔
親が認知症で目が離せない
不満足そうな人の顔

仕事を休む日が多くなった

不満足そうな人の顔

介護をしながらできる仕事あるの?

このような悩みを抱えた人もいると思います。

 

仕事と介護を両立するのは難しいですよね。そのため、退職や離職をする人も後を立ちません。

 

そこで今回は、仕事を辞めずに親の介護をする方法を紹介します。

介護と仕事を両立できないあなたへ

親の介護と仕事を両立するには、在宅勤務に切り替えるのが近道です。

 

在宅勤務であれば、親の面倒を見ながらでも働けます。

 

そして私たちは、在宅ワークに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

介護離職は社会問題になっている

介護をしている男性
介護離職は社会問題に発展しています。

 

大和総研が調査した「介護離職の現状と課題」では、

 

介護や看護のために離職する介護離職は2017年時点で約9万人。

 

2007年からの10年間で約2倍に増えています。

 

介護離職が増え続ければ、企業の人材確保も難しくなります。その結果、一人当たりの仕事量が増え、さらに悪循環を招いてしまうでしょう。

 

特に日本は高齢者社会に突入しています。これからさらに介護者が増えると予想されており、今後の対策が叫ばれています。

介護離職は金銭面と精神面の両方にダメージ

介護離職すると、金銭面と精神面の両方が苦しくなります。

 

特に独身の人が仕事を辞める場合、親の年金や貯蓄を切り崩しながら生活しなければなりません。そして金銭面が厳しくなると、精神的にも辛くなります。

 

また親が亡くなると、自分自身の生活に目を向ける必要があります。長期離職をしていると再就職も難しく、生活を立て直すこともできなくなるでしょう。

 

「介護破産」という言葉があるように、介護離職には大きなリスクが潜んでいます。

親の介護のために仕事は辞めてはいけない

親の介護のために仕事は辞めるか迷っている男性
親の介護が必要になっても仕事は辞めてはいけません。

 

貯蓄に余裕がある人なら問題ないのですが、多くの人は経済的な問題にぶち当たります。

 

例えば、年収400万円の会社で働いていたとすると、その収入が完全に途絶えます。

 

仮に5年間介護に費やすと2,000万円の損失です。さらに長引けば、自分の老後にも響いてくるでしょう。

 

だからこそ、介護のために離職しないことが大切です。仕事ができないと感じたら、利用できる制度やサービス、働き方を模索してください。

仕事を辞めずに親の介護をする方法

それでは、離職や退職をせずに親の介護を続ける方法を紹介します。

介護休業制度を利用

介護休業制度
介護休業制度とは、法律で定められた休業に関する支援制度です。

 

2週間以上の「常時介護」が必要な家族を介護する場合に取得できます。

 

対象家族1人につき93日の休業が認められ、その日数は最大で3回に分割して取得可能です。

 

該当するのは正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員も含まれます。非正規雇用者でも使える制度なので、親の介護が必要となったら積極的に取得をしてください。

介護休暇を取る

介護休暇とは、要介護の家族をサポートするために休暇を取れる制度です。

 

休暇日数は対象家族1人につき最大5日取得できます。さらに休暇は時間単位で取得できるのも特徴です。

 

例えば、病院の送迎で1時間だけ早く退勤したり、午前中だけ休暇を取ったりすることも可能です。

 

仕事をしながら時間単位で休暇を取れるのは、介護休暇のメリットといえるでしょう。

短時間勤務に切り替える

短時間勤務に切り替えた会社員男性
勤務時間を短くすれば、仕事を辞めることなく介護が行えます。

 

企業の中には「短時間正社員制度」を取り入れているところもあります。この制度は、就職した時点から短い勤務時間で就労契約を結ぶ雇用形態です。また最近は「週3正社員」「週4正社員」などもメジャーになりつつあります。

 

短時間勤務に切り替えれば、キャリアを維持しつつ親の介護ができます。また一定の収入を保てるため、経済的にも安定するでしょう。

老人ホームに入居してもらう

老人ホームに入所してもらうのもひとつの手です。

 

お金はかかりますが、仕事を辞める必要はないので、経済的な負担も少なくなります。

 

また24時間安心して介護を任せられ、自分の仕事にコミットできるのもメリットです。

 

入居の際は、認知症の有無や要介護認定などの段階を元に老人ホームを選びましょう。親の意見を尊重しながら、じっくりと考えてみてください。

親の介護しながらできる仕事をする

仕事をしながら親を介護したい人は働き方を変えてください。

 

さまざまな制度はありますが、日数や時間は限られています。働き方を見直さなければ、介護に手が回らなくなってしまうでしょう。

 

仕事と介護を両立できる働き方はいくつもあります。

派遣やパートに切り替える
在宅勤務できる会社に転職

フリーランスとして独立

 

私はフリーランスのライターとして在宅勤務をしています。働く場所は問わないため、実家に数週間滞在することも珍しくありません。

 

仕事と介護で悩んでいる人は、働き方を変えてみてはいかがでしょうか。

自宅で仕事ができれば離職しなくていい

自宅で仕事と介護をしている女性
親の介護と仕事を両立するには、在宅勤務に切り替えるのが近道です。

 

在宅勤務であれば、親の面倒を見ながらでも働けます。

 

そして私たちは、在宅ワークに必要なスキルを無料で身につけられる、オープンイノベーション大学という学校を運営しています。

 

用意しているコンテンツは全て無料で学び放題。あなたの人生を変えるきっかけ作りをしています。

 

どんなスキルが向いているのか診断もできますので、ぜひLINE登録(無料)して学習を始めてみてくださいね。

まとめ

今回は親の介護で仕事ができない悩みを解決する方法を紹介してきました。

 

まずは仕事を辞めないことを前提に、親の介護を考えてください。会社を辞めると、経済的に困窮することは目に見えています。

 

制度を利用したり働き方を見直したりして、親の介護に取り組んでいきましょう。

一緒に読みたい記事
働き方・生き方を変えたいあなたへ

この記事は、起業家やフリーランスの新しい生き方を支援する「オープンイノベーション大学」が提供しています。

 

オープンイノベーション大学とは、Webデザインやプログラミング、動画制作など、フリーで働けるさまざまなスキルが学べる学校で、総計24万6千人の方が学んできました。

 

私たちの強みは、

  1. オンラインで自宅学習が可能(海外在住でもOK)
  2. 各業界の”現役で活躍する講師”から実践的なノウハウが学べる
  3. 専門スキル以外、マーケティングや集客スキルもしっかり学べる
  4. 横のつながりがあるので、仲間が増える

異業種・未経験で学習を始めた初心者の方が、学習後に現場で即戦力として活躍できる、スキルやノウハウが学べるカリキュラムに定評があります。

 

学習後に働けるのはもちろんのこと、学習段階で案件を受注して収入を上げる人も多数。

 

  • 転職、独立のためのスキルが欲しい会社員の方
  • 隙間時間で副業がしたい個人事業主、主婦、定年を迎えた方

といった、老若男女問わず、幅広い受講生の方々にご参加いただいています。

株式会社マネクルのセミナーの様子

もしあなたが、

働き方や生き方を変えたい!
新たなスキルが欲しい!
収入の柱を増やしたい!

 

と思っていたら、ぜひLINE登録(無料)していただき、私たちが発信する情報をチェックしてみてください。

 

「何か行動したいけど、なにをすればいいのかわからない...」という方には、適性診断(無料)もご用意しています。

 

LINE登録後、3分程度で回答できる内容ですので、ぜひ試してみてくださいね。きっとこれまで知らなかった自分に気が付くヒントになると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事